トップページ > 全市場一覧 > 業務用精肉
  • 和牛
  • 国産豚肉
  • 国産鶏肉

食らぶ市場の業務用精肉に関する仕入れ卸の情報

プロの料理人の方に卸業者が厳選した食材を出品している食らぶ市場。こちらは精肉卸業者によるオススメの精肉が集まるページです。和牛、国産牛、国産豚肉、国産鶏肉の国産にこだわった精肉をはじめ、輸入牛、輸入豚肉、輸入鶏肉の輸入肉も取り揃えて出品。料理に合わせた必要な部位が選べるのでメニューのレシピ素材が揃い、さらに食材から新メニューの幅も膨らみます。その他、フレンチには欠かせないウサギ、鹿、ダチョウ、キジ、馬肉など、貴重な食材も。フレンチに限らず和食や洋食にも幅広く使える食材の数々を扱っています。全国の業務用食材卸業者が様々な商品を出品しているので、仕入れコスト削減・新商品開発にお役立てください。

業務用精肉のカテゴリーから商品を探す

業務用精肉和牛
国産牛
輸入牛
国産豚肉
輸入豚肉
国産鶏肉
輸入鶏肉
ひき肉
ジビエ
加工肉 冷蔵半調理品

業務用精肉の売れ筋ランキング

業務用精肉の新着商品一覧

黒毛和牛 肩ロース すき焼き用
5,832円 / 700g

司商事株式会社

0 口コミ 0件

業務用精肉の食らぶログ

2017/09/13

仕入れ担当者必読!…

食らぶ運営

豚1頭につき500g前後しかとれないという希少部位で...

2017/09/13

隠れた名部位!豚の…

食らぶ運営

豚の心臓にあたる部位、ハツ。心臓、つまりハーツ...

2017/09/07

ブレイク必至!豚タ…

食らぶ運営

根強い固定ファンを持ちながら、超メジャー級の牛...

2017/09/06

居酒屋でもおすすめ…

食らぶ運営

豚のコメカミと聞いて、どんな料理に使うと良いか...

2017/09/06

溢れる肉汁が最高!…

食らぶ運営

豚肉の脂身の甘さが味わえる人気部位、豚バラ肉。...

2017/09/06

旨い豚肩ロースを仕…

食らぶ運営

流通量が多く、高品質のものが手頃に入荷できる機...

2017/09/06

揚げても焼いても美…

食らぶ運営

脂肪が少ないのに肉質自体がやわらかいことから、...

2017/09/06

脂肪が少ない豚もも…

食らぶ運営

脂肪が少なく、ヘルシーにタンパク質をとれるとあ...

2017/09/06

仕入れ担当者必見!…

食らぶ運営

国内外を問わず、豚肉のブランド化は年々増加傾向...

2017/09/06

これでロースカツの…

食らぶ運営

たとえ専門店ではなくとも、メニューに掲げている...

業務用精肉の新着ニュース

業務用精肉の新着出店会社から探す

業務用精肉とは。(歴史・ウンチク)

