トップページ > 全市場一覧 > 業務用青果 > 果物・フルーツ

食らぶ市場の果物・フルーツに関する仕入れ卸の情報

プロの料理人の方に卸業者が厳選した業務用食材を出品している食らぶ市場。こちらは果物・フルーツ卸業者によるオススメの果物・フルーツが集まるページです。鮮やかな色彩が目にもうれしい、みずみずしい旬の果物・フルーツ。生でそのままはもちろんのこと、ジュースにもお菓子にもさまざまな料理にも形を変えて楽しませてくれます。食らぶでは、みかん、オレンジ、レモンなどの柑橘類、パイナップル、マンゴーなどトロピカルフルーツ、イチゴ、リンゴ、メロン、ぶどう、桃、梨などなど、さまざまな果物をふんだんに取り揃えています。季節の恵み、果物・フルーツの仕入れはこちらから。全国の業務用食材卸業者が様々な商品を出品しているので、仕入れコスト削減・新商品開発にお役立てください。

業務用果物・フルーツのカテゴリから探す

野菜
果物・フルーツ
かざりもの・彩り野菜

業務用果物・フルーツの売れ筋ランキング

業務用果物・フルーツの新着商品一覧

業務用青果の食らぶログ

2017/05/09

果物屋の店主が教え…

食らぶ運営

ビタミンCに食物繊維、カリウムやミネラルと栄養豊...

2017/05/09

料理に使いやすい【…

食らぶ運営

料理を作るときに柑橘類を材料として使うことはあ...

2017/05/09

【大人のスイーツブ…

食らぶ運営

一日の疲れを癒すことができるお酒。せっかく飲む...

2017/05/09

【女性の味方!】美…

食らぶ運営

ほのかな酸味と程よい甘さのバランスが絶妙なグレ...

2017/05/09

【夏スイーツシリー…

食らぶ運営

オレンジを使用したスイーツと聞くと”さっぱ...

2017/05/09

果物屋の店主から伝…

食らぶ運営

みかんと一言でいってもたくさんの種類があります...

業務用果物・フルーツの新着ニュース

業務用果物・フルーツの新着出店会社から探す

果物・フルーツとは。(歴史・ウンチク)

近年、百貨店やスーパーマーケットの果物売場や果物屋には様々なカラフルな果物が季節を問わず陳列されています。国産や輸入ものなど、普段なかなか目にしない種類も並べており、目を引いてやまない。
果物やフルーツといって想像するのはおいしい、甘い、酸味がある、ジューシー、消化がされやすい、さわやかといったイメージでしょう。基本的に、果物は人にもよりますが、嗜好品として使われる傾向が強いです。
そんな果物は中にたくさんの種類に分かれます。白梨、ナシ、リンゴなどの仁果類やアンズ、梅、サクランボ、スモモ、モモなどの核果類、そのほかイチジク、カキ、カシス、キウイフルーツ、クランベリー、ザクロ、シーバックソーン、ナツメ、フサスグリ、ぶどう、ブラックベリー、ブルーベリー、ラズベリーなどたくさんあります。面白いことに、アーモンドやイチョウ、クリ、クルミなども殻果類として果物類に属します。
果物は皮を向いてカットしてそのまま食用にされるのが普通です。技術が進んだ現代、果物やフルーツからは様々な製品が作られています。ジュースやジャム、ドライフルーツやお酒などなど。果物からできた酒の代表例はぶどうワインですが、ぶどうワインは地中海や欧米諸国をはじめ、世界各国で非常に広く飲まれています。果実を乾燥させドライフルーツにすると、果物内の糖分の濃度が高くなり、保存に適するようになります。
果物はさまざまな栄養素を含んでいます。人体に必要な糖分やカリウム、酵素、食物繊維、ビタミン類、ポリフェノール類など、果物は栄養の宝庫そのものです。そう、果物はおいしいだけではないんです。生活習慣病や美容などに効果があるとされており、体にいろいろな効果や効能を与えてくれます。そこで、一部果物の効能や効果を一緒にみていきましょう。
赤肉メロンやあんず、マンゴー、スイカ、みかん、柿には抗酸化作用のあるβカロテンが豊富に含まれており、細胞の老化予防が期待できます。
果物に含まれるポリフェノールは体内の活性酸素の抑制効果があり、生活習慣病等を予防やがん予防に効くといわれます。例えば、ぶどうやイチゴなどはポリフェノールの一種アントシアンを多く含んでいます。ポリフェノールの一種フラボノイドはかんきつ類に多く含まれています。その作用・効果は抗酸化作用やビタミンCの機能を高めることで毛細血管を丈夫にする効果があります。ポリフェノールの一種カテキンは多くの果物に含まれます。例えば、リンゴや桃に多く含まれており、口臭予防や血圧を降下させる作用のほか、抗酸化作用による動脈硬化予防やがん予防等の効果が期待できます。また、がん予防に効く果物はバナナで、その白い筋には抗酸化作用がありがん予防が期待されています。
果物はカリウムを多く含んでいるため、利尿作用によって塩分を体から排出し、血圧上昇を予防する効果があるとされています。また、リンゴやみかん、桃などに含まれる水溶性食物繊維も塩分の排出を促進するといわれます。
ビタミンCは風邪ウイルスに対する抵抗力や免疫力を高める作用をもっています。柿、イチゴ、キウイ、レモン、みかん、グレープフルーツなどの多くの果物にはビタミンCが豊富に含まれているので、免疫力をつけたい方は積極的にとりましょう。
赤肉メロンやあんずに含まれるβカロテンは体内に入り、免疫力の向上や鼻・喉などの粘膜を強くする効果があるとされるビタミンAに変わります。
果物やフルーツの効能・効果を取りあげればきりがないです。しかし、体にいいからといって果物の取りすぎは控えたほうがいいでしょう。

