トップページ > 全市場一覧 > 業務用 酒・飲料
  • ビール・発泡酒
  • 日本酒
  • ワイン

食らぶ市場の業務用 酒・飲料に関する仕入れ卸の情報

プロの料理人の方に卸業者が厳選した食材を出品している食らぶ市場。こちらは酒・飲料を扱う卸業者によるオススメの酒・飲料が集まるページです。ビールはもちろん、発泡酒、日本酒、焼酎、韓国酒、中国酒、果実酒ほか、ワイン、ウイスキー、ブランデー、シャンパンの有名な種類の酒が集まり、和食から洋食まで、食に合ったお酒を選ぶ美食家も満足の出品です。ソフトドリンクにもこだわり、水も各種取り揃えがあるため、料理に合わせた飲み物が選べるので、お客様へ満足のおもてなしができること間違いなし。全国の業務用食材卸業者が様々な商品を出品しているので、仕入れコスト削減・新商品開発にお役立てください。

業務用 酒・飲料のカテゴリーから商品を探す

業務用 酒・飲料ビール・発泡酒
日本酒
焼酎
韓国酒
中国酒
果実酒
ワイン
ウィスキー
ブランデー
シャンパン・スパークリング
スピリッツ・その他
コーヒー
ミネラルウォーター・水
ジュース
お茶・紅茶

業務用 酒・飲料の売れ筋ランキング

業務用 酒・飲料の新着商品一覧

業務用 酒・飲料の食らぶログ

2017/08/24

仕入れれば注文増に…

食らぶ運営

牛の大腸を韓国語でテッチャンと呼び、別名をシマ...

業務用 酒・飲料の新着ニュース

業務用 酒・飲料の新着出店会社から探す

業務用 酒・飲料とは。(歴史・ウンチク)

