トップページ > 全市場一覧 > 業務用 農産乾物・海産乾物・缶詰 > 缶詰・瓶詰

食らぶ市場の缶詰・瓶詰に関する仕入れ卸の情報

プロの料理人の方に卸業者が厳選した業務用食材を出品している食らぶ市場。こちらは缶詰・瓶詰卸業者によるオススメの缶詰・瓶詰が集まるページです。
すでに調理されて、味もしっかりしみ込んでいる缶詰。旬の素材を新鮮なうちに缶に閉じ込めているので、味も栄養もぎゅっと詰まっています。缶を開ければそのまま食べられるお手軽さ。長期保存も可能で価格も手頃といいことずくめです。おなじみのサバやスイートコーンなどの水煮缶は、幅広いお料理にアレンジ可能。食らぶでは、野菜缶、フルーツ缶、水産缶、畜肉缶、瓶詰など豊富に取り揃えています。缶詰・瓶詰はこちらから。
全国の業務用食材卸業者が様々な商品を出品しているので、仕入れコスト削減・新商品開発にお役立てください。

業務用缶詰・瓶詰のカテゴリから探す

農産乾物
海産乾物
缶詰・瓶詰

業務用缶詰・瓶詰の売れ筋ランキング

業務用缶詰・瓶詰の新着商品一覧

業務用缶詰・瓶詰の新着ニュース

業務用缶詰・瓶詰の新着出店会社から探す

缶詰・瓶詰とは。(歴史・ウンチク)

缶詰や瓶詰め、一般に水分の多い食品を金属缶や瓶に詰めて密封した上で微生物による腐敗や変敗を防ぐために加熱・殺菌した保存食の一種です。
19世紀初期にフランスで長期保存可能な瓶詰めが発明され、その後数年後金属製容器に食品を入れる缶詰が発明されました。1812年に、イギリスに世界初の缶詰工場が建設され、19世紀末に缶詰の生産が軌道に乗り、高い品質の製品が現れ始めました。日本で本格的な生産が始まったのは1877年だとされています。
缶詰は中の微生物を高熱で殺菌してあるため、殺菌剤や保存料は使用されていませんが、どんな食品でも保存できるわけではないです。業務用のものでは18リットル程度の大型のものも出荷されており、主に食用油や液状の調味料などの食材を封入されています。缶詰は基本的に調理済みなので、開けてすぐそのまま食べることができます。水戻しした大豆やヒジキなどに液体を加えず高真空状態で密封したものはドライパック缶という。
缶の素材は主にアルミニウムで、アルミ缶と呼ばれています。缶詰は瓶詰めと異なりいったん開封すると再び蓋を閉める事ができません。缶詰食品は独特の味わいがあるため、デザートにフルーツ缶をあえて用いる例が多いです。
缶詰の長所は長期保存に適しているところ、内容物を効率よく加熱・殺菌・冷却できるところ、扱いしやすいところ、原料を大量に買い付けて加工・保存しておくことができるところ、調理の手間も省けるといったところで経済的です。また、それ以外の長所としては、主食・副食・デザートなど種類も多く、外国産の食材やシーズン外の食材をいつでも食べれて、栄養価の損失が少ないところです。
缶詰商品は水産缶詰、農産缶詰、食肉缶詰、調理缶詰などに分けることができます。水産缶詰ではマグロ・カツオ、サケ・マス水煮、サバ、イワシなどの魚類缶詰; カニ水煮缶詰などの甲殻類缶詰; ホタテ貝柱、赤身味付、アサリ水煮などの軟体類缶詰; ヒジキ味付、ヒジキドライパック、コンブ味付などの海藻類缶詰があります。
農産缶詰では、柑橘類、モモシラップ漬、パインアップルシラップ漬、ラ・フランスシラップ漬、サクランボシラップ漬などの果実缶詰、トマト、スイートコーン、タケノコ水煮、アスパラガス水煮などの藷菜類やマッシュルーム水煮、ナメコ、エノキ茸、シメジ、しいたけなどの野菜缶詰、豆類缶詰、米飯などの穀類缶詰があります。
食肉缶詰では、コンビーフ、牛肉大和煮、ソーセージ、ハム、豚肉大和煮、馬肉味付、豚もつ水煮、ピクルドポーク、スモークビーフタンなどの食肉缶詰や鶏肉油漬、鶏肉味付、七面鳥調味料漬、やきとりなどの食鳥缶詰、うずら卵水煮などの卵類缶詰が含まれます。 

調理缶詰もあり、これにはビーフカレーやビーフシチュー、ハヤシビーフなどの食肉調理品; パスタソース類、調理用ソース類、めんつゆなどのソース類缶詰; 洋風スープ、中華スープ、和風スープ、その他のスープなどのスープ類缶詰; いなり寿司の素やのり巻の素などの飯類の素などが含まれます。