果物・フルーツの代表的な料理

果物やフルーツは様々な料理に使われています。
飲食店でも食べるためだけではなく、調味料の一種として仕入れられることもあります。
その甘みや酸味を利用する他、タンパク質分解酵素を含むパイナップルやパパイヤなどは肉類を柔らかくするために利用されています。

果物料理といえば、やっぱりサラダでしょう。そこで、ここで一つ果物・フルーツサラダレシピをご紹介します。苺とグレープフルーツのサラダというフルーツたっぷりのサラダです。
材料はグレープフルーツ、苺、ベビーリーフ、塩、ブラックペッパー、蜂蜜。ほぐしたグレープフルーツとカットしたイチゴの上に蜂蜜、塩、ブラックペッパーを加え混ぜてから、ベビーリーフを混ぜるだけの簡単なレシピです。グレープフルーツの酸味がドレッシングになり、まろやかに仕上がります。定番のメニューに入れ、フルーツサラダで綺麗を磨きましょう。
次は果物をてんぷらにしてみましょうか。そう、果物天ぷらです。さー、果物天ぷらには何がいいでしょうか。その具材はなんとバナナです。インドネシアなどの東南アジアの国々ではおやつとして食べらているそうです。加熱によりバナナ本来の甘みが増し、揚げ油として使ったゴマ油の風味も加わり、美味しくいただけます。他にフルーツ天ぷらといえば、りんご天ぷら。りんごの甘みと香りが増してこれもまた美味しい。

次はハワイ風パイナップルグリルステーキ。材料はリブアイとご飯。調味料は醤油、パイナップルジュース、甘酒、蜂蜜、ごま油、ガーリック、しょうが。調味料を軽く混ぜて作ったソースにつけたリブアイに塩、ブラックペパーをまぶしてからグリルで焼く簡単工程。その上にグリルで軽く焼いたスライスパイナップルとグリル中のリブアイに塗ったソースが光沢感をおび、より一層美味しく見えます。ご飯との相性がばっちり。

食材【果物・フルーツ】がよく使われている店

今の時代はフルーツは単なるそのままで食べる食材ではありません。
つまり、フルーツは料理の主要食材へと変化しつつあるそういう時代なんです。
東京には女子が喜ぶ美味しいフルーツ料理を提供してくれる店がたくさんあります。

そこではどういったフルーツ料理が出されているかというと、それはマチマチですが、見た目新鮮なものばっかりです。
東京にある某店ではフォアグラのソテーと“あまおう”のリゾットというメニューが出されています。見ての通り、高級食材の出会いがこの一皿で実現。フランス産のフレッシュな高級フォアグラを使用しているため焼いても溶けません。リゾットはシンプルなパルメザンチーズの味。濃厚なフォアグラと甘~いあまおうの味わいをたっぷり味わって頂ける一品です。
現在のパスワード
新しいパスワード
パスワードの確認

パスワードを変更しました。


処理中です