グローバル化の下、貿易の発達、技術の進展により、品物が溢れ、何でも手に入るようになったこの時代。
その中で、食材は国産物から輸入ものまで本当にたくさんの種類の食材が市場に出回っています。業務用酒・飲料も例外ではありません。酒類はわれわれが日頃手軽に手をのばすビールはもちろんのこと、発泡酒、伝統的な日本酒や焼酎そして韓国酒、中国酒、果実酒のほか、ワイン、ウイスキー、ブランデー、シャンパンなど多種多様です。今の時代は、和食から洋食まで、食に合ったお酒を選ぶ時代です。酒類以外の飲料のコーヒーやお茶、ミネラルウォーター、ジュースなども各国の伝統的なものから東西を問わず普遍的に飲用されているものなどもりだくさん。
そんな業務用酒・飲料について、酒類は洋酒を中心に簡単に触れていきましょう。
酒類の代表格ウイスキー。ウイスキーは蒸留酒の一つで、大麦やライ麦、トウモロコシなどの穀物を麦芽の酵素で糖化し、これを発酵させ蒸留したものですが、何種かに分かれます。
材料では、モルト・ウイスキーやグレーン・ウイスキー、ブレンデッド・ウイスキー、ライ・ウイスキーなどに分けられます。
ウイスキーは産地などによって原材料や製法に違いが見られます。産地別ではスコッチウイスキーやアイリッシュウイスキー、アメリカンウイスキー、カナディアンウイスキー、ジャパニーズウイスキーが世界の五大ウイスキーとされています。国産のものは、低価格帯ブランドではサントリーレッドやブラックニッカ・クリア、ハイニッカなど、中価格帯ブランドでは、サントリーオールドやサントリーリザーブ、スーパーニッカなど、高価格帯ブランドでは、サントリーは山崎や白州、響、ニッカでは竹鶴、余市などがあり、多種です。
そして高級酒の代表格、ブランデー。芳ばしい香りと深いコクから世界中で愛され続けています。ウイスキーとは一風変わった、飲みやすいお酒として人気です。
そんなブランデーの美味しい飲み方とは。ブランデーを美味しく飲む基本はストレートです。ストレートはブランデーの色や香り、風味を最も感じることができる飲み方です。次に、ブランデーを美味しく飲むコツはその適温です。ストレートで飲む場合は室温が基本です。最後に重要なのがブランデーを注ぐグラスです。フルート型のシャンパングラスやグラッパグラスは、脚が長いため持つ手の体温でブランデーが温まる心配がなく、またブランデーの香りを閉じ込めやすいため、最もブランデーに適したグラスといわれています。
果実が原料の醸造酒ワイン。ワインはぶどうがそのままワインに変化しますので、原料であるぶどうの出来具合が大変重要です。つまり、いいワインは美味しいぶどうからしかつくられません。ワインの味わいの80~90%はぶどうの品質で決まると言われるぐらいです。
ワインの代表的な産地はフランスやイタリア、スペインなどで、いわゆる名高い高級ワインの生産地です。近代以降になってからはワイン造りが盛んになった地域もあります。具体的には、アルゼンチンやチリ、ニュージーランド、南アフリカなどです。
ワインは主に白ワイン、赤ワイン、ロゼワインに分類できます。白ワインは無色に近い色から黄色みを帯びた色をしたワインです。白ブドウなどの色の薄い果皮のブドウを原料としており、発酵には果汁のみが使用されます。白ワインは辛口から甘口まで風味に幅があり、辛口は料理と合わせて使用します。酸味の強い物は一般的に魚料理に合うとされています。
そして、私たちが日頃何気なく使われているコーヒーやお茶、ミネラルウォーター・水、ジュース。これらの飲み物は料理と合わせて、私たちの生活になくてはならないものです。
われれれが生きていく上で欠かすことのできない水やミネラルウォーター。ミネラルウォーターは長い年月をかけて幾層もの地層をくぐりぬけ、その間に地層に含まれるミネラル成分を溶かし込んだ地下水をボトリングしたものです。現在、国産のものや輸入もの含めて本当に多種多様のミネラルウォーターが販売されています。ミネラルウォーターは年々売上を伸ばす傾向にあり、今やコンビニエンスストアなどの定番商品となっています。市販されているミネラルウォーターでは、各地の名水や大自然のイメージを前面に押し出しているものが多い。
私たち日本人の生活に溶け込んでいるお茶。お茶には、茶の樹の葉を原料とするもののほか、麦やそばやどくだみ、ハーブなどの植物を原料とするものがあります。茶の樹を原料とするお茶は紅茶、緑茶、ウーロン茶などです。茶の樹以外の植物を原料とするお茶には麦茶やそば茶、どくだみ茶などが入ります。茶の樹を原料とするお茶も加工方法の違いによって種類が変わります。そして、産地の気候や風土の違いをはじめ、収穫のタイミング、栽培方法や作り手の違いによっても風味が異なります。
世界中で愛飲されているコーヒー。コーヒーは世界各国の喫茶店やコーヒー・ハウスやコーヒーショップ、カフェなどで専門的に取り扱われているほか、レストランや飲食店などでも出される定番の飲料として定着しています。家庭や職場などでは朝にはコーヒー一杯、気分転換にコーヒーいっぱいというほど、毎日飲まれています。
われわれが日頃口にするジュース類。これには果実ジュースや清涼飲料・スポーツドリンク、炭酸飲料など、幅広い飲料が含まれます。その一種、果物や野菜の汁で作るジュース 。ここ数年、国内の果物ジュース生産量は微妙な増減を繰り返しながら横ばい状態で推移しています。対して、野菜・果物混合タイプを含む野菜ジュースの生産量は近年激増を続けています。ジュースというと、果物でできたジュースをイメージしやすいですが、健康ブームが広がる昨今、野菜ジュースの生産量が激増し、種類も多くなっています。グリーンスムージーやコールドプレスジュースなど、野菜を皮ごとジュースにして飲むなど、野菜を皮ごと食べる方も増えています。

業務用 酒・飲料の代表的な料理

洋酒の代表格ウイスキーの飲み方は多種多様です。そのままでストレートに飲むほか、水割りにしたり、あるいは氷を入れてロックで飲んだりします。その他、カクテルの材料としても広く使用されています。
ウイスキーはアルコール濃度が高いためストレートで飲む場合は水をともに用意し、ウイスキーと水とを交互に飲む飲み方もあります。水割りはウイスキーと水の割合によって、味わいや風味が様々に変化します。水で割ることでまろやかさを堪能できます。そして、氷を入れるオン・ザ・ロックは氷が融けるにつれて変化するウイスキーの味を楽しむことができます。
ブランデーはストレートで香りを楽しみながら飲むのが基本ですが、ストレート以外のブランデーの飲み方もあります。お酒の定番の飲み方オンザロックもブランデーのおすすめの美味しい飲み方です。水割りもブランデーの美味しい飲み方です。自分好みの濃さで飲めるので、アルコールが苦手な方も飲みやすい飲み方です。ブランデーはカクテルにして飲むこともできます。ブランデーがベースとして使われるカクテルはニコラシカなど非常に多くあり、それぞれ特徴をもっています。
男女問わず人気の高いワイン。ワインをおいしくいただくポイントは、料理とワインの組み合わせです。この組み合わせは料理そのものとワインを美味しく楽しむ上で大変重要です。一般的に、肉料理は赤、魚料理には白ワインといわれていますが、最近の傾向としては、様々な味わいや風味のワインが溢れている中、その組み合わせも様々まちまちになっているようです。
ミネラルウォーターひとつでもその種類は多種多様。ミネラルウォーターを料理や飲み物を作る際には、食材などの相性に合わせて水を選びましょう。
料理や飲み物にミネラルウォーターを使う場合、選ぶ基準として軟水か硬水かが重要になります。軟水か硬水かで、料理や飲み物の味が大きく変わります。
軟水を次のように料理に使うとグッドです。軟水はお米を炊く水として使うと、お米がふっくらと仕上がります。その他、野菜を煮る際に使うと、水が浸透しやすいためや野菜が柔らかく仕上がります。
お茶の飲み方も色々あります。その飲み方の一種は庶民的な紅茶として人気のあるレモンティーでしょう。紅茶にレモンを入れるだけの簡単な入れ方の飲み物です。
スライスレモンを温かい紅茶に入れるだけだと、皮に含まれるオイルの成分が紅茶の中のタンニンと化合して渋みが強くなるので、その渋みを押さえるために、砂糖を加えて飲むことおススメします。