様々な食材で溢れかえる日本。欧米食の浸透ににより、日本人はお肉をたくさん食するようになりました。日本人が好きな牛肉から、豚肉、鶏肉まで、そして国産肉や輸入肉、業務用精肉や小売肉など本当に多種多様な肉類が日本の市場に出回っています。国産や輸入もの問わず、各業者はお客様に質の良い、美味しい肉をどとけるためにたゆまぬ努力をしています。
食肉は人間の体に必要なタンパク質や脂質、ミネラル類、ビタミン類を多く含んでおり、人類の主要食材の一つです。
そんな肉たちに焦点を充ててみましょう。
まずは牛肉。日本で販売されている牛肉は和牛、国産牛、輸入牛といった3種類に分けられます。国産牛とは日本で生まれ、肥育された牛のことで、3ヶ月以上国内で肥育された外国種や輸入牛でも国産牛になります。それに対して、和牛は日本在来種で、黒毛和牛のように特定の牛の種類を表します。和牛が高級感があるため、市販されるとき和牛と特別に表示されています。明治以前から日本で飼われてきた世界的に有名な食肉専用種の和牛は黒毛和種、褐毛和種、日本短角種、無角和種といった4種あります。うち、黒毛和牛が日本全国で広く飼育されています。私たちがよくご存知の神戸牛や松坂牛、米沢牛などは黒毛和牛に当てはまります。国産牛の30%程度が和牛です。
今や日本は牛肉の多くを外国からの輸入に頼っています。1991年の牛肉の輸入自由化によって牛肉の輸入が始まり、国産牛より安価で市場に出回り、食卓に並ぶようになりました。消費牛肉のうち輸入牛が約60%、国産牛は約40%を占めています。輸入牛の内訳を見てみると、約66%がオーストラリア産、約23%がアメリカ産で、ニュージーランドやカナダなどからも輸入されています。
私たちの主要たんぱく質の元、とても身近な豚肉。日本では豚肉は国産と輸入ものが市販されています。飼育方法や飼料、環境により、様々な国産ブランド豚があります。その中で高級な豚肉として知られている黒豚は東京Xです。東京Xは人気の鹿児島の黒豚バークシャー種、中国の豚である北京黒豚とデュロック種を掛け合わせ、それぞれの利点を生かした日本独特な品種です。
われわれの食卓に欠かすことができない輸入豚。日本の豚肉の輸入量全体の半分以上がアメリカやカナダから輸入されています。豚肉輸入量でトップはアメリカ、そして2位がカナダです。そして、デンマーク産、チリ産、スペイン産、フランス産などと続きます。
安い、悪い、堅い、おいしくない、安全性も不安というイメージが強い輸入豚肉。そのため、なるべく買いたくないという意識が消費者の間でまだ根強いのが現実です。しかし、そんな輸入豚肉のイメージは今や変わりつつあります。そのいい事例はアメリカ産の輸入豚肉です。アメリカ産の輸入豚肉のイメージを払拭して誕生したのが四元豚シルキーポークです。最近、この豚肉は大手外食チェーン店やコンビニなどでも出回るようになりました。大戸屋の四元豚の生姜焼き定食やセブン・イレブンで販売されている四元豚シルキーポークの炭火焼肉弁当などはこの豚です。
煮物に揚げ物など、色んな料理で大活躍する鶏肉。国内には国産鶏や輸入ものを含め、様々な品種が市販されています。国産鶏肉は大量生産されるものから滅多に手に入らない高級品までさまざまなものがあります。国内で市販されている国産鶏肉は基本的にブロイラー、銘柄鶏、地鶏の3つに分けられます。
日本の主要な地鳥は名古屋コーチンや薩摩鶏、比内鶏などです。
日本は鶏肉輸入大国です。ブロイラーと鶏肉調製品を合わせると日本の鶏肉総輸入量はなんと97万トンです。
これだけの鶏肉を輸入している国は他にないと言われているほどです。
総輸入鶏肉は国別では、ブラジル産がダントツ76%、タイ産が17%、アメリカが4%、
そして中国が2%、その他が1%という順になっています。
日本の外食や流通産業でブラジル産鶏が76%を占めるなど、ブラジル産がこれだけ人気の高い理由は安全性に対する信頼の高さといわれています。ブラジルは世界有数の鶏肉生産国であり、日本をはじめヨーロッパや中東などと取引しており、取引相手国それぞれに適合した厳しい出荷条件を満たしています。中国やタイからは鶏肉は加工品のみ輸入されています。中国産やタイ産のものは農水省が指定した加熱処理施設で処理された鶏肉のみが輸入対象となっています。

最近、レストランなどで見かけるようになったジビエ。狩猟によって手に入るすべての鳥類または獣類がジビエになります。ジビエは野生動物のお肉なので牛肉や鶏肉などの畜産物と違って脂肪分が少なく、栄養が高い。現在畜産物の問題となっているホルモンや抗生物質の蓄積量がゼロというのもその魅力。その上、古くから伝わってきた保存法や調理法によってその種の風味がうまく引き出されています。従って、味や栄養、そして安全の面で文句のない食材です。

皆にお馴染みのハンバーガーやミートボール、スパゲッティなどのミートソース、コロッケ、ロールキャベツなどの料理に広く使われる牛挽き肉。挽き肉は種類として牛挽き肉、豚挽き肉、鶏挽き肉、合い引き肉があります。挽き肉には基本的に堅いがうま味があるスネやネック部位、肩などの部位が用いられます。また、筋引きや整形時に発生する切り落とした細かい肉もや等級落ちした部位なども使われています。豚肉ではスネ肉のほかにウデもネタとして使用されるようです。
挽肉の特徴はいろいろな形につくれるほか、様々な調味料と合わせて作ることで味の幅が増すという点です。安くて経済的な挽き肉ですが、適度な脂肪が入っているものは味にこくがでて美味しいです。

