トップページ > 全市場一覧 > 業務用 惣菜・加工品 > 和惣菜

食らぶ市場の和惣菜に関する仕入れ卸の情報

プロの料理人の方に卸業者が厳選した業務用食材を出品している食らぶ市場。こちらは和惣菜業者によるオススメの和惣菜が集まるページです。世界中で和食のヘルシーさが大ブームになっている昨今、国内でも懐かしい和惣菜の数々が見直されています。葉物野菜の胡麻和え、五目ひじき、卯の花、卵焼き、きんぴらごぼう、煮豆、茶わん蒸し、揚げ出し豆腐など、簡単そうでいて実は作るには手間のかかる和惣菜も、食らぶなら、和え物、煮物・煮魚、昆布・佃煮・煮豆、漬物、焼き魚、と種類豊富に揃っています。味わい深い和惣菜の仕入れはこちらから。全国の業務用食材卸業者が様々な商品を出品しているので、仕入れコスト削減・新商品開発にお役立てください。

業務用和惣菜のカテゴリから探す

惣菜キット商品
和惣菜
洋惣菜
中華惣菜
揚げ物
サラダ
米飯・丼の具
寿司ネタ

業務用和惣菜の売れ筋ランキング

業務用和惣菜の新着商品一覧

業務用和惣菜の新着ニュース

業務用和惣菜の新着出店会社から探す

和惣菜とは。(歴史・ウンチク)

日本料理の主な構成は の1つとして、一汁一菜や一汁三菜があります。 この菜が惣菜であり、ご飯、汁物と一緒に食べる料理のことでもありますが酒を飲みながらつまみとして飲食する料理のことも言えます。
惣菜や料理文化も室町時代に生まれ江戸時代に完成し今に引き継がれていると言われています。実際、江戸時代によく食べられていた惣菜のメニューと今のメニューはほぼ変りません。
日本の江戸時代はあらゆる文化が変化・発展し、後に成熟を迎えました。武士など名目上の支配階級だけでなく、商人などの人々の食事も少しずつ豊かになってきます。
ところで、全員が豊かになったわけではなかったので、多くの人々の食事は鎌倉、室町時代と質や量の面でもそれほど変りませんでした。しかし、豊かな人はタイの塩焼きとハマグリのすまし汁、キスの煮物、ぜんまいの煮付け、白米のご飯などの食事を楽しんでいました。
しかもこの時期には惣菜が町中に出回るようになります。天ぷら、ウナギのかば焼き、そばなどの店が登場します。すしや、せんべい、まんじゅう、大福なども手軽に食べられるようになります。こういった惣菜類は、庶民にとって十分楽しめる食事でした。
 明治、大正時代でも惣菜は、商店の従業員、医者、弁護士などの家に住み込んでいる者の給食、通勤者の昼食などに供給されていました。惣菜にはニシン、塩ザケ、イワシ、ダイコン、サツマイモなどが用いられていました。漬物には沢庵(たくあん)漬けやみかわしまなが多く用いられ、漬物に使うしょうゆは塩と水を加えてコストダウンしていた家庭もありました。
惣菜は地域によって野菜(江戸野菜・京野菜など)や海産物など、その地域の食文化は地域とは異なった料理文化を持っています。例えば、京都の「お番菜」は、京都の方言で「日常のおかず」のことを示し、番傘や番茶と同じく「常用のもの」を指します。
 京都では、寺も多く、漬物、乾物、精進料理を取り入れたおかずが発展し、よそとは違ったものが多種類あります。大陸との行き来の歴史を持つ福岡、長崎や、琉球文化の影響を残す沖縄などにも独自の日常の惣菜、郷土料理が多い。
 明治維新の後と第二次世界大戦後もアメリカの文化が一気に入ってきたので、日本人の食文化も大きな影響を受けました。惣菜とはいえない食べ物ばかりでこうした変った食品が最初はお店で提供され、次第に家庭でも作られるようになってきます。もちろん一方で、江戸時代のように里芋飯や大根の三ツ輪漬けのような和惣菜が好きな人々も大勢いました。
 日本の惣菜は体にいいと、日本人もようやく気付き始めました。世界的に日本食がブームになって、日本人も自分たちの食べ物を再評価した形になります。現代は、様々な欧米の食文化は人気ですがそれでも家庭の料理はやはりお米とみそ汁を中心で、日本食への回帰現象は至るところで見られます。
これからは明治維新以降、日本に入ってきた外国の惣菜や料理のいい部分を取り込みながら、新しいレベルになった日本オリジナルの料理や惣菜を作り出していく時代になっていくでしょう。

