トップページ > 全市場一覧 > 業務用 惣菜・加工品 > サラダ

食らぶ市場のサラダに関する仕入れ卸の情報

プロの料理人の方に卸業者が厳選した業務用食材を出品している食らぶ市場。こちらはサラダ業者によるオススメのサラダが集まるページです。ポテトサラダやマカロニサラダは不動の人気商品。どこか懐かしい味が、ご家庭でもレストランでも居酒屋でも愛されています。ポテトサラダやマカロニサラダはアレンジも簡単。レタスを敷いたり、プチトマトや茹でたブロッコリーを添えたり、ゆで卵やツナを乗せるだけで目先も味も変わります。ツナポテトサラダとスライスオニオンをパンに挟めばおしゃれなサンドイッチに。各種サラダの仕入れはこちらから。全国の業務用食材卸業者が様々な商品を出品しているので、仕入れコスト削減・新商品開発にお役立てください。

業務用サラダのカテゴリから探す

惣菜キット商品
和惣菜
洋惣菜
中華惣菜
揚げ物
サラダ
米飯・丼の具
寿司ネタ

業務用サラダの売れ筋ランキング

業務用サラダの新着商品一覧

業務用サラダの新着ニュース

業務用サラダの新着出店会社から探す

サラダとは。(歴史・ウンチク)

食卓に欠かせないサラダ。サラダの起源はとてもシンプルです。
サラダとは、生のままの野菜、ポテト、ブロッコリー、豆類などの冷ました煮たものを取り合わせて、マヨネーズ、ドレッシング、塩等をかけて食べるものが一般的ですが、野菜以外の素材を使った卵サラダ、ツナサラダ、ハムサラダ、マカロニサラダなどのサラダ類もあります。
現代の研究では、古代ギリシャやローマできゅうりやかぼちゃを生で食べる習慣があったと考えられています。そして、ハーブなどに塩を振って食べるという方法もあったようです。その後、世界各地に広がり、日本でもいつしか食卓の定番になりました。ビタミンの原となる野菜をたっぷり食べられるヘルシーさが人気の理由です。世界の食文化を豊かにしてきたサラダの歴史を追ってみましょう。
古代ギリシャ時代には、野草を摘んで塩をふった料理「herba salata」があり、これがサラダの起源だとされています。サラダということばも、塩を意味するsal(サル)が語源です。この時代から生野菜は薬の効果があると考えられていましたので、生野菜を食べやすくするための方法がどんどんうまれました。その後、古代ローマ時代になるとさまざまなサラダが登場します。当時の料理書によると、生野菜やゆで野菜にハーブを添え、酢やオリーブオイルなど、魚を塩漬けにした魚醤のようなもので味付けしていたようです。
 大航海時代を迎えた16~17世紀には、南アメリカから、トマトやピーマン、じゃがいもなどの新野菜がヨーロッパに渡されます。その影響をもって使われる野菜も味付けの方法もさらにを増え、ヨーロッパに普及したのです。
日本にサラダが登場したのは、欧米の食習慣が入ってきた明治以降になりますが、さらに家庭の食卓にのぼるようになったのは戦後だと言われます。それまで加熱した野菜を食べていた日本人が生野菜を食べるようになったことはサラダの普及につながります。日本での発の野菜の生食は、とんかつに添えたキャベツのせん切りだったようです。その後、レタスやトマトなど生で食べられる西洋野菜が次々と入り込み、サラダに使われるようになりました。特にサラダのベースとなるレタスの登場は、日本のサラダ史上画期的なことでした。また輸送条件がよくなり、新鮮な野菜が安定に供給できるようになったことも、サラダが一般家庭まで広まる基盤になったと言えます。
サラダに欠かせないものがドレッシングです。ドレッシングの語源は「着せる・飾る」を意味する「ドレス=dress」で、まさに「サラダを彩るドレス」だというわけです。古代ローマ時代にはオイルと酢を組み合わせたドレッシング材を使ったりしていたし、おなじみのマヨネーズは18世紀のフランスで作られたようです。その後もヨーロッパの料理人たちは、サラダの素材以上にドレッシングの研究に必死に携わっていたようです。その伝統は現代の料理人にも受け継がれています。
 ところでマヨネーズに先立つ1924年、日本初の“サラダ油”が登場します。その後、1925年に日本最初のマヨネーズが市販されます。この二つの商品は、大正デモクラシーと称される進取を謳歌する時代を背景に、日本の食卓を大きく変えるターニングポイントを示すシンボルだと言えるだろう。

