• 練り製品
  • 麺類
  • 豆腐・こんにゃく・しらたき類

食らぶ市場の業務用 豆腐・練り物・麺類に関する仕入れ卸の情報

プロの料理人の方に卸業者が厳選した食材を出品している食らぶ市場。こちらは豆腐、練り物、麺類を扱う卸業者によるオススメの豆腐、練り物、麺類が集まるページです。練り物はかまぼこ、はんぺんなどのおでん食材はもちろん、おでん自体も出品。麺類はうどん、そばのつゆものや、焼きそば、スパゲティなどの軽食の麺類を揃え、さらに具材やつゆ、こんにゃく、しらたきなどの水物まで扱っています。季節を問わず好まれる食材から、鍋物の時期には欠かせない具材が豊富なので、このページだけで大勢の方が団らんできます。全国の業務用食材卸業者が様々な商品を出品しているので、仕入れコスト削減・新商品開発にお役立てください。
練り製品
麺類
豆腐・こんにゃく・しらたき類
納豆

業務用 豆腐・練り物・麺類の売れ筋ランキング

ランキングはありません

新着商品一覧

業務用 豆腐・練り物・麺類の新着ニュース

新着情報はありません

業務用 豆腐・練り物・麺類の新着出店会社から探す

業務用 豆腐・練り物・麺類とは。(歴史・ウンチク)

日本を代表する健康食品、豆腐や納豆。
豆腐は大豆の搾り汁である豆乳を凝固剤で固めて作ります。東アジアと東南アジアで古くから食べ続けられている大豆加工食品です。とりわけ、日本、中国、北朝鮮、ベトナム、タイ、ミャンマー、台湾などで日常的に使われていますが、加工法や調理法は国ごとに異なります。日本の豆腐は白くて柔らかいのが特徴で、世界でも健康機能、効能で認められています。
栄養面において植物タンパク質と必見アミノ酸が豊富なので、消化吸収がとても良いです。カロリーも比較的低いため、海外でも使われるようになり、特に女性の間では人気の食材です。日本では、豆腐を用いた一般的料理として、揚げ豆腐、みそ汁、豆腐の味噌掛け、揚げ出し豆腐、豆腐ハンバーグ、すき焼などがございます。日本料理以外は麻婆豆腐やスンドゥブ・チゲなどが挙げられます。
納豆は大豆を発酵させた食品で、独特の臭いとネバネバした糸を引くのが特徴です。納豆は大きく分けて、甘納豆、糸引き納豆、寺納豆の三種類あります。一般的に使用されているのは糸引き納豆です。
糸引き納豆は大豆の全粒を使用します。納豆菌により大豆の固い組織が消化しやすくなるため、消化率が高い。また、納豆菌は腸内で有害細菌の繁殖を除く働きをします。納豆に含まれるナットウキナーゼ成分がネバネバを出しており、強力な血栓溶解作用があるので、血栓の発生予防に役立ちます。その他、骨形成を助けるビタミンB2、ビタミンK、カルシウムがバランスよく豊富に含まれます。また、納豆レシチンには排毒作用があり、ニキビやシミを除ぎ、肌荒れの改善などの効果が期待できます。
こんにゃくはこんにゃく芋というサトイモ科の植物の球茎から作られる加工食品です。こんにゃくの成分は97%が水分で、残分はグルコマンナンという血糖値上昇を抑制する効果のある成分です。カロリーは非常に低いことから、ダイエット食品として人気です。主に、煮物、みそ汁、豚汁など鍋物の具として使用されています。
こんにゃくとよく間違われるしらたき。こんにゃくと同じくこんにゃく芋から作りますが、作り方が違います。しらたきの特徴は細く、その白い色です。こんにゃくよりも低カロリーで、食べやすい形からダイエット食材として女性に人気の食品です。
練り製品。練り製品とは魚肉を食塩とすり潰し,調味料などを加えて加熱凝固させた製品です。私たちが普段よく食べているかまぼこやちくわ、はんぺんなどはその代表で、独特の食味をもつほか、調理しやすいの特徴。
練りものは多種あります。その一種はしこしこした歯ごたえがたまらないかまぼこです。原料には様々な魚が使用されており、主にエソやグチ、ハモ、アジ、タチウオなどが使われます。栄養面においては、タンパク質と必見アミノ酸をバランスよく含んでいるので、極めて健康的です。
次に、ふわふわとしてソフトな食感のはんぺん。主要な原料はスケトウダラで、他にはヨシキリザメ、アオザメ、オナガザメなどのサメ類やカジキなどが使われます。はんぺんは吸物や揚げ物、フライ、バター焼き、おでんなどに幅広く用いられます。はんぺんは消化吸収に優れており、牛肉よりも倍以上の吸収率を誇ります。
そしておでん。鰹節と昆布だしに厚揚げ、はんぺん、やきちくわ、つみれ、大根、芋、すじ、ゆで卵など色々な種類を入れて長時間煮込んで作ります。その他にも海老巻き、ごぼう巻、さつま揚げ、豆腐、こんにゃくなどの食材も用いられます。屋台で手軽に食べられる料理として関東で広まったのが関西にも伝わりました。
最後にちくわ。生ちくわと焼きちくわといった2種あります。生ちくわは主に生食として使用され、焼きちくわは煮物やおでんの具として用いられます。ちくわはたんぱく質を多く含み、脂質の含有量が低いためヘルシーの上、保存可能な便利な食材です。
練り製品の麺類。小麦粉やそば粉などを練った生地をのばして細長く切ったもので、うどん、そば、そうめん、ラーメン、スパゲッティなどがあります。
麺類の代表格、小麦粉を原料とする中国発の中華麺。日本ではラーメンや焼きそばなどに用いられる麺です。かん水を使って作ることで、歯ごたえ・弾力性が生まれ、黄色の色合いと独特な香りがでます。中華麺を使った料理はラーメンの他に焼きそばやつけ麺、油そば、冷やし中華、チャンポン、沖縄そば、冷やしラーメン、担々麺など地域的によりバリエーション豊富です。
うどんは小麦粉を練って、長く切り、ある程度の幅と太さを持つ日本の麺食品です。米食の代用食として手軽に手に入る食材だったため、古くから日本全国で食べられていました。もちもちとツルツル感がその特徴です。
もう一つ日本の麺はそばです。穀物のそばの実を原料とするそば粉を用いて加工して造ります。そばの調味としてつゆが使用されますが、地域によりその色、味が異なります。そばには血流をよくし、血液をサラサラしてくれるポリフェノールの一種ルチンが含まれています。
イタリア語では麺類をパスタと言います。パスタは良質なタンパク質が豊富に含むまれているデュラムセモリナという小麦粉から作られます。パスタは様々な形状や大きさのものが造られており、本場イタリアでは500種類以上ものパスタがあるそうです。ロングパスタでは有名なナポリタン、ボロネーゼ、カルボナーラ、ペペロンチーノ、ジェノベーゼなどが作られます。

