トップページ > 全市場一覧 > 業務用 惣菜・加工品 > 洋惣菜

食らぶ市場の洋惣菜に関する仕入れ卸の情報

プロの料理人の方に卸業者が厳選した業務用食材を出品している食らぶ市場。こちらは洋惣菜業者によるオススメの洋惣菜が集まるページです。食らぶでは、温めるだけで食べられる手軽な洋惣菜もふんだんに取り揃えています。グラタン・ピザ、ハンバーグ・ミートボールなどは、それだけで夜食やおつまみにピッタリ。また、ちょっとしたサラダやスープを添えれば立派な一食になるなど、演出次第でさまざまなシチュエーションに利用できます。エビグラタンにコンソメスープ、スモークサーモンサラダに白ワインで豪華なディナーの完成。便利な洋惣菜の仕入れはこちらから。全国の業務用食材卸業者が様々な商品を出品しているので、仕入れコスト削減・新商品開発にお役立てください。

業務用洋惣菜のカテゴリから探す

惣菜キット商品
和惣菜
洋惣菜
中華惣菜
揚げ物
サラダ
米飯・丼の具
寿司ネタ

業務用洋惣菜の売れ筋ランキング

業務用洋惣菜の新着商品一覧

業務用洋惣菜の新着ニュース

業務用洋惣菜の新着出店会社から探す

洋惣菜とは。(歴史・ウンチク)

現代の洋惣菜という食品はどんなものなんでしょう。
惣菜とは、そのまま食事として食べられる状態に調理されて販売されているもので、家庭や職場、屋外などに持ち帰ったりして、調理加熱しないで食べれる、消費期限の短い調理済みの食品のことを言う。
洋惣菜はいつからこんなに使うようになったのでしょうか。
明治や大正時代から、各種欧米料理が文明開化とともに一気に入ってきました。西洋料理、特に肉食を中心とした新しい食文化は、当時の日本人にとってものすごくカルチャーショックだったようです。
日本では、仏教伝来により食肉禁止だったため、庶民は1000年の長い期間、獣肉を口にすることはありませんでした。最初は、都市部を中心に新しい食文化が広まり、明治後期、大正になってくると農村にもどんどん欧米の食文化が現れ始めます。
代表的な食べ物としてカレーライス、カレー、ハヤシライス、チーズ、アイスクリーム、 チョコレート、 ビスケット などです。惣菜とはいえない食べ物ばかりですが、こうした食品が先にお店で提供され、その後、家庭でも作られるようになってきます。こうした、新しい料理に手を出した世代はやはり若者で、特に都心部に住む人々が欧米風のライフスタイルに変わります。
昭和は第二次世界大戦前中に、食料が不足して、ミカンの皮、とうもろこしの芯、キャベツ芯など普通なら捨てていた物まで工夫して食べなければならない厳しい時代でした。
戦後の復興期は日本人の生活は貧しかったが、アメリカの文化が入り始め、現代の食生活が始まり、朝食にはパンを食べ、牛乳を飲み、スクランブルエッグや焼いたベーコンを惣菜にしながら生活をする日本人が普通になりました。
そこで日本人は、こうした西洋料理を日本流に改良し、新たな食として自国の食文化に取り入れたようです。
東京オリンピックが開催された1964年から大阪万博開催の1970年までが、日本の高度経済成長期でした。当時、多くの外国人がさまざまな文化を持って来ることによって本格的な外国料理はホテルや専門店で提供するようになりました。だからこそ、ある有名な調理人から「日本人の口に合う外国料理をご家庭で食べてほしい」との思いから、洋惣菜が誕生したそうです。
今では一般的となった家庭料理が数多くありました。しかし、当時はどれも新鮮なメニューであり、人々は目を輝かせながら料理の味を想像したことでしょう。
当時の惣菜の商品は、精肉店のコロッケを始め、家庭でも手間のかかるオーブン料理、主に昼食用に利便性の高い弁当や惣菜パンなどがありますが、しだいに揚げ物、煮物、サラダなども需要がどんどん高まって来ました。
スーパーマーケットでは惣菜売場が盛んになり、コンビニエンスストアでも多様なニーズに応えられる品揃えが図られました。百貨店のデパ地下における惣菜の商品や、電子レンジを利用して従来より簡単に調理できる冷凍食品も増え、他にも個々の食品製造業や小売店が独自の商品を開発するなど、食品を扱う業界全体で関心が高まっています。
こうして徐々に流入した西洋風の食習慣が高度経済成長期以降、国民所得の増加及び食文化の変化とともに一般家庭へ普及し、現在では日本の家庭の食卓をかざる惣菜料理として認められています。