サラダの代表的な料理

サラダといっても色々な組み合せがあります。栄養価の違いがあるので、2、3種類の野菜を、ベースとして組み合わせてサラダを作ってみるのがいいかもしれません.
家庭の味のひとつ、ポテトサラダ。家庭料理だけでなく、お弁当屋のメニューや学校給食の献立としても出されることが多い。。これは作る人によって材料や味付けなどが大きく異なり、その点が魅力の一つになっています。ポテトサラダは、定食屋はもちろんのこと、居酒屋やバー、料亭でも楽しめます。
例えば京都では、しば漬けや生麩、京野菜をふんだんに使ったポテトサラダが人気。バーではゴルゴンゾーラやナッツ、ゴロゴロのベーコンなど酒飲みの心をくすぐる食材がたくさん入っています。
ポテトサラダの魅力はなんといっても、お店によって味が変わります。
次はマカロニサラダ。通常は茹でたマカロニにゆで卵、短冊切りのハム、薄切りのキュウリ、ニンジン、キャベツ、リンゴ、缶詰のウンシュウミカンなどを混ぜ、マヨネーズや塩、こしょうで味付けし、冷たくして食べます。子供にも人気があるので、どこの家でも作っていると思います。お弁当や晩御飯の付け合わせなどにも使える料理です。
ポテトサラダ等と同様に、付け合わせなどに用いることが多い。
サラダは使う用途によって異なることもあります。例えば簡単なフルーツサラダや野菜のサラダのことを食前に出すサラダと言うようです。次はメインディッシュのサラダといい、野菜、果物、牛肉、豚肉、鶏肉、魚、貝、麺類などを用いたサラダです。味はやや濃厚で主料理になるほどの量、味、栄養があります。特に夏の手軽な食事には冷やしたサラダが最適で、たとえばビーフサラダ、チキンサラダ、クラブミートサラダ、マカロニサラダなどがあります。
次は付け合わせのサラダ。肉、魚の濃い味に対して、新鮮な野菜や果物などさわやかな風味で、料理を美味しくするサラダです。生野菜や果物などが中心ですが、ゆでたジャガイモやサヤインゲンなどを使う場合もあります。主料理の内容や季節を考えて、サラダの材料を選定しなければなりません。
食事後に提供するサラダでさっぱりと口当りがよく、胃にたまらないもので、しかも前の料理と材料の味が重ならないように工夫しなければならないようです。

食材【サラダ】がよく使われている店

サラダ料理が多種類あります。地域ごとの特徴のある食材をつかった、お客さんの中で人気のある店がたくさんあります。
サラダはスーパーやコンビニエンスストア、定食屋、居酒屋、バーなどでも食べられる人気のある料理です。

ホクホクとしたジャガイモの食味とまろやかな味わい。“ポテトサラダ”は、いつでも心惹かれる定番サラダの1つです。
お店で見かけるとついつい頼んじゃう人や、家で手作りする人もきっと多いはず。

家庭の味としての側面もありますが、バーなどのお酒がメインとなるお店ではベーコンやナッツ、ゴルゴンゾーラなどを混ぜたおつまみ感覚としても楽しまれていたり、例えば京都では京野菜、しば漬けなどこだわりの食材をふんだんに使用したポテトサラダが地域の味として親しまれています。
サラダの味は店によって様々な野菜の盛り合わせ、他の料理との組み合わせした多種類のサラダが提供されています。
店内でひとつひとつ丁寧に作り上げる手ごねハンバーグや、ビーフ100%の俵ハンバーグが人気のあるファマリレストランでは様々なサラダ、スープ、カレー、ライスがおかわり自由で楽しむことができます。また、サラダ単品で頼むこともできますから、野菜不足を感じている人におすすめです。
サラダバーが人気になっている現在、どこの流通店でも多種多様なバリエーションで販売されています。
現在のパスワード
新しいパスワード
パスワードの確認

パスワードを変更しました。


処理中です