トップページ > 業務用きのこに新しい風!仕入れてみたい絶品きのこ4選

業務用きのこに新しい風!仕入れてみたい絶品きのこ4選

こんにちは!食らぶ編集部のワタベンです。先日、連日大盛況のランチビュッフェのお店に潜入取材に行った際、きのこのメニューが豊富なことに驚きました。さまざまな種類のミックスきのこのマリネや生のマッシュルームなど、大人気でしたよ!

 

ランチビュッフェ店は、食材の流行を映す鏡。皆さんも、時々美味しいと評判のビュッフェレストランへ行ってみると、たくさんのヒントをもらえるかもしれないよ!今回は、ワタベンも言っているように、大流行続行中のきのこ特集なんだ。

 

食らぶが多数の飲食店をリサーチした独自の集計結果や6つの食材に関するサイトからの情報をもとに、オリジナルランキングを作成!一般女性が好きなきのこの種類ランキングをお伝えし、さらに後半では、定番のきのこに加えて仕入れてみてほしい、話題性バツグン!きのこ界のニューカマーをご紹介します。

 

女性客が絶対仕入れてほしいと思う!人気きのこランキング

低カロリーで栄養価が高く、ダイエット・健康・美容効果が高いきのこ。さらに風味豊かで旨味が強いとあれば、目ざとい女性たちが放っておくわけがありません。複数のリサーチ結果を集計した人気きのこランキング、ぜひ仕入れに活用してください!

 

第5位 まつたけ

香りまつたけ味しめじ、と言われるように、他に類を見ない芳醇な香りが圧倒的な支持を得ているまつたけ。この香りの成分は『マツタケオール』『桂皮酸メチル』などとされ、これらにはなんとストレスを解消させる効果があるのだとか。

 

土瓶蒸しやまつたけご飯、天ぷらやすき焼きはもちろん、網焼きも最高。まつたけを網で焼く場合は、縦に手で割き、軽く塩をして焼きましょう。まつたけが汗をかいたらひっくり返す合図です。

 

第4位 しめじ

味の良さでは天下一品のしめじ。この美味しさの理由は、グルタミン酸、アスパラギン酸、リシンといった旨味成分をこれでもかと含んでいるためです。ナイアシンやビタミンB2なども豊富なので、エネルギーの代謝を助ける効果も大きく期待できます。

 

しめじは実は軸が短いものが狙い目。かさの部分は小ぶりの方が上質とされています。選ぶ時の参考にしてくださいね。

業務用卸売価格 ¥110/100g前後

 

第3位 まいたけ

人工栽培がさかんになった近年では難なく仕入れができるまいたけですが、以前は広葉樹の切り株などに偶然発見するしかなかったため『幻のきのこ』と呼ばれていたのだそう。旬は9月~11月、煮て良し、炒めて良し、揚げて良し、マリネや酢の物にしてもたいへん美味と、まさしくオールマイティです。

 

まいたけをおすすめする時にアピールしたいのは、凄すぎる免疫力アップ作用。まいたけに含まれる中で特徴的なβグルカンという多糖類は、がん細胞を小さくしたり、インフルエンザウイルスの増殖を抑えたりするという学術機関の研究結果があり、今もこの研究が進んでいます。

 

味もさることながら、健康面のアピールもしっかりできる優秀な食材。ただ、お店でアピールする時に『がんに効く』とか『病気が治る』と言った断定的な表現はやめましょう。

 

第2位 しいたけ

食らぶ独自のリサーチで最終的には2位になりましたが、想像以上に女性人気があるしいたけ。好きな食べ方はソテーが一番多く、続いて肉詰め、フリッター、網焼きして柑橘を搾る、といった食べ方を好む方が多いのも印象的です。ガーリックがきいたマリネも人気。

 

しいたけには、血中コレステロールを抑える働きのあるアミノ酸が含まれているほか、カリウム(むくみ予防)・葉酸(造血)・ビオチン(皮膚・髪の健康)など、女性に嬉しい栄養素(成分)がたっぷり。もちろん食物繊維が腸内環境にも好影響を与える点もメリットです。

業務用卸売価格 ¥1,500/kg前後(国産)

 

第1位 エリンギ

ほぼぶっちぎりの1位だったのがエリンギ。食品分類上はひらたけの一種です。もともとはヨーロッパや北米、北アフリカの草原地帯などに分布していた種類。現在では、長野県・愛知県・静岡県など多数地域で人工栽培されています。

 

人気の理由は、歯ごたえの絶妙さ。そして、きのこの美味しさを十分に味わえながら淡白で、他の食材との食べ合わせが良い点です。バター焼きやソテーのほか、パスタに入っていると嬉しいという声も多いよう。仕入れの際は、かさが開きすぎていないものを選ぶと良いでしょう。

業務用卸売価格 ¥80/100g前後~(イタリア産)

 

 

ちなみに第6位はマッシュルーム、第7位はえのきだったんだよ。第8位は何だと思う?答えは記事の最後で!