洋惣菜の代表的な料理

洋惣菜の商品は使う素材と調理法方によって多種類あります。日本人の日常生活によく使われている洋惣菜の一種となるコロッケについてまとめましょう。
コロッケは手間がかかるお料理、忙しい人達には嬉しいお惣菜の一品です。日本では、そばに冷たいコロッケを乗せて食べるメニューが立ち食いそばに当たり前のことですが、考えれば100年以上前からあった伝統的なメニューだったりします。
コロッケは、もともと「クロケット」という西洋料理の名前がなまったもので、古くからヨーロッパで広く食べられていた料理で、フランスでは、魚介とクリームを混ぜたり、肉のミンチを使ったり、潰したじゃがいもを使ったり、調理法もオーブンで焼いたりフライしたりして、様々な調理方法があり、日常食料の一品料理として、料理の付けあわせとして出されました。
 じゃがいもを主食とするイギリスの影響を強く受けた日本海軍は、イギリス料理からじゃがいものコロッケを取り入れたのかも知れません。現在のむつ市大湊地区にあった海軍部隊の軍用食として採用されて人気のあったコロッケが、日本にコロッケを広めるきっかけになったのではないかとして、「海軍コロッケ」をご当地料理にして町おこしをしています。
日本で始めて料理メニューに入ったのは1898年とされています。日本橋の浜町にあった吉田という蕎麦屋のメニューに鶏肉たたきを材料にしたコロッケを乗せた「コロッケそば」が出てきます。
コロッケの原料となるじゃがいもは、もともと日本ではほとんど栽培されていなかったので、明治初期においては貴重な商品でした。じゃがいもは、日本にオランダ人によって持ち込まれたため、「オランダ芋」と呼ばれていました。じゃがいものコロッケは、調理も提供も簡単であったことから、後に洋食屋台や街の食堂でも売られるようになりました。
 コロッケは使う素材と調理人の工夫、又は、地域にによって多種類存在する洋惣菜のひとつです。ある調査の結果をみると首都圏では、弁当、おにぎりの主食が1、2位に入っているが、近畿圏では副菜のコロッケがトップとなっています。

食材【洋惣菜】がよく使われている店

昔に比べると食糧事情も徐々に変化している現代には、手作りの食事を毎日準備することができない人々は増えています。
そんな現代人の心強い味方となるのが食肉や野菜を使った惣菜です。

主な洋惣菜の惣菜類として扱われるものには具体的にどのような惣菜があるのでしょうか。具体的に取り上げてみましょう。
春巻き、フライドチキン、空揚げ、コロッケ、フライ、天ぷらなどの揚げ物類、中華まん、シューマイ、茶わん蒸しなどの蒸し物、肉じゃが、みそ煮、おでん、煮込み、煮しめ、昆布巻きなどの煮物です。
デパートやスーパーマーケット内でのデリカコーナーで販売されているものもあれば、独立した商店や業務用洋惣菜専門での取り扱いもあります。
高級な店ではワイン、パテ、キャビア、フォアグラなどグルメ食品などの取り扱いもあります。
フライドチキンや空揚げは油を大量に使うので、油の用意や廃棄が家庭では問題になります。コロッケもフライも天ぷらも同じで、家庭ではなかなか作る時間がないと思います。特に共働きで仕事から帰宅した後に一からコロッケを作るとなると遅くなってしまいます。
手軽に一品が増やせるというメリットは忙しい人にとっては何より高い価値があります。例えばシューマイの家庭作りは大変ですし、肉じゃが、煮込みなどの惣菜も同じです。
家庭では作りにくい料理が市販の惣菜として基本的に並んでいると考えれば間違いはありませんと言えるでしょう。
現在のパスワード
新しいパスワード
パスワードの確認

パスワードを変更しました。


処理中です