トップページ > 全市場一覧 > 業務用鮮魚 > いか・たこ

食らぶ市場のいか・たこに関する仕入れ卸の情報

プロの料理人の方に卸業者が厳選した業務用食材を出品している食らぶ市場。こちらはいか・たこ業者によるオススメのいか・たこが集まるページです。屋台のイカ焼き・タコ焼きから、刺身、寿司、煮物、焼物など、和食ではひっぱりだこのイカ・タコですが、最近はイタリア料理でも人気があります。薄切りにしたタコとホタテのカルパッチョや、ニンニクとオリーブオイルで煮たタコのアヒージョなど簡単にできて美味しいものです。食らぶでは、タコをはじめとして、スルメイカ、ヤリイカ、モンゴイカ、アオリイカなどを豊富にご用意しています。イカ・タコの仕入れはこちらから。全国の業務用食材卸業者が様々な商品を出品しているので、仕入れコスト削減・新商品開発にお役立てください。

業務用いか・たこのカテゴリから探す

近海魚
まぐろ
いか・たこ
えび・かに
うに
貝類
切り身
丸干し・ひらき
うなぎ
鮭・マス
ちりめん
魚卵
海藻

業務用いか・たこの売れ筋ランキング

業務用いか・たこの新着商品一覧

業務用鮮魚の食らぶログ

2016/11/01

長寿も・美容効果も…

食らぶ運営

たこは海底の力持ち。海のアスリートであるたこの...

業務用いか・たこの新着ニュース

業務用いか・たこの新着出店会社から探す

いか・たことは。(歴史・ウンチク)

イカは海生軟体動物の一群です。全世界の海に分布しており、体長は2cm程度から20mに達するものまであり、種類によって差があります。主食は小魚や甲殻類です。
ひとごとでイカといっていますが、イカにも種類があるんです。具体的には7種のイカがあるとされています。まずは水イカ。イカの代表種ですが、別名アオリイカ。イカの刺身の中では一番見かける種類です。水イカは高級魚類の仲間入りを果たしたイカです。とあって刺身の中では需要が一番高い。水イカは刺身のみならず、煮付け、バター焼き等に使えば、その柔らかさもあり非常に美味しくいただけます。
次はコウイカ。別名甲いか。コウイカの墨はとんでもない破壊力をもっているといわれていますので、使い方には気をつけましょう。
もう一つの種はヤリイカ。刺し身のネタとして広く使用されており、寿司屋などでは定番のメニューとなっています。
ヤリイカは他に焼きもの、煮付け、から揚げなどにも美味しく使えます。次はホタルイカ。
期間限定で市販されており、ボイルして酢味噌で食べるホタルイカは酒のつまみには最高です。
今度はスルメイカの登場です。この種は他のイカより低単価で市販されており、市場に一杯出回っている種です。
剣先イカ。刺し身としても加熱調理でも美味しく食べられます。最後に大大イカ。イカの中で最大種とされます。他に好まれて食べられているイカに比べて味は落ちます。

タコは海に生息する軟体生物の一種で、主に岩礁や砂地にいます。
世界中では300種類を超えるタコが発見されており、タンパク質の供給源として世界各地の沿岸地方で広く食べられています。
タコは日本の食生活にも深く浸透しています。多様なタコがありますが、日本に基本的に4種が生息。日本では一番馴染んでいるのはマダコです。
体長はおよそ40~60cm程です。マダコは関西と関東でその旬の時期が異なっており、関西では夏、東京では冬が旬となっています。

次はイイダコ。最大30cmほどの小型のタコです。生息地は北海道南部以南の沿岸域で、旬は冬です。

もうひとつテナガダコ。テナガダコは北海道から九州にかけての沿岸域に生息しています。
その名は細長い腕をもつことからきています。大きさはマダコと近く、味はマダコに比べてやや落ちます。

最後にミズダコ。日本での生息地は東北から北海道にかけてとされています。大きさは最大で全長3mほどの大型のタコです。

いか・たこの代表的な料理

イカは色んな料理方法があるため、人気の具材の1つとなっています。タコは基本的に加熱調理されることが多いですが、料理では刺身、寿司、煮だこ、酢蛸、酢味噌あえ、おでんの具に用いられます。

低カロリー且つ高タンパク質で、特にタウリンや亜鉛を多く含んでおり、栄養がたっぷりな優秀食材とされています。低脂肪、低カロリーながら栄養満点であり、食べることで体が元気になり、健康維持がはかれます。毎日の食卓に是非入れたい具材です。
夏場のものが特に美味とされています。コリコリっとした食感と肉厚な身には甘みがしっかりとることが人気です。
しかも、和食、中華、イタリアンなど、色々な料理に幅広く使えるところがうれしいところです。。。

さて、イカの代表料理を述べていきましょう。イカ料理の代表格はイカのワタ焼きでしょう。材料は刺身用スルメイカ、おろししょうが、にんにく、醤油、みりん、酒、ごま油、ワタですが、調味料に下ごしらえのスルメイカを軽く煮立たせたあと、ごま油で軽く炒めたものです。夕飯にもおつまみにもばっちりの一品です。

次は中華といきましょう。スルマイカ&エビの塩炒めです。強火でさっと炒めるだけなので、調理時間は短いです。味つけはシンプルな塩味、素材そのものの味をしっかりと味わうことができる、見た目華やかな一品です。

次はイタリア風イカ炒め。材料はいか、にんにく、しめじ、オリーブオイル、塩こしょう、醤油、ドライバジル。1口大に切り下ごしらえしイカを茹で、あとはにんにくオリーブ油でしめじと一緒に炒め、塩こしょう、醤油で味付けをした簡単な料理です。にんにくの香りが引き立つバジル好き、洋食好きな方にお勧めのおかずです。

食材【いか・たこ】がよく使われている店

イカは寿司屋、海鮮料理店、和食店、スペイン料理店などで使い道が多い人気の食材です。
特に、回転寿司店では、その店の実力を知るネタの一つとされるほどの重要なネタです。
寿司屋でのイカはその種類によっても食感や見た目が違います。マイカは見た目は黄色みがかっており、食感はくにっとしてコクがありますが、アオリイカはしなっともっちりしており、うま甘み。ヤリイカはぱりっとしてコクがある感じであるにのに対してコウイカはぱりっとしつつ嚙みつづけるとねっとり感が出てきます。
タコも西洋食とわず様々な飲食店で使用される食材です。青森県などの東北地方の海鮮料理店などでは、道具と呼ばれるタコの茹でた内臓が刺身や鍋の具として出されています。
現在のパスワード
新しいパスワード
パスワードの確認

パスワードを変更しました。