トップページ > 全市場一覧 > 業務用 酒・飲料 > ブランデー

食らぶ市場のブランデーに関する仕入れ卸の情報

プロの料理人の方に卸業者が厳選した業務用食材を出品している食らぶ市場。こちらはブランデー卸業者によるオススメのブランデーが集まるページです。ブランデーは優雅なお酒。ワインと共に楽しんだ夕食の後で、ゆっくりと時間をかけて香りを味わうのが本来の飲み方ですが、それにこだわらなくても楽しめる、懐の深いお酒でもあります。オンザロックや水割りでストレートとは違った風味を味わったり、炭酸で割ってオレンジなどを入れたおしゃれなカクテルにするのも素敵。コニャック、アルマニャック、グラッパなど、貴重なブランデーの仕入れはこちらから。全国の業務用食材卸業者が様々な商品を出品しているので、仕入れコスト削減・新商品開発にお役立てください。

業務用ブランデーのカテゴリから探す

ビール・発泡酒
日本酒
焼酎
韓国酒
中国酒
果実酒
ワイン
ウィスキー
ブランデー
シャンパン・スパークリング
スピリッツ・その他
コーヒー
ミネラルウォーター・水
ジュース
お茶・紅茶

業務用ブランデーの売れ筋ランキング

業務用ブランデーの新着商品一覧

業務用ブランデーの新着ニュース

業務用ブランデーの新着出店会社から探す

ブランデーとは。(歴史・ウンチク)

高級酒の代表格、ブランデー。芳ばしい香りと深いコクから世界中で愛され続けています。ウイスキーとは一風変わった、飲みやすいお酒として人気です。

ブランデーを美味しく飲む基本はストレートです。
ストレートはブランデーの色や香り、風味を最も感じることができる飲み方です。ブランデーを美味しく飲む次のポイントはその注ぐ量です。目安としては、香りを楽しみながら30分程度で飲める量が適量といわれています。次に、ブランデーを美味しく飲むコツはその適温です。ストレートで飲む場合は室温が基本です。現在、低価格のブランデーでも高品質で香り立ちが良いので、そのまま室温で飲むといいでしょう。最後に重要なのがブランデーを注ぐグラスです。ブランデーを飲むのによく使われているのがフルート型のシャンパングラスやグラッパグラスです。 これらは、脚が長いため持つ手の体温でブランデーが温まる心配がなく、またブランデーの香りを閉じ込めやすいため、最もブランデーに適したグラスといわれています。
ブランデーはぶどうのフルーティな香りと樽熟成によるウッディーな香りを楽しむお酒です。なので、飲む前にグラスに注がれたブランデーの華やかな香りを楽しんでください。そして次はに飲んでいる最中の香りも楽しむこと。その方法はブランデーを口に含んだあと口を閉じ、鼻から息を吐くことでブランデーの濃厚で華やかな香りをより一層感じることができます。鼻から通り抜ける香りと風味がブランデーで最も至福の香りと言われています。
蒸留酒は一般的に、樽熟成期間が長くなれば長くなるほど、味がまろやかになって飲みやすくなる傾向があります。ブランデーの熟成は、蒸留したブランデーの原酒を樽の中に入れて長期間保管することを意味します。ブランデーはオーク樽に入れて長期保存・熟成させることで、アルコール度数が40度程度になり、まろやかな琥珀色に切り替わります。
高級酒のブランデーには等級があります。すなわち、ブランデーは熟成度合いによってランクづけられています。主に、等級には以下のものがあります。熟成年数が長いほうから並べますと、Hors d'âge(オール ダージュ)、X.O.(Extra Old)、ナポレオン、V.S.O.P.(Very Superior Old Pale)、V.O.(Very Old)、V.S.(Very Special)、スリースターです。
ブランデーの熟成年数を表すのにコントという単位が使われています。つまり、このコントの数値によってその等級が決まっていきます。コントの基準はコニャックとアルマニャックで若干違いがあります。コント00は蒸留してブランデーが作られた年で、コント0が熟成1年目、コント1が熟成2年目という具合にカウントしていきます。

