トップページ > 全市場一覧 > 業務用 菓子・パン・デザート材料 > パン・ピザ

食らぶ市場のパン・ピザに関する仕入れ卸の情報

プロの料理人の方に卸業者が厳選した業務用食材を出品している食らぶ市場。こちらはパン・ピザ卸業者によるオススメのパン・ピザが集まるページです。
パン・ピザは焼きたてが命。ふっくらと香ばしい焼きたてパンは、それだけを食べてもおいしいもの。簡単なランチプレートでも手作りの焼きたてパンがあれば贅沢な気分に。また、焼きたてピザのとろけるチーズはやみつきになるおいしさです。食らぶでは、パン・ピザ作りに欠かせない粉類から、手間なくおいしいパン・ピザが焼ける冷凍生地、冷凍パンまで幅広く取り揃えています。パン・ピザの仕入れはこちらから。
全国の業務用食材卸業者が様々な商品を出品しているので、仕入れコスト削減・新商品開発にお役立てください。

業務用パン・ピザのカテゴリから探す

デザート・菓子
製菓材料
パン・ピザ
ジャム はちみつ

業務用パン・ピザの売れ筋ランキング

業務用パン・ピザの新着商品一覧

業務用パン・ピザの新着ニュース

業務用パン・ピザの新着出店会社から探す

パン・ピザとは。(歴史・ウンチク)

今や、日本人の食生活に欠かせない食品となったパン。
パンはみなさんがご存知の通り、小麦粉やライ麦粉などに水、酵母、塩などを加えて作った、生地を発酵させた後に焼いた食品です。パンという名前はポルトガル語からきています。
われわれが食べる発酵パンが誕生したのはエジプトといわれています。

パンは膨らませるパンと膨らませないパンとに大きく分けることができます。パンを膨らませるためには、酵母、種、膨張剤が使われています。
一般的に使われているものは酵母です。膨らませないパンは無発酵パンと呼ばれており、生地を薄くのばして焼いたパンで、中東やインドなどの地域で盛んに食べられています。
一般的にパンの生地に使用される粉類は小麦粉やライ麦粉、オオムギ粉、麦芽粉、トウモロコシ粉、エンバク粉、米粉などです。うち、最も一般的に使われているのは小麦粉です。
その理由は小麦粉に含まれるグルテンが水でこねると粘りが出るほか、さらに酵母で発酵させると柔らかくて美味しいパンが作れるからです。

世界各地では様々な粉類がパンの材料として使用されています。例えば、ブラジルのポン・デ・ケイジョにはキャッサバ粉、メキシコ特有パントルティーヤにはトウモロコシ粉、エチオピアのインジェラにはテフの粉などです。近年、日本では米粉パンの利用が増加しています。
パン作りに主に使用される小麦粉は強力粉です。強力粉にはグルテンがより多く含まれるため、生地がよく膨らみ、結果ふっくらとしたパンができるためです。
パン作りに必要な材料は酵母。小麦粉発酵パンの必須材料です。パン作り酵母は基本的に工業生産酵母と天然酵母があります。さらに、工業生産の酵母は生、ドライ、インスタントに分けることができます。天然酵母にはコメと麹で作る酒種やホップ種、ヨーグルト種、レーズン種など、様々な酵母が存在します。
パンには上記の基本材料以外にも、砂糖や鶏卵、牛乳、バター、オリーブオイル、ラード、ショートニングなどの副材料も使用されます。それらはパンの味や風味、仕上がりに大きな影響を及ぼします。また、ナッツ類、ドライフルーツ、ジャム、肉類、チーズ、生クリーム、豆類、野菜類、各種調味料などがパンのトッピングとして、また具として使用されるする場合が多い。

工場で作られるパンには添加物として炭酸水素ナトリウムやソルビット、乳化剤、イーストフード、臭素酸カリウム、アスコルビン酸、グリシン、タンパク質、着色料、増粘多糖類などが使用されています。
近年、工場などで冷凍パンも製品として作られ、出荷されています。冷凍パン生地とはパンを作っている途中のものを冷凍したものです。スーパーなどで売られているこの生地をすぐに解凍して、ご家庭などでいつでも、手軽に焼きたてパンを作ることができます。世の中はこれだけ便利になっています。

