トップページ > 全市場一覧 > 業務用 酒・飲料 > ミネラルウォーター・水

食らぶ市場のミネラルウォーター・水に関する仕入れ卸の情報

プロの料理人の方に卸業者が厳選した業務用食材を出品している食らぶ市場。こちらはミネラルウォーター・水卸業者によるオススメのミネラルウォーター・水が集まるページです。
ミネラルウォーターは大人気で、国内の消費量は増える一方。そのまま飲むのはもちろんのこと、お酒を割ったり、コーヒーを淹れたり、ご飯を炊いたり、料理に使ったり、麺類を茹でるのにも利用されます。また、非常用として置いておき、ときどき買い足しては古いものから使っていくという方も。食らぶでは、国内天然水、輸入ミネラルウォーターから炭酸水まで豊富にご用意しています。ミネラルウォーター・水の仕入れはこちらから。全国の業務用食材卸業者が様々な商品を出品しているので、仕入れコスト削減・新商品開発にお役立てください。

業務用ミネラルウォーター・水のカテゴリから探す

ビール・発泡酒
日本酒
焼酎
韓国酒
中国酒
果実酒
ワイン
ウィスキー
ブランデー
シャンパン・スパークリング
スピリッツ・その他
コーヒー
ミネラルウォーター・水
ジュース
お茶・紅茶

業務用ミネラルウォーター・水の売れ筋ランキング

業務用ミネラルウォーター・水の新着商品一覧

業務用ミネラルウォーター・水の新着ニュース

業務用ミネラルウォーター・水の新着出店会社から探す

ミネラルウォーター・水とは。(歴史・ウンチク)

長い年月をかけて、幾層もの地層をくぐりぬけ、その間に地層に含まれるミネラル成分を溶かし込んだ地下水をボトリングしたものがミネラルウォーターです。
古くから飲泉の習慣があったヨーロッパでは、17世紀にイギリスのマルヴァーンの水を瓶につめて販売したことがミネラルウォーターのはじまりとされています。19世紀以降になると瓶詰めのコストが低下したことにより、水道水よりも安全な水として普及しました。
現在、国産のものや輸入もの含めて本当に多種多様のミネラルウォーターが販売されています。ミネラルウォーターは年々売上を伸ばす傾向にあり、今やコンビニエンスストアなどの定番商品となっています。市販されているミネラルウォーターでは、各地の名水や大自然のイメージを前面に押し出しているものが多い。
現在、国内ミネラルウォーター生産量では山梨県が1位であり、つづいて静岡県が2位、鳥取県が3位となっています。数あるミネラルウォーターの中で、近年最も高いシェアを誇っているのは、サントリーの「天然水」です。このミネラルウォーターはどのコンビニやスーパーにも置いてあり、非常に多くの人に親しまれています。そして、日本コカ・コーラの「森の水だより」、キリンMCダノンウォーターズの「キリン・アルカリイオンの水」や「ボルヴィック」、ハウス食品の「六甲のおいしい水」、アサヒ飲料の「富士山のバナジウム天然水」、伊藤園の「エビアン」、サントリーの「コントレックス」の順になっており、これらの商品はいずれも高い人気を集めています。
ミネラルウォーターは軟水と硬水に分けることができます。水に含まれるカルシウム塩とマグネシウム塩の量の指標が一定水準より少ない場合を軟水、多い場合を硬水という。日本国内で産出されるミネラルウォーターは軟水のものが多く、ヨーロッパなどで産出されるものには硬水が多い。
世界的な定義では、その数値が60mg未満の場合は軟水、60~120mgは中硬水、120~180mgは硬水、180mg以上で非常な硬水となります。硬度の高い水ほどカルシウムやマグネシウムなどの栄養分が多く含まれるため、飲みごたえがあります。
硬水の効能はカルシウムやマグネシウムなどのミネラル成分が多く含まれており、栄養価が高いため、運動後の水分補給や栄養補給として飲むと健康に良いとされています。また、多量のミネラルが腸を刺激して便通を良くしてくれる働きがあります。
ダイエット効果も期待できます。マグネシウムには腸内の老廃物に水分を与え、便通を良くする効果があるからです。またカルシウムには、脂肪の吸収を抑えてくれる効果もあります。