業務用 豆腐・練り物・麺類の代表的な料理

豆腐・練り物・麺類で作る料理はたくさんあります。その中から一部をご紹介します。
まずは納豆料理。納豆サラダやおつまみだけではなく、肉料理にも使えます。料理名は黒豚肉の納豆炒め。作り方はごく簡単。豚肉は一口のサイズに切り、納豆はざるに入れて洗い、ニラも食べやすいサイズに切っておきます。フライパンにごま油を熱し、豚肉を炒め、火が通ったら、おろし生姜、もやし、ニラを入れて炒め、最後に納豆を入れてさっと炒めます。かつおつゆを加え、全体に馴染ませたら器に盛って完成。手軽にできる納豆料理です。
日本の家庭料理の一つ揚げ出し豆腐。豆腐は6等分に切り、軽く水気を切ります。豆腐の水気を拭いて片栗粉をまぶし、余分な粉をはたいて落としておきます。油を175度に熱し、豆腐を入れて薄く焼き色付くまで1−2分揚げて取り出します。鍋に本だしと水、醤油、みりんを混ぜ合わせ、一煮立たせます。器に豆腐を盛り、上から熱い汁を注ぎ、ネギの小口切り、生姜のすり下ろし、大根おろしをかけて完成。居酒屋の定番メニューを家で簡単に作れます。
次はタンパク質を多く含む練り製品で作る料理です。簡単にできるちくわ料理で、名前はちくわの醤油マヨ炒めです。斜めに切ったちくわをフライパンで焼きます。ちくわに焼き色が付いたら醤油とマヨネーズを加えてさらに炒めます。お好みで七味を少量加えていいでしょう。お皿に盛り、ごまを振りかけて完成。七味を入れるとピリッとしてつまみに最適です。お弁当のおかずにも使えます。
最後に、中華麺で作る日本料理、冷やし中華です。麺はゆでたら冷水で冷やし、皿に盛り、その上に細切りのチャーシューまたはハム、錦糸卵、きゅうり、トマトなどの具材を彩りよく盛ります。醤油と酢またはごまダレをベースにしたかけ汁をかけたら完成。こってりとした味が好きな方はごまダレで!。夏には欠かせない一品です。

食材【業務用 豆腐・練り物・麺類】がよく使われている店

豆腐や納豆、芋類は日本食材なので、日本料理店、その中でも鍋料理専門店やすき焼店でよく使われます。居酒屋での定番人気メニューといえば揚げ出し豆腐でしょう。ビールや焼酎と和食の相性は心を暖かくしてくれます。四川料理店の定番メニュー麻婆豆腐。中華料理のボリューム感と絶妙な酸味と辛みがクセになります。
日本独特の健康食品納豆料理が出される店。朝ご飯に白いご飯と一緒に納豆を食べる習慣に鑑み、牛丼屋や定食屋では朝定食に納豆が提供されています。また、納豆食べ放題の専門店もあります。こういった店では納豆何種から好きな量だけ食べれるほか、納豆生姜焼き定食や納豆ビビンバ丼など納豆メニューが豊富に揃っています。
練りものはそもそも日本独特の食材なので、基本的に日本料理を扱う飲食店で幅広く使われています。旅館・ホテルなどの海鮮料理にはもちろんのこと、うどん屋や鍋料理専門店、おでん専門店、居酒屋などで欠かせない仕入れ品です。京都のあるうどん屋の鴨うどんは外国人を含めて人気です。
麺の使い道は幅広いことから、ほぼ全ての飲食店で使われています。最近では、カフェでも季節メニューにオシャレな冷やし中華を出したり、ジェノベーゼなどのパスタをメニューに取り入れるようになりました。
もともと米文化の日本ですが、米に並べてうどん、そば、焼きそば、素麺など数多い種類の麺類を食べています。そのため、うどん屋、ラーメン屋、そば屋などの麺料理専門店が数多くあります。

処理中です
×

管理メニュー

詳細検索

保存した検索条件

メニュー カート