トップページ > 全市場一覧 > 業務用 酒・飲料 > スピリッツ・その他

食らぶ市場のスピリッツ・その他に関する仕入れ卸の情報

プロの料理人の方に卸業者が厳選した業務用食材を出品している食らぶ市場。こちらはスピリッツ卸業者によるオススメのスピリッツが集まるページです。スピリッツは、カクテルになくてはならないもの。食らぶでは、ウォッカ、ジン、ラム、テキーラなど各種スピリッツを取り揃えています。ウォッカでソルティドッグ、モスコーミュール。ジンならマティーニ、シンガポールスリング。ラムならモヒート、ダイキリ。テキーラならマルガリータ、テキーラサンライズ、などなどのクラシカルながらおしゃれなカクテルは、男女を問わず人気です。各種スピリッツの仕入れはこちらから。全国の業務用食材卸業者が様々な商品を出品しているので、仕入れコスト削減・新商品開発にお役立てください。

業務用スピリッツ・その他のカテゴリから探す

ビール・発泡酒
日本酒
焼酎
韓国酒
中国酒
果実酒
ワイン
ウィスキー
ブランデー
シャンパン・スパークリング
スピリッツ・その他
コーヒー
ミネラルウォーター・水
ジュース
お茶・紅茶

業務用スピリッツ・その他の売れ筋ランキング

業務用スピリッツ・その他の新着商品一覧

業務用スピリッツ・その他の新着ニュース

業務用スピリッツ・その他の新着出店会社から探す

スピリッツ・その他とは。(歴史・ウンチク)

世の中にはウォッカ、ラム、ジン、テキーラなどのスピリッツが出回っています。
多くの飲食店(特にバー・レストラン)でもスピリッツは仕入れられているのもその証拠です。

スピリッツの主要種ウォッカ。
ウォッカはロシアやウクライナなどの東欧、スウェーデンやノルウェーなどの北欧国、ポーランドやスロヴァキアなど中欧国で主に製造されている蒸留酒です。原材料は大麦や小麦、ライ麦、ジャガイモなどの穀物で、蒸留後白樺の炭で濾過して作るため、ほぼ無味無臭無色なのが特徴です。
現代の大半のウォッカの銘柄の成分はほとんどが水とエタノールであるため癖が少ない。ロシア・東欧圏ではそのまま飲まれることが多く、それ以外の地域ではカクテルの材料に使われており、他の飲料と混ぜて飲むことが多い。ポーランドでは昔からウォッカをミネラルウォーターやジュースで割って飲まれています。
ウォッカは使われている原材料により分かれます。ライ麦原料のものはポーランド産が多く、色々な穀物を原料としたものはグレーンと呼ばれています。小麦をメインとしたものはロシア産とスウェーデン産に多く、大麦原料はフィンランド産が多い。他には、穀物以外のものを原料にしたものも存在します。ミルクやフルーツ(ポーランド産、アメリカ産に多い)、じゃがいも、ビート、モラゼス、フレーバードなど。

ロシア産ウォッカの主な銘柄は世界No.1の販売量を誇るプレミアム・ウォッカのスミノフ、ロシアン・スタンダード、バルティスカヤ、ストリチナヤなどです。
フィンランド産はフィンランディア 、コスケンコルヴァ、スウェーデン産はアブソルートやレベル、スヴェードッカ、ノルウェー産はVikingfjord、ポーランド産はズブロッカやアブソルベント、スピリトゥスなどがあります。

スピリッツの一種、ラム酒。ラム酒はサトウキビの廃糖蜜または絞り汁を原料として作られる蒸留酒で、原産地は西インド諸島と考えられています。サトウキビに含まれるショ糖を酵母でアルコール発酵させてエタノールに変えた後、蒸留・熟成して作ります。
ラムはそのままあるいはカクテルの材料として飲用に用いられています。それ以外に、ケーキやタルトなどの焼き菓子の風味づけにも多く用いられるほか、紅茶の香りづけにも使われています。またラムレーズンとしても用いられます。

ラムは色や香りの強さ、原料別製法で分類できます。色ではホワイト・ラム、ゴールド・ラム、ダーク・ラムに分けられます。ホワイト・ラムは活性炭などに通して濾過して作ります。ゴールド・ラムは薄い褐色をしており、樽熟成させて作られます。風味や香味は中間的なのがその特徴。ダーク・ラムは濃い褐色をしており、樽熟成させて作られます。風味や香味が強い傾向で、製菓に用いられます。
風味では、連続式蒸留器で蒸留する風味と香味の弱いライト・ラム、風味も香味も中間的なミディアム・ラム、単式蒸留器で蒸留する風味も香味も強いヘビー・ラムがあります。
醸造原料別の製法では、モラセスを原料とするインダストリアル製法、サトウキビの搾り汁を直接原料とするアグリコール製法があります。
そしてジン。ジンは大麦、ライ麦、ジャガイモなどを原料とした蒸留酒です。蒸留酒の中では比較的個性が強くないのがその特徴。西ヨーロッパでは古くから飲用されており、そのまま飲むだけでなく、カクテルの材料として最も多く使われています。
種類はドライ・ジンやジェネヴァ、シュタインヘーガー、オールド・トム・ジンなどがあります。ドライ・ジンはイギリスのロンドンが主産地のものです。ジェネヴァはオランダで作られているより原型に近いジンで、原料を糖化・醸造した液体に副材料を加えて、単式蒸留して作られています。シュタインヘーガーは生のジュニパーベリーを発酵して作られるドイツ産のジンで、ドライ・ジンより控えめな風味を持つのが特徴。オールド・トム・ジンは雑味を抑えるために砂糖を加えたジン。