硬水もその硬度により種類はたくさんあります。
ミネラルウォーターで一番飲みやすいのがエビアンです。エビアンはフランス産のナチュラルミネラルウォーターで、コンビニやスーパーなどで広く流通している最も有名なブランドの1つです。クセがなくすっきりとしているのが特徴。
そしてペリエ。ペリエは、フランスのヴェルジェーズで採水された天然のスパークリングナチュラルミネラルウォーターで、濃密で強く、刺激的な泡がもたらす爽快さがその特徴。
サンペレグリノ。サンペレグリノは、イタリアのサン・ペッレグリーノ・テルメで採水されたスパークリングナチュラルミネラルウォーターです。炭酸の泡がきめ細かで、味付けがしっかりとした料理と相性が良い。
硬水の一種ゲロルシュタイナーは、ドイツのアイフェル火山麓で採水された、ドイツで最も飲まれている天然のスパークリング・ナチュラルミネラルウォーターです。硬度が1,000を超える硬水ですが、意外と飲みやすい。

超硬水とされるコントレックスは、フランスのコントレックスヴィルで採水された天然のナチュラルミネラルウォーターです。硬度はなんと1,468。わずか500mlに牛乳瓶約1本分のカルシウムとアーモンド約9粒分のマグネシウムが含まれている、驚きです。ダイエットなどで飲まれている方も多い人気商品です。

ミネラルウォーター・水の代表的な料理

ミネラルウォーターとひとくちに言っても種類は多数。なので、ミネラルウォーターを料理や飲み物を作る際には、食材などの相性に合わせて水を選びましょう。

料理や飲み物にミネラルウォーターを使う場合、選ぶ基準として軟水か硬水かが重要になります。
軟水か硬水の区別はミネラルウォーターのミネラル成分の含有量によって決まります。
軟水か硬水かで、料理や飲み物の味が大きく変わります。

軟水を次のように料理に使うとグッドです。
軟水はお米を炊く水として使うと、お米がふっくらと仕上がります。
その他、野菜を煮る際に使うと、水が浸透しやすいためや野菜が柔らかく仕上がります。そして、出汁をとると繊細な旨みが引き出せる効果があります。

それでは硬水はどんな料理に使うといいのでしょうか。硬水をチャーハンやパエリアを作るときに使うとお米がパラパラに仕上がる効果があります。ほかには、牛肉を煮込むときに使うと、アクが簡単に抜けます。パスタを茹でるときに使うとコシのあるパズタに仕上がります。

そうしたら、飲み物コーヒーにはどんなミネラルウォーターがいいのでしょうか。
水に含まれるミネラル分はコーヒーの成分と反応しやすいです。カルシウムは苦みを抑えますが、マグネシウムは渋みを感じやすくします。

そのため、これらの成分を多く含む硬水でコーヒーを淹れた場合は酸味を感じにくくなります。対して、ミネラル分の含有量が少ない軟水は味への影響が少なく、コーヒー本来の持つ味が出やすいです。そのため、コーヒーには軟水がよいといわれています。
このように味覚への影響があるため、その違いや特徴を踏まえた上でお好みで使い分けたほうがいいでしょう。

食材【ミネラルウォーター・水】がよく使われている店

近年ミネラルウォーターが流行っており、軟水から硬水、炭酸水までさまざまなものが販売されています。

イタリアンやフレンチなど少し高級なレストランではミネラルウォーターやスパークリングウォーターが有料でも提供されることからよく仕入れらています。

このような流れの中、ミネラルウォーターの専門店も出現している昨今です。ー専門店、東京都内一等地にある某ミネラルウォーター専門店。
こちらには国産のミネラルウォーターはもちろん、アメリカやイギリス、イタリア、カナダ、ニュージーランドなど、世界各国のミネラルウォーターが60種近く取りそろえてあります。そして、軟水と硬水の種類もほとんどカバーしており、その品揃えは60種程度。

硬水と一口に言ってもその硬度はさまざま。これら数ある硬水も品ぞろえ豊富に取りそろえてあります。海外の珍しい輸入もののほか、高級ホテルやレストランなどでしか使われていない高級ミネラルウォーターまで豊富な品ぞろえ。
その他、買い物をしながら、ミネラルウォーターや水に関するさまざまな最新情報を得ることができます。そう、なんとこの店ではアクアソムリエが常駐しています!。ミネラルウォーターの使用方法は美容のために使うのか、あるいはダイエットのために使うのか、もしくは料理のためか、スポーツに適した飲料なのかでさまざまです。アクアソムリエから使うシチュエーションに合ったミネラルウォーターを教えてもらうことができます。

現在、ミネラルウォーター類で特保の認可を受けた商品はないですが、アルカリイオン水などといった、健康に良い等の機能を謳った機能水が販売されています。
日本では特に、原水の成分に無機塩添加などの調整を行っていないものは、ナチュラルウォーター・ナチュラルミネラルウォーターと呼ぶ。
現在のパスワード
新しいパスワード
パスワードの確認

パスワードを変更しました。


処理中です