瓶詰め製品はジャム類、フルーツソースなどのデザート類、オレンジ、グレープフルーツ、ぶどう、りんごなどの果実飲料、トマトジュース、にんじんジュースばなどの野菜飲料の他、ベビーフード(野菜・果物類、米飯類)や流動食、介護用食品などたくさんあります。
近年の缶詰の消費量はレトルト食品などの売り上げの伸びにより若干減少傾向にあります。
因みに、2015年に入ってからある種のビン詰めグルメがブームとなっています。その代表格はメイソンジャー・サラダです。これはニューヨークでトレンドとなっているビン詰めサラダです。このサラダに利用される保存瓶は“メイソンジャー”と呼ばれており、この保存瓶に好きな野菜や豆類、フルーツ、ドレッシングを詰めるだけのジャーサラダは、冷蔵庫で4~5日程度新鮮なままで保存できる忙しい人でも毎日おいしいサラダが楽しめちゃうサラダです。見た目のかわいさに加えて、保存も調理も、そして持ち運もラクなカラフルでワクワクするようなメイソンジャーサラダの数々。食べるときは、ジャーごと振ってドレッシングを全体になじませてから、そのまま食べてもいいし、別の食器に移してもいい。


缶詰・瓶詰の代表的な料理

市場にはフルーツ缶詰から食肉缶詰まで本当にありとあらゆる缶詰商品が出回っています。
飲食店でも業務用の缶詰を中心に様々な缶詰を仕入れてアレンジした料理も提供されています。

その缶詰を使った料理を一挙ご紹介しましょう。

まずは缶詰めフルーツを使ったデザート。使う材料は市販のベビーパイン缶詰とデザートアロエ缶詰め、そしてキウイ、りんご、いちご、オレンジ、ミント。ベビーパインとアロエはシラップをきり、角切りのキウイとりんご、一口大の オレンジ、2~4つ切りのいちごをお皿に彩り良く盛り合せ、最後にミントを飾る。美味しくて、色鮮やかなデザートです。


次は大根ツナサラダ。具は大根、塩、ツナ缶、胡椒、マヨネーズ、しょうゆ。市販の缶詰で美味しくできちゃう大根たっぷり簡単サラダです。軽く塩をふり全体になじませたら15分くらい置いてから水気を切った千切りの大根とマヨネーズ、こしょう、しょう油でよく混ぜた油ごとのツナソースと絡めます。
そして、さば水煮缶のお味噌汁。味噌汁の具はさばの水煮缶、生しいたけ、万能ネギ、だし昆布、味噌、水。鍋に水と昆布を入れて10分程おいてから火にかけ、沸騰したら3分程で昆布を取り出します。それに1cm厚の生しいたけを入れ、火が通ったら3cmの長さの万能ネギ、さばの水煮缶を汁を除いてほぐしながら入れます。いつものお味噌汁にさばの水煮缶を入れるだけで、魚のいいだしが簡単に出ておいしい一品です。
最後に瓶詰めウニのクリームスパゲッティ。具材はパスタやにんにく、唐辛子、オリーブオイル、瓶詰うに、昆布だし、スジャータホイップ、白コショウ、水、塩。オリーブオイルでにんにくと輪切りの唐辛子を炒め、辛みがオイルに移ったら唐辛子を取り出し、パスタのゆで汁をお玉1杯入れて、振って乳化させます。ゆで上がったパスタをフライパンに投入し、瓶詰うに、スジャータホイップ、白コショウ、昆布だしを入れ、そのまま手早く混ぜます。盛り付けに海苔をのっければok。ウニと昆布だしがほどよく調和して美味しいです。

食材【缶詰・瓶詰】がよく使われている店

なんでも缶詰にしちゃうこの時代。缶詰食品を思い通りに操るチェーン店が日本にあるという。
そう、おつまみやおかずの缶詰をとりそろえた缶詰専門のお店です。

そのコンセプトは缶詰とお酒が楽しめるお店!
日本最大の缶詰バーで、オリジナル缶詰から日本産缶詰、そして世界各国の缶詰を取り揃えており、珍しさや懐かしさといった様々な楽しみ方ができます。
商品ラインナップはなんと300種類以上で、多種多様な缶詰の味を楽しむことができます。
同店が独自開発しただし巻き缶詰や激辛カレー缶詰などのオリジナル缶詰が話題をよんでいます。
その中でだし巻き缶詰は一番人気の商品です。ふっくらとした食感、京風本格だしの美味しい味付け、そして美しい形。。。あっさりとしながら、しっかりとした風味が口に広がる人気の商品です。
現在のパスワード
新しいパスワード
パスワードの確認

パスワードを変更しました。


処理中です