業務用精肉の代表的な料理

業務用精肉が使われる代表的な料理からいくつか紹介していきます。
まずは、国産牛の部位の特徴を生かした料理です。タンパク質が多く、脂肪が少ない赤身肉の牛肩を使った料理です。肉質は少し硬めですが、エキス分やコラーゲンを豊富に含んでいます。じっくり煮込むと柔らかくなるため、シチューやスープなど煮込み料理に適しています。圧力鍋があれば、牛肩ロースで贅沢な牛肩肉の柔らか煮込みができます。牛肩肉を赤ワインとニンニクで味付けして圧力鍋で30分程度煮込んだら、調味料としてめんつゆ、みりん、ざらめ、デミグラスソースを適量に入れ弱火で15分程度煮れば、和風なようなそしてまた洋風なような贅沢な一品ができます。調味料を入れたら、弱火でコトコト煮るのが作る時のポイントです。
今度は鳥モモのあっさり温野菜サラダです。具は鳥モモ、塩レモン、ローズマリー、酒、オリーブオイル、ニンニクにみじんぎり、塩こしょう、カボチャ、小松菜、しめじ。ビニール袋に入れ、塩レモンやローズマリー、酒を入れてもんで数時間あるいは一晩置いた鳥モモ肉をニンニクオリーブオイルで強火で皮目から焼き、蓋焼きにしたものにカボチャを投入し、弱火で蒸し焼きにしたものが基本です。カボチャや茹でておいた小松菜やしめじを盛りつけ、焼けた鳥モモを食べやすい大きさに切って乗せ、焼き汁をかけ、塩、こしょうすれば出来あがりです。お好みでバルサミコをかけるとさらにグッド!

そして、次は豚肉料理。大人も子供も大好きな料理の一つ生姜焼き。生姜と豚肉の相性は抜群です。生姜が苦手な子供には少なめにしてあげると良いでしょう。生姜には食欲増進や血行促進をする効果がありますので、生姜が苦手ではない人にぜひたっぷり使っていただきたいです。生姜焼きのレシピは数切れない程ありますが、絶品の作り方を覚えておきましょう。まず、すりおろし生姜、しょうゆ、みりん、日本酒を混ぜ合わせたタレを作ります。次に、豚肉と玉ねぎは食べやすい大きさに切り、豚肉は小麦粉にまぶします。最後に、中火で熱したフライパンに豚肉を入れ、色が変わるまで焼いたら玉ねぎを加え、しんなりしてきたらタレを入れて、とろみができたら完成です。作るときのポイントは、フライパンに油を引かずに焼くので、豚肉は肩ロースやバラのような油のある肉を選ぶといいでしょう。

食材【業務用精肉】がよく使われている店

業務用精肉が使われている店は焼肉店やホルモン焼きなど専門店、牛丼屋のみならず、定食屋さんや和食・西洋料理店などで多種の料理に使われています。
国産牛は和食店や西洋料理店、中華料理屋、エスニック料理店など高級料理店でで幅広く使われています。
ファーストフード店や焼肉屋、牛丼店屋、すき焼店などの専門店、さらに和風、中華、韓国料理店ではアメリカ産牛とオーストリア産牛が広く使われています。その理由は値段が安い上、タンパク質や鉄分、亜鉛、ビタミンB群などを豊富に含んでおり、脂肪も少なく低カロリーだからです。そして、牛丼屋のメイン食材である牛肉のほとんどが輸入牛です。輸入牛あってこそ、われわれは美味い牛丼を手頃な値段で食べられるんです。
国産ブランドの豚肉の多くはしゃぶしゃぶ店や鍋専門店、とんかつ専門店、日本料理店、中華料理店で使われています。ある日本料理店では少し高めですが銘柄豚肉のとんかつの絶品メニューが出されています。黒豚を使用しているハンバーグ店もあり、黒豚肉があっさりとした味なので、女性でもペロリと食べてしまうハンバーグです。
輸入豚肉は様々な飲食店で使用されています。定食屋さんの大戸屋でも四元豚の生姜焼き定食が提供されています。ファミレスでも四元豚シルキーポークが健在!Denny’sでは四元豚と緑黄色野菜のオーブン焼きが出されています。
国産鶏肉はさまざまなお店で使われていますが、その一例はケンタッキーでしょう。日本のケンタッキーはその主力商品であるオリジナルチキンに100%国産の鶏肉を使ってきました。さらに、KFCはつい2年前から全ての商品を国産に切り替えました。国産の鶏肉はケンタッキーの他、ロッテリアでも使用されています。ロッテリアはプレミアムローストチキンに国産鶏肉を使用しており、この商品のプレミアム感は国産鶏肉の使用で出しているようです。

輸入鳥肉は日本の食卓に大変重要な役割を果たしています。ある調査では、鳥肉を使っている外食店のいち、約80%の企業がブラジル産鳥肉を使っており、次に23%がタイ産を使っています。日本マクドナルドやモスバーガーを手がけるモスフードサービス、ローソンといったファストフード系業者は中国産のものを使っています。
現在のパスワード
新しいパスワード
パスワードの確認

パスワードを変更しました。


処理中です