トップページ > 【完全保存版】食べやすくておしゃれなサラダ野菜特集!

【完全保存版】食べやすくておしゃれなサラダ野菜特集!

和食、洋食、中華料理、どの料理のお店でもサラダの準備は怠れません。ここでは、食べやすくて、ちょっとおしゃれなサラダ野菜と盛り付け方をご紹介します!
 

1 おしゃれなサラダ野菜の種類

やはり、お客様からすれば、せっかく外食でいただくサラダですから、日頃、スーパーマーケットで目にするような野菜ではなく、少しオシャレ感のある珍しいサラダ野菜にも出会いたいものです。一般家庭では、あまりなじみのない野菜をいくつかご紹介します。

 

グラスジェムコーン

2010年頃から海外で話題になってきた美しすぎるトウモロコシです。着色も加工も一切していないのに、自然色の紫、赤、ピンク、緑、オレンジと 虹色に輝いています。ある農家がフェイスブックに掲載したことがきっかけとなり、世界中に広がりました。

 

ミラクルフルーツ

文字どおり不思議な果実で、果実自体に甘みはありませんが、次に食べた物を甘く感じさせる特徴があります。

この実を食べると、ミラクリン分子が舌の味蕾に結合し、次に食べた苦味や酸味のある食べ物を甘く感じさせます。この効果は30分から2時間ほど持続します。

 

イタリアンタンポポ

ピリッとした苦味がおいしいイタリアの高級サラダ野菜です。

レタスやキャベツなどの通常のサラダ野菜の一割程度の分量で混ぜ合わせるとサラダとして引き締まります。

 

ロマネスコ

フランスのブルターニュ地方などで1990年頃から大規模な栽培が行われ、流通が始まったサラダ野菜です。黄緑色で、形はブロッコリーに似ていますが、背が高めです。カリフラワーの性質を示す生育をしますが、味はブロッコリーに近いものです。

 

ランドクレス(ガーデンクレス)

ピッリとした独特の風味があり、別名ペパーグラスとも言います。

芽を出した頃から幼苗になる頃まで適宜に収穫することができ、サラダに適しています。

 

金糸うり(キンシウリ)

皮が黄色く、長さ20cm程度の楕円形をしています。茹でると果肉が見事に糸状にほぐれることから、「そうめんかぼちゃ」、「糸かぼちゃ」とも呼ばれています。ほぐした糸状の果肉はシャキシャキの食感があり、ほんのりと甘味があります。あっさりとした味わいで、クセがないので素麺や春雨のような感覚で食べることができます。

 

シャドークィーン

北海道農業研究センターで育成された新しい品種のじゃがいもです。皮から中の身までがきれいな紫色で、やや里芋に似た粘りのある食感を楽しめます。芽のくぼみが少なくて皮がむきやすいじゃがいもです。加熱しても鮮やかな紫色が残りますので、サラダにきれいな色を添えてくれます。

 

カステルフランク

バラの花のようにきれいなチコリーで、サラダなどの彩りに使うため、最近、イタリアで人気が上がってきている高級野菜です。

葉色が淡いクリーム色で、ところどころに鮮やかな紫色の模様が入っています。葉の質はレタスよりも緻密で、まろやかな独特の風味を持ち、サラダの味をより深めてくれます。

 

2 おしゃれな盛り付け方

サラダは、そのものがおいしいことが一番ですが、ただそれだけでなく、おしゃれに盛り付けてこそ、初めて仕上がりと言えます。ちょっとした工夫で美しい盛り付けに仕上げていきたいものです。

 

お皿

料理一般に言えることですが、サラダも赤、黄、緑の色彩豊かに添えると色合いが美しくなります。色彩美で見栄えがよくなります。

 

色彩をうまくアレンジすることで、お客様がいただく前から目にも楽しく、幸せ感が生まれます。

 

主役はサラダそのものなので、サラダを引き立てるお皿を選びましょう。四角や円形、時には変形と、お皿の形状にバリエーションをもたせることもよいと思います。盛り付けで気を配りたいのが、「高く盛る」ということです。サラダをただ平らに並べるのではなく立体感を持たせることで、野菜の活きのよさやおいしさを前面に出すことができます。また、一つのお皿の上にさらにいくつかの小皿をのせる“皿on皿”方式を使うと、高低差ができて美しく見えます。小さめのグラスを乗せることも立体感が出て効果的です。この方法は洋食の場合にストレートで使えますが、和食や中華でも大丈夫です。お皿に、花や葉、枝ものなどを添え季節感やナチュラル感を出すことができます。

 

グラス

細長いカクテルグラスやワイングラスを使うのもおしゃれです。中に入っているサラダ野菜が横から見えますので、野菜の色彩を層にしたり散りばめたりしていろいろなバリエーションを楽しむことができます。

 

ブーケサラダ

ブーケサラダとは、色彩豊かなサラダ野菜を花束のブーケのようにアレンジしたサラダのことです。いろいろなアレンジをお試しいただけます。

 

レタスなどのサラダ野菜そのものでラッピングすることやサラダ自体を花束のように盛り付けるなど、見た目がかわいくて食べるのがもったいない!と特に女性に人気が出始めています。

 

特にお客様が何かのお祝いでお店を利用するときになどに提供すると、お店のイメージアップも期待できると思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?ついついマンネリ化してしまうサラダの盛り付けに頭を悩ます方々が多いかと思います。ぜひ、ここでの情報を参考にしていただき、食べやすくておしゃれなサラダを作ってみましょう!

 

 

業務用青果のサラダ野菜の卸売市場はこちら

この記事がお役に立ったらぜひシェアをお願いします。
執筆者のモチベーションに繋がります。

飲食店の仕入れ担当者さまへ売上を上げたいとお悩みの食材卸業者さまへ

業務用青果の新着トピックス

  • 業務用青果
  • 業務用精肉
  • 業務用鮮魚
  • 業務用惣菜・加工品
  • 業務用 豆腐・練り物・麺類
  • 業務用 酒・飲料
  • 業務用 米
  • 業務用 菓子・パン・デザート材料
  • 業務用 乳製品・卵
  • 業務用 調味料
  • 業務用 農産乾物・海産乾物・缶詰
  • アウトレット市場
  • こだわり市場
  • 季節の市場
  • 少量市場
現在のパスワード
新しいパスワード
パスワードの確認

パスワードを変更しました。


処理中です