トップページ > 全市場一覧 > 業務用 酒・飲料 > ジュース

食らぶ市場のジュースに関する仕入れ卸の情報

プロの料理人の方に卸業者が厳選した業務用食材を出品している食らぶ市場。こちらはジュース卸業者によるオススメのジュースが集まるページです。ジュース類は、そのまま飲むだけでなく、お菓子を作ったり料理に使ったりと、さまざまな形で利用されています。オレンジジュースならオレンジゼリー、オレンジシャーベット、鶏肉を煮ればお子様にも喜ばれるチキンのオレンジ煮。リンゴジュースならローストポークのリンゴソースなどなど。工夫次第でさまざまな楽しいお料理ができます。開封前なら保存がきくのもうれしいところ。種類豊富なジュース類の仕入れはこちらから。全国の業務用食材卸業者が様々な商品を出品しているので、仕入れコスト削減・新商品開発にお役立てください。

業務用ジュースのカテゴリから探す

ビール・発泡酒
日本酒
焼酎
韓国酒
中国酒
果実酒
ワイン
ウィスキー
ブランデー
シャンパン・スパークリング
スピリッツ・その他
コーヒー
ミネラルウォーター・水
ジュース
お茶・紅茶

業務用ジュースの売れ筋ランキング

業務用ジュースの新着商品一覧

業務用ジュースの新着ニュース

業務用ジュースの新着出店会社から探す

ジュースとは。(歴史・ウンチク)

ジュースとは、広い意味でコーラなどの炭酸飲料なども含めた甘いソフトドリンク全般をさします。
具体的には、果実ジュース、清涼飲料・スポーツドリンク、炭酸飲料などです。
果物や野菜の汁で作るジュース 。ここ数年、国内の果物ジュース生産量は微妙な増減を繰り返しながら横ばい状態で推移しています。果物ジュースの原料は海外からの濃縮還元果汁の輸入が多く、果汁入り飲料も多く生産されています。製造工程で野菜やフルーツの水分量を飛ばし、水で割って作ったものが店頭に多く並んでいます。
果物のジュースの材料として果汁が多く、甘みや酸味が強い果物が使用されています。リンゴジュースやオレンジジュース、グレープフルーツジュースなどの消費が多い。このほかにも、ブドウやモモなどをジュースに加工して販売することも多い。果物のジュースは1種類の材料をそのままジュースにして販売することが多いが、数個の果物を混合して作るミックスジュースも広く飲まれています。
対して、野菜・果物混合タイプを含む野菜ジュースの生産量は近年激増を続けています。ジュースというと、果物でできたジュースをイメージしやすいですが、健康ブームが広がる昨今、野菜ジュースの生産量が激増し、種類も多くなっています。グリーンスムージーやコールドプレスジュースなど、野菜を皮ごとジュースにして飲むなど、野菜を皮ごと食べる方も増えています。近年は、野菜ジュースは補助食品でオールマイティに栄養が摂れるとして人気が高い。そんな野菜ジュースには、野菜・果物混合ジュース、野菜のみのジュース、トマトジュースがありますが、野菜ジュースで最も消費量の多いのはトマトジュースです。トマトはそのままジュースにされることが多い。多くの野菜ジュースはいくつかの材料を混合してミックスジュースにされています。その中で、果物と野菜を混合して、野菜・果物ジュースにすることが非常に多いです。
主なジュースメーカーは、ドール・フード・カンパニー(Dole)、サンキスト(Sunkist)、ミニッツメイド、アップルタイザー(Appletiser)、ポッカコーポレーション(ポッカレモン)などです。
清涼飲料&スポーツドリンク。清涼飲料水とは、アルコール分を含まないあるいはアルコール分1%未満で、味や香りがある飲料水です。食品衛生法質疑応答ハンドブックでは、「トマトジュース、濃縮ジュース、凍結ジュース、ソーダ水、タンサン水、コーラ類、ジンジャエール、ミネラルウォーター、豆乳、ガラナ飲料等々およそ飲料はすべて清涼飲料水に該当する」と例示されています。
スポーツドリンクは、運動や日常生活などで発汗によって体から失われた水分やミネラルを効率良く補給する効果のある清涼飲料です。スポーツの際に失われがちなマグネシウム・カルシウムといったミネラル分や、運動時に筋肉中に蓄積される乳酸の分解を助け回復を促すクエン酸、疲労回復作用のあるブドウ糖やショ糖を含んでいます。近年、各種アミノ酸類やビタミン類を添加したものも多く出回っています。
国内上位3スポーツドリンクブランドはアクエリアス、ポカリスエット、DAKARAで、市場の大多数を占めています。その他のブランドとしては、コカ・コーラのパワーエイド、アミノバリュー、Wアミノバリュー、大塚製薬のエネルゲン、ダイドードリンコのスピードアスリート、VAAM、ヴァームウォーター、アミノバイタルウォーター、アミノサプリ、サントリーフーズのDAKARAなどがあります。
炭酸飲料は炭酸を含んだ清涼飲料水です。炭酸飲料の主要ブランドは、オロナミンCドリンク、レッドブル、ロックスターなどの炭酸入り栄養ドリンク、クリームソーダ、コーラ、サイダー、ジンジャーエール、スパークリング・コーヒー (炭酸入りのコーヒー)、ソーダ水、ティー・ソーダ (炭酸入りの紅茶)、ドクターペッパー、トニックウォーター、メロンソーダ、ラムネなどです。
清涼飲料国内メーカーはアサヒ飲料、キリンビバレッジ、日本コカ・コーラ、ダイドードリンコ、サントリーフーズです。