ブランデーの代表的な料理

お酒にはストレートや水割り、オンザロック、カクテルなど多くの飲み方があります。それは高級酒の代表格であるブランデーも一緒です。
ブランデーはストレートで香りを楽しみながら飲むのが基本ですが、ストレート以外のブランデーの飲み方もあります。お酒の定番の飲み方オンザロックもブランデーのおすすめの美味しい飲み方です。氷で冷やすことによって香り立ちは若干悪くなりますが、冷やしたお酒は独特の美味しさがあり、好んで飲まれる方も少なくありません。
水割りもブランデーの美味しい飲み方です。自分好みの濃さで飲めるので、アルコールが苦手な方も飲みやすい。ブランデーの香りを楽しんで飲むにはブランデーと水を1対1の割合で合わせるとベストです。ブランデーはソーダ割りで飲むこともできます。普通の飲み方に飽きたらトライに値する飲み方です。
そして、ブランデーはカクテルとして飲むこともできます。
ブランデーがベースとして使われるカクテルが非常に多くあり、それぞれ特徴をもっています。

ここではそんなブランデーカクテルの紹介です。
まずはニコラシカ。リキュールグラスにブランデーを注ぎ、レモンスライスを上に乗せて砂糖を盛ったものです。レモンと砂糖を噛みしめ、ブランデーを飲んで口の中で一体化させて初めて完成するカクテルです。次はカフェ・ロワイヤル。香り高さが特徴のブランデーとコーヒーのコラボ。ドラマティックな演出もその魅力の一つ。スプーンに乗せた角砂糖にブランデーを染み込ませ、それに火を灯す。美しい青い炎とブランデーの華やかな香りを楽しんだらコーヒーの中に入れて楽しむ飲み方です。
バーやレストランなどで飲むお酒の印象が強いブランデー。しかし、最近では高品質ながら低価格のブランデーも増えてきており、家庭で飲まれる機会も増えてきました。そこで、ブランデーに良く合うつまみをいくつかご紹介します。

ブランデーは焼酎やウイスキーのようにどんなつまみとも相性がいい。具体的には、ブランデーは基本的に甘みのあるおつまみと相性がいいと言われています。ブランデーのおつまみとしてチョコレートがベスト。ブランデーをよりまろやかに感じさせてくれます。うち、カカオ濃度の高いビターチョコレートは特におすすめです!。
ブランデーに良く合うおつまみとして人気なのがドライフルーツです。適度な甘みと歯ごたえのあるドライフルーツ、特にレーズンやアプリコットなどの甘みの強いフルーツがおすすめです。
また、ブランデーは塩気のあるしょっぱいおつまみとも合います。おすすめなのがナッツです。ピーナッツやアーモンドなどナッツ類であればどのようなナッツでも合いますが、おすすめはピスタチオです。滑らかな口当たりと独特の香りのするピスタチオはブランデーとの相性が抜群です。
塩気を持っているおつまみはチーズ。おすすめなのがウォッシュチーズ。ブランデーを使用して熟成させたウォッシュチーズなので相性がいいのは決まっています。

食材【ブランデー】がよく使われている店

ブランデーはバーやレストランでしっとりした大人の空間で味わうように、バーやレストランで基本的に提供されています。
しかし、ブランデーが使われる店はこういった飲食処のみではないんです。

ブランデーはその香り高さから製菓の香り付けに製菓店や洋菓子店、ケーキ屋さんでよく使用されています。
そのため、多くのケーキ屋や洋菓子店などでは料理酒としてもブランデーが仕入れられています。

ブランデーを使うことで、ケーキや洋菓子は優雅な香りを放つ大人のケーキに仕上がります。

なんと日本にブランデーケーキ専門店すらあるから驚きです。こちらの商品は味の主役はやはりブランデーで、ブランデーがたっぷりの本物の味を堪能できます。香り高いブランデーが満遍なく使われたケーキ類の芳醇な香りが口の中にふわっと広がる優雅な味わいは大人を魅了してやまない。特別な時間の演出やギフトにおすすめです。
現在のパスワード
新しいパスワード
パスワードの確認

パスワードを変更しました。


処理中です