トップページ > 白ねぎと青ねぎの違いは?仕入れに役立つ!市場で迷うねぎ種類解説!

白ねぎと青ねぎの違いは?仕入れに役立つ!市場で迷うねぎ種類解説!

飲食店関係者の皆様、こんにちは!業務用食材に関するお役立ち情報をお伝えしております『食らぶログ』編集部のワタベンです。さて、先日のことですが、飲食店運営初心者の方から「白ねぎと青ねぎって、そもそも何が違うんですか?」とご質問をいただきました。皆様はおわかりになりますか?

 

食らぶ君

確かに、ねぎって種類が多くて、それぞれの違いを認識しづらいよね。わけぎを普通に薬味ねぎとして使っていいか、迷う人もいるみたい…

今回は、ねぎの種類について解説していきましょう。白ねぎと青ねぎの違いをはじめ、わけぎ・あさつきの違いやブランドねぎのご紹介などをわかりやすくお伝えします。この記事を見れば、市場でねぎ通になれるかもしれませんよ!

 

白ねぎと青ねぎの違いとは?

ねぎはユリ科に属する葉物野菜です。市場には「白ねぎ」という表記がよく見られる一方、「青ねぎ」として流通しているねぎも豊富。また、「長ねぎ」として取引されているものもありますよね。ここでは、白ねぎと青ねぎの違いや、長ねぎ・葉ねぎ・万能ねぎなど、ねぎの呼び方と種類の関係性などについて解説します。

 

白ねぎと長ねぎは同じ

白ねぎと長ねぎは、呼び方が異なるだけで同じ種類のねぎです。これらのねぎは根深ねぎ(千住ねぎ)と言って、成長するにつれて白い茎の部分が伸び、伸びるごとに土寄せしながら栽培されます。寒冷地での栽培に適することも特徴として挙げられ、主産地は東日本です。

 

白ねぎの場合、主たる可食部はこの白い茎の部分ですが、茎を包み込むような表面の白い葉を葉鞘(ようしょう)といい、この部分が長く白いのが根深ねぎの特徴です。青い部分も食べられますが繊維がかたいので、だしやスープをとったり、食材の臭みを取るための香味野菜として用いられたりすることが多いパーツと言えるでしょう。

 

青ねぎは全体が可食部

白ねぎと青ねぎの違いは、栽培する時に葉の部分が伸びても土寄せをしないこと、葉の部分がやわらかく白い部分が少ないことから、成長したものの全体を食用とできることです。主産地が西日本に多いのも特徴的。主に葉鞘部を食べる白ねぎに対し、青ねぎは単純に葉を食べていることになります。

 

ちなみに市場でよく見聞きする葉ねぎという呼び名は青ねぎの別名です。ただし、同じような用途に使える小ねぎ万能ねぎとは別のカテゴリーのねぎとなります。その解説は次にお伝えしましょう!

 

万能ねぎ=青ねぎではない!

飲食店はさまざまな料理のトッピングや薬味にねぎを多用されることと思いますが、トッピングでも薬味でも、よく利用するのは青ねぎや万能ねぎなのではないでしょうか。ところで、青ねぎと万能ねぎの違いをご存知ですか?

 

万能ねぎとは、別名を小ねぎとも言い、青ねぎと同じような工程で栽培されるものの、特に若い段階で収穫されるもののことです。青ねぎよりもさらに細くてやわらかく、口あたりも優しく繊細なので、デリケートな食材や、あまりねぎの存在感を主張させたくないシーンで活躍します。

 

こうして見ると、ねぎっていろんな種類や呼び方があって、意外と知らなかった情報も出てきたんじゃないかな?ここからはさらに、わけぎとあさつきの違いやねぎのブランド名、ねぎの栄養情報なども解説しちゃうよ!

 

 

見た目そっくりねぎ!あさつきとわけぎはどう違う?

ねぎの仲間は白ねぎや青ねぎだけではありません。飲食店ではあさつき・わけぎといったねぎ類もよく登場しますよね。ここでは、意外と知らない人も多いあさつきとわけぎの違いを解説します。

 

あさつきはねぎの変種!

あさつき(浅葱)は、ユリ科に属するねぎの近縁種ですが、青ねぎよりもさらに細く、青い葉部分の中身が空洞となっているのが特徴です。寒さにめっぽう強く、主産地は東北を中心に東日本に偏ります。

 

あさつきはねぎの中でも、山間などで自生する希少な種類として知られ、独特の風味を持ちます。ねぎと同様に、薬味やトッピングに使用できるほか、ぬた和えやサラダに使っても美味。

 

あさつきを白身の刺身に添えて巻いて食べたりすることがありますが、これはあさつきの鮮やかな彩りを狙ったものだけでなく、強い殺菌作用を効果的に使おうというものです。あさつきには、糸ねぎ・せんぼんわけぎ・えぞねぎなどの別名があります。

 

わけぎはねぎと玉ねぎの雑種!