和惣菜の代表的な料理

日本の惣菜は揚げ物、焼き物、煮物、サラダなど種類も豊富で、その地域特産の有名な料理がたくさんあります。江戸時代から受け継がれてきたある地域の代表的な惣菜をまとめてみたいと思います。
例えば 関東地方では、あんこう鍋、そぼろ納豆、しもつかれ、宇都宮餃子、おっきりこみ、冷汁うどん、 いがまんじゅう、 ショウガコンニャク料理、焼きまんじゅう太巻き寿司、イワシのごま漬け などの多種類の惣菜類があります。
代表として、あんこう鍋は冬の代表的な鍋料理として東日本において広く食べられているが、特に茨城県の鍋料理として、多くの店で提供されています。
冬といえば、身も心もほっこりと温まる「あんこう鍋」が食べたくなりますよね。「海のフォアグラ」とも呼ばれ、高級魚として親しまれているアンコウは茨城県を代表する冬の味覚です。
アンコウはつぶれたような平たい魚体、大きな頭、巨大な口には鋭い歯が並ぶグロテスクな魚です。しかし、姿に合わずその味は淡白でコラーゲンたっぷり、肉は脂肪が少なく、低カロリーなため、女性にも人気です。
茨城のあんこうは11月~3月までお楽しみいただけます。特に肝が肥大する12月~2月が美味しい時期と言われています.
巻き寿司とは、長方形にしたのりの上に米飯をのせて、その上にネタをのせて、竹細工ののれんを使って、長いままくるくると巻いていく、最後に包丁で切り分けた料理のことを指します。日本人にとっては身近な食べ物で、小さな時から親しんでいるのが巻き寿司でしょう。
ただこの巻き寿司にも、巻く太さにより細巻き、太巻きなどの区別があるようで、様々な巻りき寿司がありますが、関西では細巻きはとはないので巻き寿司と言えば太いものを指すようです。
中に巻くネタとしては、かんぴょう巻き、キュウリを利用したカッパ巻き、たくあんを使ったしんこ巻きなどで中のネタを複合して使って、さまざまな味わいを出した巻き寿司があります。もちろんこれ以外にも、納豆やねぎとろ、しそ、あなごときゅうり、ツナとマヨネーズを複合したものなど、お寿司屋さんの工夫次第でいろんな巻き寿司があるようです。

食材【和惣菜】がよく使われている店

最近、料理店の惣菜は、「料理店の惣菜」という宣伝で市販されるようになりましたが、やはりその料理店でしか食べられない惣菜は存在します。
家庭料理とも違う、市販の惣菜とも違う、業務用惣菜も含めて、料理店独自の惣菜とどんな味にするのか、気になるところですね。
今回は最近、市販化もされつつある料理店の惣菜を考えてみたいと思います。
最も分かりやすい料理店の惣菜の特徴は、プロの手によって作られたというメリットにあります。
もちろん、家庭料理は家庭内に居る誰かが作った料理になりますが、基本的に素人が作っています。

プロの味を家庭で楽しみたければ、デパートの地下に行くと良いでしょう。
デパートの地下にある食材売場の中には、マニュアル化された工程に従って素人が作っているお店もあり、プロの料理人が入って料理を作っているケースも一般的です。
最も手軽にプロの料理人が作る惣菜を楽しめる場所なので、特別な日はデパートの惣菜を買って食卓に並べるといいかもしれません。味も見た目もやはり違うと思います。
現在のパスワード
新しいパスワード
パスワードの確認

パスワードを変更しました。


処理中です