ジンを使ったカクテルはたくさんあり、それを一部取り上げれば、ジン・トニック、ジン・ライム、トム・コリンズ、ホワイトレディ、ブルームーン、マティーニ、ピンク・ジンなどです。
主要銘柄はウィルキンソン(WILKINSON)やギルビーズ(GILBEY'S)、フランスのエギュベル(AIGUEBELLE)、ケンジントン(KENSINGTON)、ゴードンズ(GORDON'S)、シーグ

ラム(SEAGRAM'S)、ドイツのシンケンヘーガー(SCHINKENHÄGER)、ドイツのシュリヒテ シュタインヘーガー(SCHLICHTE STEINHÄGER)、ジェネヴァなどです。
最後にテキーラ。テキーラはメキシコ国内のハリスコ州とその周辺でアガベから造られる蒸留酒です。そのまま飲まれるほか、カクテル等の材料にも使われています。産地ではそのまま飲まれることが多い。

テキーラは原料によりテキーラ100%とテキーラに分類できます。テキーラ100%アガベは副原料を用いないものです。対して、テキーラはアガベと一緒に発酵させる副原料の使用は49%まで認められており、副原料も一緒に発酵させたものです。
熟成度では、次のように分類されています。ブランコは製造されすぐに瓶詰めされたもので、テキーラの風味や特徴がはっきり現るのが特徴。ゴールドはブランコと熟成されたものをミックスさせたもので、レポサドは2ヶ月〜1年未満樽で寝かせたもの。アニェホは1年以上またはレポサドよりも寝かせたもので、樽の香り付けなどでウイスキーと似た風味が特徴。エクストラ・アニェホは3年ほど寝かせたもので、価格は最も高い。
主要テキーラ銘柄はRancho La Joya ReposadoやCazadores、Azcona Azul、Blanco、Reposado、Añejo、Aguila Azteca、Blanco、Reposadoなどです。

スピリッツ・その他の代表的な料理

ウォッカはそのまま飲まれる以外、多数のカクテルのベースとして使われます。
そのカクテルの一種はカミカゼ。発祥地はアメリカとされており、材料はウォッカ、ホワイトキュラソー、ライムジュース。好みによりレシピを変えられる最もメジャーなカクテルのひとつです。
次はコザック。コザックはショートカクテルの1種で、名前は帝政ロシアの騎兵隊を意味します。作り方は分量のウォッカ、ブランデー、ライム・ジュース、シュガー・シロップをシェークして、カクテル・グラスに注げば完成です。ウォッカにブランデーと強そうなカクテルです。ライム・ジュースにはライムを絞ったものを使用するか、市販のジュースを使っても良い。

ジンベースのカクテルにいきましょう。ジンベースのカクテルといえば、ジン・トニック。ジン・トニックはジンをベースにしたカクテルの中で最もポピュラーなカクテル。世界的に人気のあるカクテルの一種で、透明色、中甘辛口のロングドリンク。材料はビーフィータージン、トニックウォーター。作り方は氷を入れたタンブラーに注ぎ、軽くかき混ぜ、ライムまたはレモンを飾るシンプルなレシピ。その味わいはバーやバーテンダーによって微妙に異なります。
ラムベースのカクテル、ラムトニック。ラムトニックはイギリスが発祥の地と言われており、世界各国で飲まれているとてもスタンダードなカクテルの一つ。材料はホワイトラムにトニック、お好みでライムかレモンで、この作り方がオーソドックスです。

最後に、テキーラベースのカクテルの代表、マルガリータです。甘味と酸味のバランスがとれたカクテルで、男女問わずあらゆる年代の方に好まれています。材料はテキーラ、ホワイト・キュラソー、レモン・ジュースかライム・ジュース、塩。作り方は、シェイカーに、テキーラ、ホワイト・キュラソー、レモンかライム・ジュースを入れてシェイクし、ふちに塩がつけられたグラスに注ぎます。冷たい方が美味しいので、グラスを冷やしてほうがいっそう美味しく感じられます。

食材【スピリッツ・その他】がよく使われている店

4大スピリッツと呼ばれるウォッカ、ラム、ジン、テキーラ。
これらはいわゆる蒸留酒で、高温で熱してつくられるアルコール度数が極めて高いお酒です。
4大スピリッツ、ウォッカ、ラム、ジン、テキーラの魅力を最大限に味わえる専門バーが全国にたくさんあります。そんなスピリッツが美味しいお店のご紹介です。

まずは京都府にある隠れ家的なウォッカ専門バーです。なんと世界中のウォッカをたった600円から楽しめることができます。
京都にある某店は相性抜群のラム酒とシガーに力を入れています。ラム酒で最もお勧めなのが3年以上熟成させた”ダークラム”です。味わいを最大限に楽しめるには、クラッシュアイスで飲むことでしょう。

札幌にはなんとテキーラ専門バーがあります。テキーラソムリエもついており、知識豊富なテキーラソムリエからテキーラを楽しみながら知識も堪能できます!。プレミアムテキーラを取り揃えており、その種類はなんと200種類を超えるとか。。。
現在のパスワード
新しいパスワード
パスワードの確認

パスワードを変更しました。


処理中です