ジュースの代表的な料理

ジュース類はそのまま飲まれるのが多いですが、それ以外の飲み方や使い方はたくさんあります。その一つはカクテルの材料にして使うことでしょう。
ジュース類はカクテルの基本や副材料としてよく使われています。ここでそんなジュースがふんだんに使われた、しかもノンアルコールカクテルをご紹介します!。お酒が苦手な人などには打ってづけのカクテル類です!。定番の人気カクテルから、女性でも飲みやすいカクテルまで、様々なものがあります。
まずはレモンソーダ。炭酸とレモン汁をミックスするだけの超シンプルなカクテルで、炭酸とレモンの爽快なコンビは夏にぴったり!。材料はレモン汁、炭酸水。作り方はグラスにレモン果汁を搾りいれ、搾った後のレモンと氷も上に入れる。その上から炭酸水を注ぎ、マドラーで混ぜて出来上がり。
次はノンアルコールカクテルの代表格シンデレラ。フルーティーな味わいを持つ女性にふさわしいカクテルです。材料はオレンジジュース、レモンジュース、パイナップルジュースで、分量は1:1の割合。作り方はすべての材料をシェイクし、カクテルグラスに注ぐだけ。甘いのが苦手の人はレモンの量を少し増やしたほうがいいでしょう。
ブシーキャット。フルーツたっぷりのフレッシュな味わいのカクテル。材料はオレンジジュース 、パイナップルジュース、グレープフルーツジュース同じ分量、グレナデン・シロップ小さじ3杯。作り方はシェークして、キューブ・アイスの入ったゴブレットに注ぎ、スライス・オレンジを入れて完成。
そして、南国の味ヴァージン・ピニャ・コラーダ。1970年代にニューヨークで大流行したカクテルです。材料はパイナップルジュース60ml、ココナッツクリーム適量、砕いた氷1カップで、作り方は、ブレンダーにパイナップルジュース、ココナッツクリームと砕いた氷を入れ、ブレンドした後グラスに注ぎます。

食材【ジュース】がよく使われている店

飲食店や喫茶店では様々なジュースが仕入れられています。
業務用ジュースとして、飲食店などの業者向けにもよく使われている代表格はオレンジジュースです。

清涼飲料水提供専用ミシンソーダ・ファウンテン向けの濃縮果汁シロップが業務用に広く使われています。
このシロップを水で割り、オレンジジュースやオレンジ果汁入り飲料を作って提供しているファーストフード店やファミリーレストランなどが多い。
また、バーなどでは、柑橘系の果実オレンジジュースはカクテルの副材料としてよく使われています。オレンジジュースは独特の酸味と甘み、柑橘類独特の香りを有することから、それを生かしたものが多数存在します。そして果皮は主に装飾や香り付けに利用されます。
カクテルの材料としては、安価な濃縮還元オレンジジュースのほか、絞りたての果汁も使われています。基本的にはオレンジジュースは果汁100%のものが多く用いられます。また、オレンジジュースを単独で用いるだけではなく、他の果実の果汁と混合して用いるケースもあります。
現在のパスワード
新しいパスワード
パスワードの確認

パスワードを変更しました。


処理中です