イタリアで生まれ、世界的に広く食べられている料理、ピザ。
ピザは日本を含む世界各地ではなじみのある、広い層に人気のある料理です。

日本などの先進国では、家庭向けの冷凍ピザからレストランやピザ専門店などの飲食店で提供されたりするほか、注文式の宅配サービスもあります。
ピザには数多くのレシピが存在します。当該地域の素材を取り込んだものも誕生しています。また、好みによって様々な食材が選択可能なのがその魅力の一つです。
ピザは地方や具材、形状によってマルゲリータやマリナーラ、ナポレターナ、ビスマルク、ナポリピッツァ、ピッツァ・ナポレターナ、カルツォーネなど、様々なものがあります。

ピザに一般的に使われる材料はチーズやトマトソース、ホワイトソース、マヨネーズ、野菜、バジリコ、アーティチョーク、オリーブ、ニンニク、ピーマン、タマネギ、トマト、マッシュルーム、ホウレンソウ、パイナップル、肉類、魚類、ハム、ソーセージ、ベーコン、ペパロニ、チキン、アンチョビ、エビ、イカ、ハマグリなどです。
近年本格そのもののピザが冷凍食品として市販されるなど、ピザはますます一般食品として定着しつつあります。

パン・ピザの代表的な料理

まずはパンから。日本で生まれたパンを紹介していきます。その代表はメロンパン。でき上がりの見た目がメロンの皮のように見えることから、またメロンエッセンスを追加しているところからその名がついたといわれています。パン生地にクッキーの生地をのせて焼いたパンです。

次はカレーパン。パン生地にカレーを入れ、パン粉を付けた揚げパンです。そしてあんパン。詰めののあんにはこしあんと粒あんが使われています。
クリームパン。中村屋で開発されたパンで、シュークリームの美味しさと風味が良い味わいをかもしだしています。その上、栄養価も高く、子供には人気のパンです。
今度は代表的な人気ピザにふれていきましょう。王妃の名前がついたマルゲリータです。名前が一番知られている大変ポピュラーなピザですが、トッピングはトマトとモッツァレラチーズ、バジリコです。
次は目玉焼きとベーコンがコンビ役を果たすビスマルク。基本的にはモッツァレラチーズとベーコンピザに目玉焼きを乗せたものです。その食べ方は真ん中の目玉焼きの黄身をつぶし広げて食べます。熟玉子が好きな方にはピッタリなピザです!
最後に、変わりもののピザ一つご紹介します。なんとチョコレートピザです。チョコレートの国ベルギーだけあって、これはなんとなく納得できます。その名はヘブンリー・ハニーカム・チョコレートピザ。トッピングはミルクチョコレートとホワイトチョコレートにハニーカムボールとバニラファッジです。完全なハンドメイドなんだとか。贈り物に打ってつけです!

食材【パン・ピザ】がよく使われている店

パン・ピザが使用される店は数多くあります。
パン・ピザの専門店以外でも、業務用のパン・ピザとして手軽に使えるものを仕入れているレストランも近年では多く見られます。

一般消費者や企業消費者向けにパンやピザ生地を販売するスーパーマーケットやコンビニなどの流通店や一般のお客様に最終商品のパンやピザを提供するパン屋やピザデリバリー専門店をはじめ、西洋料理店やイタリアンレストランなど多数です。

パン屋のピザパンやコンビニのトルティーヤなど、日本生まれの特有ピザもあります。
宅配サービスを行うドミノピザやピザーラ、ピザハットなどのピザ専門店も存在します。
日本国内には、他にはないその店特有の珍しいパンを提供する店がたくさんあります。
また、特殊のサービスで客を引いているパン屋も存在。
なんとパン食べ放題の店も多数存在します。
因みに、日本の主要ピザメーカーは日本ハムや、伊藤ハム、明治ホールディングス、マルハニチロ、トロナジャパンです。
現在のパスワード
新しいパスワード
パスワードの確認

パスワードを変更しました。


処理中です