 

 

今後ブームが来るかも!仕入れておきたい絶品きのこ4選

好きなきのこランキングは納得の結果でしたが、10年20年前だったら、エリンギはきっともっと下位だったことでしょう。食材にも新旧の入れ替わりはつきものなのです。そこで、ここでは今後人気が上がりそうな注目のきのこの種類をご紹介します。

 

ポルチーニ

知名度は高く、好きなきのこの種類ランキングを集計する過程でも名前がちらほら見られたポルチーニ。今後、どんどん定着し、人気も上昇していくものと考えられます。実は人工栽培の開発が進んでおらず、希少性が高いのが特徴。そのレアさも人気を後押ししているのかもしれませんね。

 

イタリア料理で重用されるポルチーニは、旨味成分をたっぷり含み、しかも独特のナッツのような香りが楽しめますので、美味しいワインとともにおすすめしたいきのこです。

業務用卸売価格 ¥5,900/kg前後(冷凍)

 

 

やなぎまつたけ

市場流通量はかなり少ないながら、なめこの近縁+まつたけの香りという衝撃の特性を持った魅力あふれるきのこです。『しゃっきりたけ』という商標ならお聞きになったことがあるかもしれませんね。

 

まつたけがひょろ長くなって密生したような、しめじが成長したような、そんな外見なのですが、味はきわめて淡白で、意外なほど他の食材の邪魔をしません。これは日本で流行るきのこの1つの特徴でもあります。要チェック、です。

 

たもぎたけ

黄色のかさがなかなかのインパクトを与えるたもぎたけ。見た目から敬遠される方もいますが、しめじのように味がたいへん良く、1度食べていただければ、リピートしてもらえる可能性の高いきのこ。

 

実は秘めたスター性は、日本人好みの栄養的価値の高さにあります。たもぎたけは、まいたけ同様、抗ウイルス作用やがん細胞に対抗する力を持つとされるβグルカンを豊富に含有。葉酸やカリウムも非常に豊かです。おすすめの食べ方はグラタンやシチュー。お試しください!

 

くろあわびたけ

くろあわびたけは、沖縄・台湾などの亜熱帯地方で栽培されている珍しいきのこ。名前のとおり、あわびにも似たしこしこした食感がある点や、大ぶりのかさを持ちながらどこか上品なたたずまいも人気者候補に上げた理由です。

 

ビタミンB1・B2、ナイアシン、葉酸、パントテン酸、ビオチンといったビタミンB群をたっぷり含有しているので、体力作りや疲労回復、皮膚や髪など美容面のケアにも役に立つきのこと言えるでしょう。エリンギなどと同じひらたけの仲間で、味はクセが少なめ、食べやすいきのこです。

 

きのこのまとめ

ダイエットの味方とよく言われるきのこ類ですが、病気に抗う成分が含まれているものもあるなど、健康的という意味で総合的にヘルシーです。ダイエットに良いとされるゆえんは、豊富な食物繊維含有量にありますが、

 

しいたけ3個の食物繊維量は、ボウル一杯の葉物野菜に匹敵するとも言われているんだよ。きのこパワーって、本当にスゴいよね。そうそう。前半でお伝えした好きなきのこランキングの8位。予想してくれたかい?答えはきくらげだったよ。当たったかな?

食らぶ君、勝手にクイズを出しておいて、答えを引っ張りすぎだよ!

とにかく皆様。近頃は無理にダイエットや健康を頑張るのではなく、『美味しくたくさん食べてヘルシーに』という志向が強まっており、飲食店にも同様の気配りが要求されています。

 

こってり料理が勝負、というお店ももちろん素敵ですし必要ですが、きのこメニューを導入することで、新たな顧客を開拓することもできるかもしれません。どうか、自店に合うタイプのきのこを仕入れて活用してください。よろしければ食らぶ市場にて、お待ちしております!ワタベンでした。

 

この記事がお役に立ったらぜひシェアをお願いします。
執筆者のモチベーションに繋がります。

飲食店の仕入れ担当者さまへ売上を上げたいとお悩みの食材卸業者さまへ

業務用青果の新着トピックス

  • 業務用青果
  • 業務用精肉
  • 業務用鮮魚
  • 業務用惣菜・加工品
  • 業務用 豆腐・練り物・麺類
  • 業務用 酒・飲料
  • 業務用 米
  • 業務用 菓子・パン・デザート材料
  • 業務用 乳製品・卵
  • 業務用 調味料
  • 業務用 農産乾物・海産乾物・缶詰
  • アウトレット市場
  • こだわり市場
  • 季節の市場
  • 少量市場
現在のパスワード
新しいパスワード
パスワードの確認

パスワードを変更しました。


処理中です