トップページ > 全市場一覧 > 業務用 酒・飲料 > 中国酒

食らぶ市場の中国酒に関する仕入れ卸の情報

プロの料理人の方に卸業者が厳選した業務用食材を出品している食らぶ市場。こちらは中国酒卸業者によるオススメの中国酒が集まるページです。中国酒の歴史は三千年以上ともいわれ、米類を原料とする醸造酒の黄酒、雑穀を原料として作られる蒸留酒の白酒、果実から作られる果酒、薬草などを漬け込んだ薬酒など、広大な中国の各地で膨大な種類が生産されています。日本でもおなじみの老酒は、温めてもオンザロックでも、中華料理のお供として欠かせません。紹興酒、白酒などもさまざまな飲み方でお楽しみいただけます。種類豊富な中国酒の仕入れはこちらから。全国の業務用食材卸業者が様々な商品を出品しているので、仕入れコスト削減・新商品開発にお役立てください。

業務用中国酒のカテゴリから探す

ビール・発泡酒
日本酒
焼酎
韓国酒
中国酒
果実酒
ワイン
ウィスキー
ブランデー
シャンパン・スパークリング
スピリッツ・その他
コーヒー
ミネラルウォーター・水
ジュース
お茶・紅茶

業務用中国酒の売れ筋ランキング

業務用中国酒の新着商品一覧

業務用中国酒の新着ニュース

業務用中国酒の新着出店会社から探す

中国酒とは。(歴史・ウンチク)

世界で最も古い歴史を持つ中国酒。紀元前5−6千年以上も昔にお酒が発明されています。酒造の歴史は、農業の歴史でもあります。その理由は、人為的な酒造りを行うためには、原材料である穀物類や果実などが必要であり、大量に栽培されているという条件が欠かせないからです。そのときの中国では、すでに大規模な農業が行われていたと考えられています。中国酒には、うるち米、もち米、黍などを原料にした醸造酒である黄酒や高粱、トウモロコシ、黍、麦などの雑穀で造られる蒸留酒である白酒、果実原料の醸造酒、あるいは白酒に果汁を配合した果実酒、黄酒、白酒、果酒などに、薬草や動物のエキスなどを漬け込んだ薬酒などがあります。以下では、黄酒の代表酒である紹興酒と老酒、白酒の特徴をご紹介します。

黄酒は中国の米を原料にした醸造酒であり、代表する酒は紹興酒です。酒の中でも最も長い歴史を持っています。飲用にしたり、調味料にしたり使用します。アルコール度数は15−20度と高くないことから、日本でもよく飲まれています。紹興酒は鮮やかな黄色で、香ばしい濃厚な香りをしており、まろやかでとろりとした口当たりです。旨みが際立ちながら、柔らかな酸味が特徴的です。成分としてアミノ酸類が豊富に含まれていることがコクと香りを醸し出す原因になっています。1リットル当たりのカロリーは1015−2010カロリーと栄養価の高いお酒なので、程よく飲むと食欲が増し、消化を助けてくれる効果があります。

老酒は黄酒の一種であり、品質の良い黄酒を長期熟成させたものです。一般的には3年以上熟成させたものを老酒と呼びます。米や黍などの穀類を原料に造るため、酒色が黄色いことから黄酒と名前ができました。黄酒は年月を経るほど、まろやかで香味のある酒になっていきます。すなわち、熟成期間が長いほど貴重で高価な酒になるということです。アルコール度数は18度前後で、茶色い瓶に入っていることが多い。日本では、老酒というと紹興酒と指すことが多いが、紹興酒以外の黄酒でも長期熟成させたものは老酒と理解しましょう。中国ではストレートで飲みますが、日本では暖めたり、氷砂糖を加えて飲んだりします。

最後に、中国で最も多く生産されている白酒です。無色透明で、当たりはまろやかで、甘く濃い芳香があり、飲んだ後もお香りが残ります。高粱、黍、麦などの雑穀で造られます。アルコール度数は非常に高く50度以上のものもありますが、下がる傾向があります。世界三大蒸留酒の1つと言われているお酒です。白酒は中国の各地で生産されていますが、拡大な地域で気候も多種のため、白酒といっても味や香りは異なるものがたくさんあります。

中国酒の代表的な料理

中国酒は日本の酒よりアルコール度数も高く、飲み方も違います。ここにおいて、紹興酒と白酒の飲み方と良く合う料理について説明します。

中国では、紹興酒の最も一般的な飲み方は常温でストレートです。芳醇な香りとまろやかな味わいなので、油料理によく合います。夏のとき、冷やしてストレートかロックで飲むのがオススメ。日本人はお酒を冷やして飲む習慣があるので、ロックの方がよく好まれます。冬には、お燗して飲んでもOKです。中国にはない日本独特な飲み方です。35−45oにお燗して、レモンを絞ったりして焼酎のように楽しめます。暖めることで、紹興酒の芳醇な香りをより一層楽しむことができます。そして、紹興酒の香りや味に慣れていない初心者の方は、ソーダ割りで飲むことをおすすめします。ソーダを加えることで、すっきりした味わいに変わります。レモンを絞ったりして一味を加えてみましょう。
エビの揚げ物や北京ダック、フカヒレスープ、北京料理、上海料理などによく合います。

白酒に場合、ストレートで飲むことが多いです。アルコール度数が高いので、オンザロックでも良く、口直し用の水を一緒に飲んだほうが良いです。酒のそのものの味を楽しめる飲み方です。白酒には辛い料理がとても合います。特に四川料理や広東料理などです。四川料理といえば、麻婆豆腐や担々麺、回鍋肉、青椒肉絲、麻婆なすなどの辛くて油っぽい料理、広東料理といえば酢豚、シュウマイ、ふかひれのうま煮、牛肉のオイスターソースなどの肉が多い酸味のある料理が挙げられます。

中国酒は、前菜の途中あたりで招待主から上座から順に注ぐマナーがあります。全て行き渡ったら全員で起立して乾杯して飲みます。乾杯したら飲み干するのが中国式の飲み方です。飲み終えたら、グラスを相手に見せ合わせるという習慣があります。

食材【中国酒】がよく使われている店

日本において、中国酒を扱っている飲食店といえばチャイナタウンや中華街における中華店でしょう。
その他地域でも、本格的な中華料理を提供する中華料理屋さんでも多く仕入れられています。

昔から日本に定着した中国の方は中華料理店を営んでいることが多い。例えば、横浜の中華街や神戸の中華街には中華食材全般から中国酒などを取り扱っています。

調味料としても使われる中国酒は料理にも日本酒のように使用されます。中華料理には、
黄酒の紹興酒が良く使われます。白酒は価格的に安く、アルコール度数が高いので、肉料理の下味に風味つけるとして使ったりします。中国では、白酒は白ワインのようなものなので、本格的な中華料理と一緒に頼んで、中国の食文化を感じてはいかがですか。好みに合わせて、ストレートやロック、ソーダ割りなどで飲むと良いでしょう。
現在のパスワード
新しいパスワード
パスワードの確認

パスワードを変更しました。


処理中です