世界中で愛飲されている嗜好飲料、コーヒー。その種類も産地や銘柄、淹れかたなどによって違います。コーヒーの代表格アメリカーノ。
アメリカーノはエスプレッソに熱いお湯を注いだ、すっきりとした喉ごしのコーヒーで、深煎りの豆が使われています。エスプレッソ特有の苦みがお湯で和らぎ、コーヒーの深い香りを楽しむことができます。アメリカーノは飲みやすく、コーヒーの味わいを楽しめることから、ブラックで飲む人が多い。
そして、ジュース類。ジュース類はそのまま飲まれるのが多いが、それ以外の飲み方や使い方はたくさんあります。その一つはカクテルの材料として広く使われています。

食材【業務用 酒・飲料】がよく使われている店

東京都内に位置する落ち着いた佇まいのバー。こちらはウイスキー・バーで、ウイスキーの飲み比べができる店ということで知られています。同店のコンセプトは手頃な値段で世界中のウイスキーを飲み比できるというものです。ウイスキー初心者をはじめウイスキー通など、誰にでもオープンなお店です。こちらではウイスキーの飲み比べセットをフライトと呼んでおり、定番のセレクションは世界5大ウイスキー・フライトです。
ブランデーはバーやレストランでしっとりした大人の空間の中で味わうお酒です。
しかし、ブランデーが使われる店はこういった飲食処のみではないです。ブランデーはその香り高さから製菓の香り付けに製菓店や洋菓子店、ケーキ屋さんでよく使用されています。ブランデーを使うことで、ケーキや洋菓子は優雅な香りを放つ大人のケーキに仕上がります。
世界で最も多くの地域や国で愛飲されているワイン。今やそんなワインを生産する国も多く、ワインもその味わいや風味などの面で多様化してきています。そんなワインはイタリアンやフランス料理店、スペイン料理などの西洋料理店、ダイニング・バーのみならず、和食店や中華料理屋、そしてキャバクラやスナックなどの水商売の店など、本当に限りのない外食店で取り扱われています。料理を際立たせてくれる、また集客に繋がるということで、ワインに対して熱心な姿勢をもつレストランが増えてきています。

命の水・ミネラルウォーター。近年のミネラルウォーターの流行を受け、各外食店や流通店で品揃え豊富に取り扱われています。その種類は軟水から硬水、炭酸水までさまざまなものがあります。このような流れの中、ミネラルウォーターを取り扱う専門店も出現しています。
飲食店や喫茶店では様々なジュース類が使用されています。バーやレストランなどではジュース類はそのまま提供されるほか、各種カクテルの副材料として広く使われています。
世界で最も多くの国で飲用されている嗜好飲料、コーヒー。家庭や職場をはじめ、レストランや普通の飲食店のみならず、喫茶店やコーヒー・ハウスやコーヒーショップ、カフェなどで専門的に取り扱われています。コーヒー専門店は海外のチェーン店や国内企業が展開するものなど、その展開ぶりは枚挙にいとまがないぐらいです。海外のチェーン店のスターバックスはおしゃれなカフェの代表格として誰もが知っているでしょう。日本にはスターバックスのような海外チェーン店のみではなく、国内企業が展開する店がたくさんあります。

われわれをほっくりさせ、毎日の生活に彩りを加えるお茶たち。今の時代はお茶は飲みもののみではなく、食べるものに変わってきています。
お茶をフル活用するお茶を”食べる”和食レストランがあるというから驚きです!
現在のパスワード
新しいパスワード
パスワードの確認

パスワードを変更しました。


処理中です