トップページ > 栄養たっぷりのパプリカを仕入れよう!料理次第で効果倍増!

栄養たっぷりのパプリカを仕入れよう!料理次第で効果倍増!

夏野菜として定着したパプリカは、日本に輸入が解禁されたのは1990年代と割と新しいものです。ピーマンと違って、肉厚で甘くておいしいと大変評判が高く、ピーマンが好きではない方にも大変好評の野菜です。

 

パプリカとピーマンの違い

意外かもしれませんが、パプリカとピーマンには少し違うところがあります。輸入が解禁されてから年数が浅いものなので、昔は卸でも扱っていませんでした。しかしながら現在では、カラフルな見た目がかわいいということで、たくさん仕入れをしているお店もあります。そこで、パプリカとピーマンの違いを少しあげていきます。日本では辛いものを「とうがらし」、辛くないものを「あまとうがらし」と、区別をしています。パプリカもピーマンも「あまとうがらし」の一種ですが、パプリカは輸入が解禁になり、一般市場に出回った歴史が浅いのでまだまだ区別がつきにくい点があります。見分けるポイントは、見た感じの大きさが大きくて肉厚なものがパプリカ、小さくて薄いタイプで小ぶりの大きさのものがピーマンです。

 

赤と黄色の栄養価は違いますか

 

パプリカには、赤と黄色の2種類があります。これらの栄養価は、他の野菜の栄養価が「平均で2倍」程度あるといわれており、赤いパプリカには、レモンやピーマンの2倍のビタミンCが含まれています。さらに、ピーマンの5倍のビタミンEが含まれています。黄色いパプリカでは数字は下がりますが、ビタミンの宝庫であることに間違いはありません。ちなみに、美容にも良く、いつまでも若さを保つ秘訣ともいえる栄養素、ビタミンPが含まれています。また効果として覚えておきたいのは、パプリカには色の違いにかかわらず、血流をよくする効果があるために、糖尿病や高血圧などの成人病の予防に効果的とされ、健康について気をつけたい方は、積極的に摂りたい野菜のひとつです。

 

かしこい選び方

パプリカは、ピーマンの選び方と同じく、へたの部分が黒いところは選ばないようにした方がよいといえます。表面にハリとつやがあり、赤や黄色がはっきりとしたカラフルな発色もポイントにしたいものです。また、持ったときの重量感は、水分がしっかりとつまっている証拠です。生で食べてもとても甘くておいしいうえに、シャキシャキした食感は果物のような舌ざわりでとても良いものです。表面の色が変わっていたり、ブヨブヨしはじめていたりするものを避けるように気をつけましょう。そうすると料理をするときに、アクセントとして輝きを増します。卸から買うときには、現物を見て、しっかりと手に持って決めていくと安心です。

 

おすすめメニューはありますか

 

南米大陸原産の野菜であるパプリカ。色の鮮やかさをいかすにはサラダが最も代表的とされますが、実は火に通してもしっかりと栄養価を著しく損なわずに料理することができます。たとえば、豚の生姜焼きにもたまねぎとパプリカをまぶしていくと、とても色あざやかな一品にも変わりますし、牛肉と一緒に赤と黄色のパプリカをまぶして、砂糖とお酒とみりん、しょうゆで味付けをすると定食の一品にも変身します。もし、酢の物がほしいとなれば、マリネにもなりますし、サラダにも加えたいときには、キャベツの千切りと一緒に和えて、ドレッシングをかけても色あざやかな副菜に変わります。栄養価の高いものですので、幅広い料理に応用できます。夏野菜ですので、季節を感じるのにも、さわやかな演出ができます。

 

パプリカにも体質が合う人と合わない人がいます

 

ピーマンに対して、体質に合う人と合わない人がいるように、パプリカにも体質に合う人と合わない人がいます。これは単純にピーマンが嫌いだからという理由ではなくアレルギー体質を持っていることで、実は症状の出ないパプリカでも、涙目になってしまったり、口がかゆくなったり、皮膚にぶつぶつが出てしまったりすることもあり得ます。料理方法では、火を通すことで防げるものですが、パプリカの成分とその日の体調によって、まれに体質に合わない症状が出やすいことがあります。もともと、アレルギーが出にくいパプリカですが、それでもおなかの調子が悪くなったりすることもあり得るのです。子どもの頃からピーマン自体が体質に合わない方は、少し気をつけていくとそんなにひどくはならないものです。

 

まとめ

 

健康によく、栄養価がたくさんあるパプリカですが、大人からみるととても新しい野菜ですので、意外と初めて目にする方も多くいるようです。こういった場合は、料理法として、パプリカの丸みを生かして飾るなどして、食べる人の目を楽しませることを考えて取り入れてみると、仕入れのときからの楽しみが増えていきます。特に赤い色は健康に役立つことが多いといわれる野菜類の中で、調理次第ではイメージが随分変わっていくのではないでしょうか。ビタミン類が多いパプリカを積極的にメニューに取り入れていくのも、魅力づくりのひとつの方法ですね。

 

 

業務用青果のサラダ野菜の卸売市場はこちら

この記事がお役に立ったらぜひシェアをお願いします。
執筆者のモチベーションに繋がります。

飲食店の仕入れ担当者さまへ売上を上げたいとお悩みの食材卸業者さまへ

業務用青果の新着トピックス

  • 業務用青果
  • 業務用精肉
  • 業務用鮮魚
  • 業務用惣菜・加工品
  • 業務用 豆腐・練り物・麺類
  • 業務用 酒・飲料
  • 業務用 米
  • 業務用 菓子・パン・デザート材料
  • 業務用 乳製品・卵
  • 業務用 調味料
  • 業務用 農産乾物・海産乾物・缶詰
  • アウトレット市場
  • こだわり市場
  • 季節の市場
  • 少量市場
現在のパスワード
新しいパスワード
パスワードの確認

パスワードを変更しました。


処理中です