トップページ > 全市場一覧 > 業務用 酒・飲料 > シャンパン・スパークリング

食らぶ市場のシャンパン・スパークリングに関する仕入れ卸の情報

プロの料理人の方に卸業者が厳選した業務用食材を出品している食らぶ市場。こちらはシャンパン・スパークリング卸業者によるオススメのシャンパン・スパークリングが集まるページです。シャンパンは、栓を抜いた瞬間からほとばしる華やかな芳香と、フレッシュで芳醇な飲み口が人々を魅了する黄金色のお酒。シャンパンは大量生産ができず今でも手作りのために高価ですが、食らぶでは、高級シャンパンはもとより、スペインのカヴァやイタリアのスプマンテなど、シャンパンに負けないおいしさの手ごろなスパークリングワインもたくさん取り揃えております。各種シャンパン・スパークリングはこちらから。全国の業務用食材卸業者が様々な商品を出品しているので、仕入れコスト削減・新商品開発にお役立てください。

業務用シャンパン・スパークリングのカテゴリから探す

ビール・発泡酒
日本酒
焼酎
韓国酒
中国酒
果実酒
ワイン
ウィスキー
ブランデー
シャンパン・スパークリング
スピリッツ・その他
コーヒー
ミネラルウォーター・水
ジュース
お茶・紅茶

業務用シャンパン・スパークリングの売れ筋ランキング

業務用シャンパン・スパークリングの新着商品一覧

業務用シャンパン・スパークリングの新着ニュース

業務用シャンパン・スパークリングの新着出店会社から探す

シャンパン・スパークリングとは。(歴史・ウンチク)

オシャレなパーティーに書かせないシャンパンとスパークリングワイン。両方とも発泡性ワインとしてワインの一種ですが、一体どう違うでしょうか。

ワインはぶどうを発酵させて作りますが、この際発生する炭酸ガスが一定以上残ります。その一定以上の炭酸ガスが3気圧以上の圧力のあるものをスパークリングワインと言います。その他に、ワインに炭酸ガスを注入し、発砲させるものも入ります。スパークリングワインは製法により、大きく3つに分けられます。普通のワインをタンクに入れて密閉じタンクの中で二次発酵させて作る方法のシェルマ方式は一度に多量の生産を行うことができます。普通のワインを瓶に詰め発酵させた後、タンクに移し冷却したら再び瓶詰めして造るトランスファー方式と直接炭酸ガスを注入する炭酸ガス注入方式があります。炭酸ガス注入方式は最も安価な方法のため、幅広く使用されています。基本的に、白ワインとロゼワインをブレンド化して造りますが、赤のスパークリングもございます。主な種類は、産地や原料、製法によって呼び方が違います。例えば、フランスで製造されるスパークリングをクレマンヴァン・ムスー、イタリアでのものをスプマンテ、スペンでのものをエスプモーソ、ドイツのものをシャウムヴァインと言います。スパークリングワインは基本的によく冷やしてから飲みましょう。5−8oが望ましいです。

では、シャンパンとは何でしょうか。簡単に言いますと、シャンパンも同じスパークリングワインの一種であり、銘柄の一つとも言えます。2つの条件を満たしたものはシャンパンと名乗ることができます。一つ目は、フランスのシャンパーニュ地方で造らる、2つ目はフランスのワインの法律に規定された条件を満たすことです。普通のワインを瓶内でさらに発酵させて造ります。瓶内での熟成から、ガス圧も5気圧になるので、きめ細かな泡ができます。この方法は高級なスパークリングにも使用されており、手間とコストがかかります。シャンパンがスパークリングワインより高いのもこの理由です。シャンパンの口当たりは、全体的に甘い味わいが多いですが、中に辛口のものもあります。辛口シャンパンの場合、ボトルのラベルにブリュットと表記されています。シャンパンは製法や味によって、6種類に分類されます。スタンダードなノン・ヴィンテージ、熟成期間が3−5年のヴィンテージ、最高級なプレスティージュ、白ぶどうだけど造るブラン・ド・ブラン、黒ぶどうで造るブラン・ド・ノワール、淡い赤色のようなシャンパンです。

シャンパン・スパークリングの代表的な料理

シャンパンとスパークリングの違いを踏まえた上で、それぞれの美味しい飲み方や合う料理について知りましょう。両方とも発泡性飲料なので、発泡性を生かすためにしっかり冷やしてから飲むのは一番のポイントです。

スパークリングワインにも甘口と辛口があります。甘口の場合、4oぐらいに飲むのが最適です。デザートワインとして食後によく飲まれる甘口は冷やすと甘みと酸味のバランスがよくなります。辛口の場合、6−8oが適温がすっきりした爽やかな味わいを出します。辛口は食前にもよく飲まれるタイプなので、冷やしすぎないのがポイント。基本的に、スパークリングワインは非発泡性の白・赤と比べて、どの料理にでも相性抜群が特徴です。その理由は、炭酸が料理の味わいを引き出してくれるからです。白ワインが原料としたスパークリングにはパエリヤや魚介のカルパッチョ、白身魚のクリーム煮などがよく合います。食欲を増進させる効果があるスパークリングは食前の乾杯にもどうぞ。

シャンパンはスパークリングと同様に、甘口は4度、辛口は6−8度に冷やして飲ましょう。冷やし方は、シャンパンクーラーに1対3で水と氷を入れて、瓶を沈めます。冷蔵庫で冷やしてはいけません。品質や風味が失われてしまうからです。基本的に、シャンパンには氷を一切入れませんが、有名なモエ・エ・シャンドンアイスアンペリアルだけは氷を浮かべて飲めるシャンパンです。シャンパンには、生ハムとチーズのつまみやアスパラのチーズ巻き、椎茸のチーズマヨ、生ハムのスティックバゲットなどのつまみと一緒に楽しみましょう。パーティーにおすすめです。シャンパンは発泡性で刺激もあるので、実に和食、洋食どちらも選びません。







食材【シャンパン・スパークリング】がよく使われている店

赤ワインと白ワインに比べて飲食店などの仕入れとしても人気なのがスパークリングワイン・シャンパン。
何よりお祝いの時や乾杯としても気軽に飲めるスパークリングワインは多くの人に愛されているので、イタリアン、フレンチ、日本料理店、ビストロ、バー、ホテルなどで幅広く使用されています。特に、クリスマスのときに欠かせない酒メニューとなっています。

フレンチレストランでは、ソムルエがいるので、初心者の方はぜひ生産地や風味を聞きながら料理に合わせて注文しましょう。
コース料理を始める前に、辛口のスパークリングワインで乾杯して、料理を満全に楽しんだら、デザートに甘口スパークリングを。
シャンパングラスに注がれたときのキラキラ感や色は食欲を増進させ、オシャレな気分にさせてくれるはずです。

最近は、東京や大阪でスパークリングワインの飲み放題メニューを出しているラウンジやバーもよくみます。女子会やパーティーを予定している方、またスパークリングが初心者の方は試してみるといいでしょう。
現在のパスワード
新しいパスワード
パスワードの確認

パスワードを変更しました。


処理中です