トップページ > 全市場一覧 > 業務用 惣菜・加工品 > 中華惣菜

食らぶ市場の中華惣菜に関する仕入れ卸の情報

プロの料理人の方に卸業者が厳選した業務用食材を出品している食らぶ市場。こちらは中華惣菜業者によるオススメの中華惣菜が集まるページです。餃子、小籠包、しゅうまい、春巻きなどの中華総菜は、ご飯のお供にもお酒のおつまみにも大人気。肉まん・あんまんは、おやつにもちょっとした昼食にも好まれています。餃子もしゅうまいも春巻きも肉まんも、中身によって味も色々。また、肉まんを軽く潰して両面を焼いた焼き肉まんなど、ひと手間かけて目先を変えれば、よりバラエティーに富んだメニューが作れます。人気の中華総菜の仕入れはこちらから。全国の業務用食材卸業者が様々な商品を出品しているので、仕入れコスト削減・新商品開発にお役立てください。

業務用中華惣菜のカテゴリから探す

惣菜キット商品
和惣菜
洋惣菜
中華惣菜
揚げ物
サラダ
米飯・丼の具
寿司ネタ

業務用中華惣菜の売れ筋ランキング

業務用中華惣菜の新着商品一覧

業務用中華惣菜の新着ニュース

業務用中華惣菜の新着出店会社から探す

中華惣菜とは。(歴史・ウンチク)

昔、中国は他の国からの食文化の影響を受け、それぞれの地域で使う食材や調理法が大きく異なります。
そのため、その地域によって料理の名前も違います。中華料理の特徴は、圧倒的に食材に火をいれる料理が多く、その中でも特に炒め物の料理が多いです。
中国で生で食べたり冷やして食べたりする料理は悪いイメージを持っているため、火を入れた温かいご飯を食べ、提供することが非常に重視されています。
また、黄河や長江などに代表される非常に大きな河川があるため、淡水魚を料理に使う事も多いです。
日本での中華惣菜の調理法は広東、北京、四川、上海の四つのジャンルに分けられます。まず広東料理は19世紀末、日本に来た中国人によって伝えられたとされています。このジャンルの料理には製法や味に広東料理の特徴がよく残っています。

北京料理の中には中国東北地方の郷土料理も含まれます。第2次世界大戦前後に日本軍や満州などに移民した日本人を通じて日本に伝わったと言われています。
四川料理は1960年代に四川出身のあるコックが日本のNHKの「きょうの料理」という料理番組に出演し、エビのチリソースや回鍋肉、担担麺、そして和風麻婆豆腐などのレシピを公開し、日本人の注目を集め、その料理が日本の家庭に広まりました。その後、日本の高級中華レストランで働く上海料理シェフの多くは、1980年代の改革開放時期に来日しました。日本の上海料理は福建省や江西省の料理も含むほか、どの料理でも日本風にアレンジされて甘いというのがその特長です。中華のお惣菜の種類が圧倒的に多い。そのため、揚げ物や炒め物、煮物など食の好みに合わせて選ぶことができます。
日本には、人気の中華惣菜と日本料理を独自にアレンジした中華惣菜などがお互いに影響し合って誕生した中華惣菜もあります。

中華料理店で出される本格中華から家庭料理で楽しむ中華まで、皆が好きな中華惣菜。餃子や春巻き、八宝菜、小籠包、シュウマイ、胡麻団子に杏仁豆腐などは食べやすさで人気です。中華惣菜は白いご飯が進むメインのおかずにも、お酒のおつまみにもピッタリ。夕飯に自宅でがっつり食べたい時に、短時間で調理が済む中華レシピも多数あります。そのメニューの一つは春雨や豆腐、中華そば、もやし、白菜、チンゲン菜など、普段使う食材で作る一味違う中華ラーメンです。
そして、弁当の中華惣菜は多くの人が利用している惣菜の1つだと言えるでしょう。特に、仕事で外を出回っている人には手軽な昼食として中華惣菜は最適です。

中華惣菜の代表的な料理

中華惣菜は今やわれわれの食卓に欠かせない惣菜の一種となっています。
中華料理の代表格エビチリ。殻をむいたエビを、豆板醤、ケチャップ、ショウガなどを合わせたソースで炒めた料理。この一品は一般的な中華料理として知られていますが、実は日本で生まれた中華惣菜で、本場中国には無い料理です。四川料理の乾焼蝦仁(ガンシャオシャーレン)が元となっているとも言われています。海老の甘みと、ピリ辛ソースがよく合い、さらに海老のプリプリとした食感が特徴。日本では大衆的な店から高級店まで多くの店のメニューに並んでいます。豆板醤の代わりにケチャップを使って調理することもできる、一般家庭でも作りやすい一品です。

次は中華の酢豚。下味をつけた角切りの豚肉に、衣をつけて油で揚げた後、玉ネギ、ニンジン、ピーマン、タケノコなどと炒め、甘酢あんを絡めた料理。酢豚という名前は日本で付けられたもの。また、この料理の起源は豚肉の酢漬けを油で炒めるか揚げたものだと言われています。一般に酢豚は、日本の家庭でも作られる料理の一つで、その調理法は、片栗粉をまぶして油で揚げた豚肉と玉ネギ、ニンジン、ピーマン、タケノコなどの野菜を炒めた後、片栗粉をスープで溶いたものに醤油、酢、砂糖などを入れて加熱して作った甘酢あんを絡めて作ります。味を甘くしたい場合は、パイナップルを入れると酸味が増えます。その他に、リンゴやケチャップなどを入れて甘酸っぱさを強くすることもあります。

中華の代表春巻。春巻きは小麦粉でごく薄い皮をつくり、春の野菜や豚肉を炒めたものを巻き込み、油で揚げた料理です。その食べ方は酢じょうゆ、ラーユー、練りがらしなどをつけて食べるのが一般的です。外側の皮がパリパリ、内側がしっとりとしているのが特徴。ちなみに、この料理の名前は立春のときに新芽が出た野菜を材料に用いたことから生じたという言われています。

次の中華の代表は餃子。日本人にとってポピュラーな食べ物のひとつとなっています。作り方は小麦粉で作った皮にキャベツ、にんにく、にら、肉などの具材を包んで出来上がり。調理方法によって焼き餃子、水餃子、揚げ餃子などがあります。日本では日本式の焼餃子が一般的ですが、本場中国や華僑の多い東南アジアでは水餃子のほうが主流です。

食材【中華惣菜】がよく使われている店

スーパーやコンビニ、デパートの地下食品売り場など、あらゆる場面で見かけるようになった中華惣菜ですが、今では食費や時間の節約の面でも注目を集めつつあります。
料理を作る時間が無かったり、疲れていてご飯を作るモチベーションがない時に中華惣菜などの惣菜が役目を果たします。
飲食店でも多くのお店が中華惣菜を仕入れております。

主に、中華惣菜はスーパーやデパートの食品売り場の惣菜コーナーやビュッフェがあるところに販売されています。
これらの中華惣菜を含む惣菜コーナーは今や人気の買い物箇所となっています。
一方、日配食品販売の激しい競争の中、各コンビニでは、惣菜を量り売りや均一料金、さらに多種・少しずつ盛り合わせパック、少量パックにして販売するなどし、消費者のニーズに合わせた新しいサービスを次々と導入しています。
現在のパスワード
新しいパスワード
パスワードの確認

パスワードを変更しました。


処理中です