トップページ > 全市場一覧 > 業務用 豆腐・練り物・麺類 > 豆腐・こんにゃく・しらたき類

食らぶ市場の豆腐・こんにゃく・しらたき類に関する仕入れ卸の情報

プロの料理人の方に卸業者が厳選した業務用食材を出品している食らぶ市場。こちらは豆腐・こんにゃく・しらたき類業者によるオススメの豆腐・こんにゃく・しらたき類が集まるページです。豆腐・こんにゃく・しらたき類は、鍋や煮物やおでんにはなくてはならない名脇役。豆腐のイソフラボン、こんにゃく・しらたき類の食物繊維は、昨今の健康志向から人気が高まる一方です。また、豆腐は、冷ややっこ、湯豆腐、田楽、揚げ出しなど、主役もこなせる芸達者。しらたきも、醤油と一味とうがらしで乾煎りすると、お酒もご飯も進む立派な一品に。地味ながら愛される豆腐・こんにゃく・しらたき類の仕入れはこちらから。
全国の業務用食材卸業者が様々な商品を出品しているので、仕入れコスト削減・新商品開発にお役立てください。

業務用豆腐・こんにゃく・しらたき類のカテゴリから探す

練り製品
麺類
豆腐・こんにゃく・しらたき類
納豆

業務用豆腐・こんにゃく・しらたき類の売れ筋ランキング

業務用豆腐・こんにゃく・しらたき類の新着商品一覧

業務用豆腐・こんにゃく・しらたき類の新着ニュース

業務用豆腐・こんにゃく・しらたき類の新着出店会社から探す

豆腐・こんにゃく・しらたき類とは。(歴史・ウンチク)

ここでは、豆腐・こんにゃく・しらたきについて説明します。

豆腐は日本を代表する健康食品です。大豆の搾り汁である豆乳を凝固剤で固めて作ります。東アジアと東南アジアで古くから食べ続けられている大豆加工食品です。とりわけ、日本、中国、北朝鮮、ベトナム、タイ、ミャンマー、台湾などで日常的に使われていますが、加工法や調理法は国ごとに異なります。日本の豆腐は白くて柔らかいのが特徴で、世界でも健康機能、効能で認められています。栄養面において植物タンパク質と必見アミノ酸が豊富なので、消化吸収がとても良いです。カロリーも比較的に低いため、海外でも使われるようになり、特に女性には人気な食材です。日本では、豆腐を用いた一般的料理として、揚げ豆腐、みそ汁、豆腐の味噌掛け、揚げ出し豆腐、豆腐ハンバーグ、すき焼などがございます。日本料理以外に麻婆豆腐やスンドゥブ・チゲなどが揚げられます。

こんにゃくはこんにゃく芋というサトイモ科の植物の球茎から作られる加工食品です。こんにゃく芋はインドシナ半島で生まれた多年生植物です。昔は医薬品として使用されていたこんにゃくは紀元前300年頃に中国で栽培され、食用に使用されて始めました。日本には中国から縄文時代に伝わったと考えられています。こんにゃくの成分は97%が水分で、残分はグルコマンナンという血糖値上昇を抑制する効果のある成分です。カロリーは非常に低く300グラムには21キロカロリーしかないことから、ダイエット食品として人気。主に、煮物、みそ汁、豚汁など鍋物の具として料理に使用されます。こんにゃくの種類として、板こんにゃく、玉こんにゃく、つきこんにゃく、刺身こんにゃく、糸こんにゃく、粉こんにゃくがあります。

こんにゃくとよく間違われるしらたきですが、何が違うのでしょうか。まずは製法で異なります。こんにゃくはこんにゃく芋を粉にして石灰乳を混ぜて固めて造るのに対して、しらたきは液体の状態で細い穴に通して糸状に固めて造ります。つまり、細くしてから固めるということです。細くて白い色がしらたきの特徴です。しらたきの太さは2−3ミリぐらいで、糸こんにゃくは4−8ミリの太さです。200グラムに12キロカロリーとこんにゃくよりも低カロリーで、食べやすい形からダイエットの食材として女性に人気です。白い滝のように見えることからしらたきと名付けられました。ちなみに、しらたきのことを関東ではしらたき、関西では糸こんにゃくと呼ぶ傾向があります。

豆腐・こんにゃく・しらたき類の代表的な料理

低カロリーで健康食材の豆腐、こんにゃく類で作れるレシピをご紹介します。

日本の家庭料理の一つである“揚げ出し豆腐”。豆腐は6等分に切り、軽く水気を切ります。豆腐の水気を拭いて片栗粉をまぶし、余分な粉をはたいて落としておきます。油を175度に熱し、豆腐を入れて薄く焼き色付くまで1−2分揚げて取り出します。鍋に本だしと水、醤油、みりんを混ぜ合わせ、一煮立たせます。器に豆腐を盛り、上から熱い汁を注ぎ、ネギの小口切り、生姜のすり下ろし、大根おろしをかけて完成。居酒屋の定番メニューを家で簡単に作れます。

こんにゃくはおでんやみそ汁、煮物などに向いていますが、焼き物にも活用しましょう。特にこんにゃくが苦手な子供にはピッタリのレシピ“牛肉とこんにゃくの甘辛煮”です。まず、こんにゃくは食べやすい大きさに切り、下茹でします。茹でることで、こんにゃくの臭みが抜け、プルンとした食感が出てきます。サラダ油をひいた鍋に食べやすいサイズに切った牛肉を入れて炒め、色が変わったらこんにゃくを加えてさらに炒めます。水を加えて強火で沸騰させ、すり下ろし生姜、砂糖、酒、醤油、みりんを入れて煮詰めます。汁が少し残るぐらいのタイミングで火を止め、皿に盛って出来上がり。

最後に、健康食材として世界でも人気なしらたき。最近はしらたきパスタが非常に人気です。明太子を加えてしらたきパスタ、納豆でしらたき納豆パスタ、野菜たっぷりの白田句カルボナーラなどアレンジが豊富です。オリーブオイルを使えば、コレステロールが下がってさらに健康的。しらたきで調理する際のポイントは、アクを取ることです。しらたきには独特の臭みがあるので、沸騰している湯で3−5分程茹でます。茹でる前に軽く塩もみをしておくと、アクがしっかり取れます。

食材【豆腐・こんにゃく・しらたき類】がよく使われている店

芋類のこんにゃくやしらたき、ところてんなどは日本食材なので、日本料理店中でも鍋専門店やすき焼店では仕入れは欠かせません。
その他にも、豚汁などにこんにゃくは必見具材の一つのため、和食の全ての店で仕入れています。おでん屋で定番のちくわ、玉子、大根、すじに糸こんにゃくは絶品。

居酒屋での定番人気メニューといえば揚げ出し豆腐でしょう。ビールや焼酎と和食の相性は心を暖かくしてくれます。
和風ドレッシングの豆腐サラダはさっぱりして、とりあえず頼んでOK一品。

辛い料理が好みの方は、四川料理店で麻婆豆腐を楽しんでください。四川料理特有の山椒の辛さがクセになります。中華料理のボリューム感と絶妙な酸味と辛みがたまりません。デザートに杏仁豆腐を。
現在のパスワード
新しいパスワード
パスワードの確認

パスワードを変更しました。


処理中です