わけぎ(分葱)は、ねぎの中でも玉ねぎとねぎの雑種という変り種です。株元には若干、玉ねぎの名残のような形が見られます。非常にやわらかいうえ、ねぎ独特の臭気も弱めなので、ねぎが苦手なお子様などにもおすすめできます。

 

わけぎはクセが少ないねぎであるため幅広い調理に適しますが、薬味と言うには少しマイルド。どちらかと言うと、他のねぎにない甘みや食べやすさを活かし、大きくカットして和え物・酢の物・サラダ・麺類などにたくさん入れてみてはいかがでしょうか。生産地は西日本が中心です。

 

下仁田ねぎに九条ねぎ!基本のねぎブランド解説

ねぎには、全国各地のブランド銘柄種もいろいろあります。例えば群馬県の特産品である下仁田(しもにた)ねぎは、加熱するととろけるような舌触りとなり極上の甘みを楽しめるご当地ねぎとして、強いブランド力を持ちます。

 

また、京都府の伝統野菜である九条ねぎ(九条太)は、葉も茎もどちらも美味しい人気の品種です。甘みも香りも強い九条ねぎは株元からふんだんに枝分かれしており、葉の内側はよくぬめっています。九条ねぎとメニュー表記されているだけでご馳走感が出る、非常にブランド感のあるねぎと言えるでしょう。通称青ねぎ。

 

さらに、洋食ではおなじみのリーキもねぎの仲間です。フランス・イタリアではポアロ・ポッロなどと呼ばれることから、ポロねぎなどと呼ばれることも。リーキは白い部分をよく加熱して食べます。味・香り・食感も濃厚で、ホワイトソースなどにも負けないので、グラタンやポタージュ等におすすめです。

 

ねぎの特徴的な栄養素はアリシン!

ねぎは分類上は、青い部分のみ緑黄色野菜に入ります。青い部分にはカロテン・カルシウムなどが豊富であり、免疫力のアップや肌・目の健康維持に効果が期待できます。長ねぎに代表される白い葉鞘部分には、ビタミンCがたっぷり含まれていて、風邪予防や美肌作りにも効果的とされます。

 

ねぎから摂れるさまざまな栄養成分の中でも特徴的なのは、独特の香りにつながっている成分『アリシン』です。アリシンはにんにくなど香りの強い野菜などに多く含まれる香り成分ですが、強い抗酸化作用・殺菌作用があることで知られ、生活習慣病やガンなどの予防に効果があるのではないかという研究が進んでいます。

 

また、アリシンには代謝を上げるのに役立つビタミンB1の働きを高める作用や疲労回復効果などがあると言われ、ダイエットや肉体疲労が気になる方にもおすすめの成分です。

 

さらに、ねぎの豊富な食物繊維は腸内環境の整備も一役買ってくれそう。シーズンにはお手頃価格で仕入れることが可能なねぎは、たっぷりと使用することで来店されるお客様の満足度と健康に役立てましょう!

 

業務用ねぎのまとめ

今回は、白ねぎと青ねぎの違い、万能ねぎと青ねぎの違い、あさつきとわけぎの違いなどについて解説し、さらにねぎの品種・銘柄やねぎの栄養情報などもお伝えしてきましたが、お役に立つことはできましたか?

 

ねぎは料理に風味や彩りを添えてくれるたいへん便利な食材ですが、それぞれの種類の性質を知ることによって、もっと適材適所で使用することが可能となります。料理の主役になり得る下仁田ねぎなどのブランドねぎは、メニュー作りにも役立つので、まだ仕入れたことがない飲食店様は、ぜひお試しになってみてくださいね!

 

 

この記事がお役に立ったらぜひシェアをお願いします。
執筆者のモチベーションに繋がります。

飲食店の仕入れ担当者さまへ売上を上げたいとお悩みの食材卸業者さまへ

業務用青果の新着トピックス

  • 業務用青果
  • 業務用精肉
  • 業務用鮮魚
  • 業務用惣菜・加工品
  • 業務用 豆腐・練り物・麺類
  • 業務用 酒・飲料
  • 業務用 米
  • 業務用 菓子・パン・デザート材料
  • 業務用 乳製品・卵
  • 業務用 調味料
  • 業務用 農産乾物・海産乾物・缶詰
  • アウトレット市場
  • こだわり市場
  • 季節の市場
  • 少量市場
現在のパスワード
新しいパスワード
パスワードの確認

パスワードを変更しました。


処理中です