トップページ > 全市場一覧 > 業務用 乳製品・卵 > 牛乳・ヨーグルト

食らぶ市場の牛乳・ヨーグルトに関する仕入れ卸の情報

プロの料理人の方に卸業者が厳選した業務用食材を出品している食らぶ市場。こちらは牛乳・ヨーグルト卸業者によるオススメの牛乳・ヨーグルトが集まるページです。
牛乳は、飲んでよし、お菓子作りによし、料理に使ってよしの万能選手。クリームシチューやグラタン用のホワイトソースには、パルミジャーノチーズや生クリームを入れると絶品に。牛乳プリンや杏仁豆腐も牛乳から作れます。また。最近では牛乳の代わりに豆乳を使うのも流行中。ヨーグルトは、さまざまな健康効果が期待されて、特に女性に人気があります。牛乳、豆乳、生クリーム・ホイップ、ヨーグルトの仕入れはこちらから。
全国の業務用食材卸業者が様々な商品を出品しているので、仕入れコスト削減・新商品開発にお役立てください。

業務用牛乳・ヨーグルトのカテゴリから探す

牛乳・ヨーグルト
チーズ
バター・マーガリン

業務用牛乳・ヨーグルトの売れ筋ランキング

業務用牛乳・ヨーグルトの新着商品一覧

業務用牛乳・ヨーグルトの新着ニュース

業務用牛乳・ヨーグルトの新着出店会社から探す

牛乳・ヨーグルトとは。(歴史・ウンチク)

ミルクといえば、牛乳だけではなく豆乳、アーモンドミルク、ココナッツミルクなどいろいろありますが、今回は牛乳と豆乳、それで作れる乳製品について紹介しましょう。

私たちの食生活の中で当たり前のようにある牛乳。
牛の乳汁です。牛乳を食物として利用し始めたのは紀元前9000年−8000年の頃で、日本には6世紀頃から伝わってきたと言われています。
日本では白黒模様のホルスタインと呼ばれる種類の牛の乳牛が99%使われています。牛乳には、タンパク質、カルシウム、脂肪、必須アミノ酸などが豊富に含まれた栄養飲料です。大豆製品と比べて、カルシウムと鉄の量は大きく、100グラム当たりに110mgあります。牛乳を成分調整することで、低脂肪牛乳と無脂肪牛乳を作っています。

低カロリーでダイエットに嬉しい飲料の豆乳はゆでた大豆をすりつぶして絞って作ります。豆乳は豆腐などの固形より液体のため消化吸収しやすいので、大豆の栄養成分を効率よく消化吸収してくれます。栄養成分としてビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2が豊富に含まれます。これらのビタミンは、美肌効果や皮膚の維持が期待できて、血行促進、肩こり改善などにも効きます。市場に販売されている豆乳は3種類あり、成分無調整の豆乳、調製豆乳、果実入りなど豆乳です。

乳製品の代表である生クリームとホイップクリームはケーキやお菓子、料理によく使いますが、その違いは分かりますか。大きく分けて4つの違いがあります。原料、味、賞味期限、泡立ての違いです。生クリームは牛乳から取った植物性の脂肪分を原料にして作るのに対して、ホイップクリームは動物性か植物性を原料にして作ります。前半の法が濃厚でコクで、後半はさっぱりとした味わいです。賞味期限は生クリームの方が短く10日ほどです。泡立ちは滑らかなさらっとしたホイップクリームとは違って、粘り気が強いです。

最後に腹に優しく、健康や美容に良さそうなイメージを持つヨーグルト。牛乳に乳酸菌や酵母を混ぜて発酵させて作ります。栄養として、牛乳から取れる良質のタンパク質やカルシウム、ビタミンB2などがそのままヨーグルトに豊富に入っています。栄養価は変わりませんが、形状により5つの種類に分類されます。砂糖や香料が一切加わっていないプレーンヨーグルト、甘みや果汁が入っているプリン状のハードヨーグルト、滑らかなソフトヨーグルト、アイスクリーム状のフローズンヨーグルト、飲みやすい状態のドリンクヨーグルトです。

牛乳・ヨーグルトの代表的な料理

栄養満点な牛乳を使って、明太子クリームパスタを作りましょう。
生クリームを使ったレシピは濃厚で、美味しいですが、牛乳でも代用できます。
鍋の塩を入れて、パスタをゆでます。フライパンにバターと牛乳を入れて煮立てたら、明太子とマヨネーズを加えてとろみがつくまで弱火で煮ます。茹で上がったパスタを絡めたら完成。作るときのポイントは牛乳とバターは室温に戻しておいてから、火にかけると失敗なしのパスタができます。コクのある和風パスタです。濃厚な味が好きな人は生クリームで作ってもOKです。

豆乳を使ったドリンクレシピはいっぱいありますが、ここでは豆乳で作るスイーツをご紹介します。卵を使用しない、豆乳入りヘルシープリンです。鍋に豆乳、粉寒天、メープルシロップ、塩を入れて中火で煮て、沸騰したら弱火におとし、寒天を溶かします。水で溶いた葛粉をまわし入れ混ぜ、ふつふつとなるまで煮たら、バニラエッセンスを加え、火を弱め、あら熱がとれたら器に注ぎ、冷蔵庫で冷やしておきます。その間に鍋にラズベリージャムとリンゴジュースを入れて中火で煮ます。粗熱がとれたら、冷えた豆乳プリンの上に注ぎ、さらえに冷蔵庫で冷やし固めて仕上がります。フルーツジャムを添えることで、自然で優しい甘さが加わってより美味しくなります。ダイエット中の方はカロリーを気にせずに食べるデザートです。

最後に飲むのはもちろんですが、料理にもぜひ活用していただきたい牛乳消費レシピです。栄養満点で優しい味の野菜たっぷりのミルクスープのご紹介です。鍋にバターをひき、ジャガイモ、大根、人参、玉ねぎ、ベーコンを炒め、スープの素と水を加えて煮立てたらキャベツを入れて弱火で煮ます。牛乳を加えて、煮立つ直前に火を止めて、塩こしょうで味を調え、仕上がりにドライパセリを振って完成。作り方はとても簡単なので、朝食や夜食にも楽しめます。

食材【牛乳・ヨーグルト】がよく使われている店

牛乳や豆乳はあらゆる飲食店で活用されているため、多くの飲食店、それもカフェを中心に仕入れられています。
カフェや喫茶店のカフェラテ、カプチーノ、モカなど飲料には牛乳と豆乳は両方使用されています。

最近は、健康に気をつける人が増す傾向を配慮して、飲食店も牛乳代りに豆乳を利用するようになってきています。
寒い冬には、カフェに寄ってハニーミルクやホイップクリームがのっているホットココアで体を暖めるのもいいでしょう。

イタリアンレストランの人気メニューはやっぱりパスタ。中でも、牛乳を活かした濃厚クリームソースのカルボナーラやパッパルデッレ、ラザーニャなどのクリームソース料理が絶品です。チーズがとろけるクリーミーなパスタにやや辛口の白ワインが相性良いです。デザートにぷりぷりのプリンはいかがでしょうか。
現在のパスワード
新しいパスワード
パスワードの確認

パスワードを変更しました。


処理中です