トップページ > 全市場一覧 > 業務用鮮魚 > ちりめん

食らぶ市場のちりめんに関する仕入れ卸の情報

プロの料理人の方に卸業者が厳選した業務用食材を出品している食らぶ市場。こちらはちりめん業者によるオススメのちりめんが集まるページです。ちりめんは、一般に小魚を塩ゆでして干したものを言い、水分量によって呼び名が変わります。小さいながらも身のふっくらしたシラス、軽く干したちりめんじゃこ、固く干したかちいりなど、ご飯のおともに最適です。大根おろしにシラスをのせたシラスおろしは居酒屋でも隠れた人気メニュー。炊き立てのホカホカご飯にちりめんを混ぜたじゃこご飯はお腹にやさしい〆の一品。各種ちりめんの仕入れはこちらから。全国の業務用食材卸業者が様々な商品を出品しているので、仕入れコスト削減・新商品開発にお役立てください。

業務用ちりめんのカテゴリから探す

近海魚
まぐろ
いか・たこ
えび・かに
うに
貝類
切り身
丸干し・ひらき
うなぎ
鮭・マス
ちりめん
魚卵
海藻

業務用ちりめんの売れ筋ランキング

業務用ちりめんの新着商品一覧

業務用ちりめんの新着ニュース

業務用ちりめんの新着出店会社から探す

ちりめんとは。(歴史・ウンチク)

ご飯の上にかけても、料理の具材として使っても美味しいちりめんじゃこ。ちりめんじゃこの他に、しらすや小女子というのもありますが、その違いは何なんでしょうか。
ちりめんじゃことしらすは、両方カタクチイワシやマイワシなどイワシの稚魚です。詳しくは、イワシの稚魚を塩ゆでし干したのものがしらす、イワシの稚魚を生のまま天日干しし、よく乾燥させたのがちりめんじゃこです。前者は主に関東での製法で、しらすと呼ばれており、後者のちりめんじゃこは関西の製法です。
ちりめんじゃことしらすの違いはその硬さと大きさです。ちりめんじゃこは干す時間が長いため固めなのに対して、しらすはそれが短いためやわらかい。ちりめんじゃこはしらすより若干大きめです。

そして小女子はイカナゴという魚の稚魚です。食べ方は佃煮にして食べることが多いです。小女子は釜茹でしてから天日干して作るかなぎちりめんで有名です。

シラスには収量が多く、油分の少ないカタクチイワシの仔魚が多く用いられています。20mm前後のものが商品として市販されているのが一般的です。
主要な産地は熊本や愛媛、徳島、広島、高知、兵庫、和歌山、愛知、静岡です。捕獲時期は種類によって違います。カタクチイワシの仔魚は春から秋まで、マイワシやウルメイワシの仔魚は冬季です。シラスは一年を通して捕獲されており、春と秋が一番おいしい時期です。特に、秋に獲れるシラスは脂が適度にのっていて最もおいしいといわれています。

獲れたシラスを釜ゆでするタイミングが重要です。というのはどんなに良質のシラスでも水揚げされてから釜ゆでされるまで時間がかかってしまうと鮮度も味も落ちてしまうからです。
ちりめんじゃこやしらす、小女子などの稚魚はカルシウムの宝庫です。骨を強くし、イライラを押さえる作用のあるカルシウムやコレステロールを下げるEPAもふんだんに含むシラスは、妊婦さんや子供からお年寄りまでお使いいただける万能食材です。また、女性の美容に最適なヘルシー食品です。
シラスを作る工程は水洗い、釜ゆで、さまし、天日干しです。この干す時間によって、太白ちりめん、上干チリメンに別れます。
しらすを美味しく食べていただくポイントは冷蔵庫で2、3日のうちに食べ切っていただくことです。あるいは買ってからすぐ食べる分ずつ小分けしてアルミホイルに包み、フリーザーパックに入れて冷凍保存することです。冷凍したものはなるべく1ヶ月ぐらいで食べることです。解凍方法は冷蔵庫内かあるいは自然解凍してください。
佃煮にしたり、少しのごま油で炒めてもらうと日持ちが長くなるほか風味がついて美味しいです。

ちりめんの代表的な料理

ちりめんじゃこやシラスなどで作るおいしいレシピは玉子とじ、お吸い物などなどたくさんあります。そんなちりめんじゃこやしらす料理を紹介していきましょう。
まずはレタスとしらすのサラダです。さっぱりとした味わいで、レタスとしらすのシャキシャキ感といいゴマ油の風味といい、いいマッチングです。材料はレタスや小ネギ、しらす、ゴマ油、海苔、塩こしょう、白ごま。食べやすいように切ったレタス、みじん切りの小ネギ、しらす、ゴマ油、塩こしょうを入れて混ぜるだけ。あとは器に盛り、お好みで海苔や白ごまを振りかければ芽生えアップ。美味しく作るポイントはレタスの水気をよく切ることです。

次はしらすとほうれん草の和え物。胡麻油でカリカリに炒めた香ばしいシラス、美味しいです。具はほうれん草やしらす、胡麻油、醤油。胡麻油でしらすをカリカリっと炒め、火からおろし、塩湯で茹で、水にさらし、食べやすい大きさに切っておいたほうれん草、醤油をまわし入れ、和えたら出来上がりです。

そして、しらすとすりゴマ・青海苔のおにぎりです。すりゴマと青海苔で風味豊かな栄養満点のおにぎりです。具材はごはんやしらす、すりゴマ、青海苔。作り方は材料を全て混ぜて握るだけです。 

またまた作り安い一品。小松菜、油揚げ、じゃこの煮びたしです。ごま油の香りと風味ばっちりです。基本材料は小松菜や油揚げ、じゃこ、調味料は水、酒、みりん、砂糖、醤油、だしの素、ごま油。鍋にごま油以外の調味料を入れてひと煮立ったら、短冊切りの油揚げと小松菜を入れさっと煮てから、じゃこを入れさっと煮る。最後にごま油を回し入れてひと混ぜして出来上がりの簡単メニューです。時間がない時のお勧め一品です。

食材【ちりめん】がよく使われている店

鹿児島県鹿児島市にはちりめん・しらすの専門店があるという。
そういった専門店では業務用・卸専門のちりめんを提供しているお店も少なくない。
店名のとおり、出るご飯は何でもちりめん・しらすずくし。ちりめんさつま揚げからきびなごの素揚など、ちりめん・しらすを使った豊富な単品メニューからコース料理まで品揃え豊富。
ベーシックな定番は釜揚げしらす丼、ちょっと少なめしらす丼など。そして、しらす・うに丼、
しらす・まぐろ丼、しらす・いくら丼、しらす・しゃけ丼、釜揚げしらすたっぷりのかきあげ丼の
ほか、なんとしらすピザもあり、超人気メニューなんだとか。


東京都内にも新鮮なちりめん・しらすの専門店、いわゆるアンテナショップがあります。
こちらではでは新鮮なちりめん・しらすを使った料理を楽しむことができます。
新鮮で旬なちりめんを季節ごとに取り入れて、ちりめんの新しい食べ方を提案している店です。
現在のパスワード
新しいパスワード
パスワードの確認

パスワードを変更しました。