トップページ > 【5分で読める!】美味しいハーブの知識を“一気に身につけられる”ハーブ特集!

【5分で読める!】美味しいハーブの知識を“一気に身につけられる”ハーブ特集!

最近いろいろな種類の食材用ハーブが、おいしさや使いやすさだけでなく「コスト面」も含めて、ぐっと身近なものになってきました。ハーブを料理に使うと、香りや風味が増すというだけでなく、体にも良いということで、今人気が急上昇しています!今回は、ハーブの種類や活用方法などをまとめみましたので、それぞれのハーブの特長をとらえて、皆様にこれらの情報を活用していただけたらと思います!

 

主な食材用ハーブの種類と合う料理

(1) 肉料理に合うハーブ

 

 肉料理には臭みやクセが強いものがありますので、その臭み、クセを消   してくれ、肉の旨みを引き出すハーブが肉料理に合います。このような効用を  持ち、肉料理に合うハーブには次のものがあります。

 

  イタリアンパセリ

  セージ(ソーセージなどの詰め物料理にも)

  ソレル

  タイム

  チャイブ

  バジル

  マジョラム

  ローズマリー

 

(2)魚料理に合うハーブ

 

 魚料理には生臭さが強いものがありますので、その生臭さを消し込んでくれる消臭効果のあるハーブが魚料理に合います。次のようなものがお勧めです。

 

   イタリアンパセリ

   チャイブ

   ディル

   バジル

   フェンネル

 

(3)野菜料理やサラダに合うハーブ

 

 ハーブの葉そのものをサラダに使うこともできますし、みじん切りにしてドレッシングにも使えます。また、サラダに彩を添えるためにも使えます。次のハーブが代表的なものです。

 

   チャイブ

   サラダバーネット

   ソレル

   ディル

   ナスタチウム

   レモンバーム

   フェンネル

   タラゴン

 

(4)スープに合うハーブ

 

 スープには、煮込んでいる間に風味を添え、スープの上に浮かべ彩になるハーブが使われます。次のハーブが使われます。

 

   サラダバーネット

   ソレル

    バジル

    フェンネル

 

(5)ティーに合うハーブ

 

 脳を適度に刺激する香りがあり、リフレッシュ効果があるものがティーに合います。次のハーブがよく使われます。

 

  キャットニップ

  ステビア

  ディル

  ミント

  レモンバーム

 

 (6) お菓子やデザートに合うハーブ

 

 お菓子の中に入れこんで香りを楽しめ、リフレッシュ効果も期待できるものや、お菓子の上に乗せて色映えがよくなるものが使われます。次のハーブが使われます。

 

   キャットニップ(クッキー)

   ステビア(シャーベット)

   ミント(各種お菓子)

 

 (7) その他の料理に合うハーブ

 

 その他、次のような料理にもそれぞれのハーブが持つ香りやリフレッシュ効果、色映えが生きてきます。

 

   オレガノ(ピザなどのイタリア料理)

   サラダバーネット(ビネガー)

   セージ(ソーセージなどの詰め物)

   タラゴン(ドレッシング、ソース、ビネガー)

   ディル(ピクルス)

   バジル(パスタ)

 

 

洋菜・ハーブ類の食ラブ市場公式サイトはこちら

 

料理で使い勝手のよいハーブのご紹介!(レシピと効用)

イタリアンパセリ

イタリアンパセリは、ミネラルやビタミンなどを豊富に含んでいるセリ科のハーブです。とても使い勝手のよいハーブで有名ですね!今回は、イタリアンパセリを使ったリゾットでの活用方法などを簡単にご紹介します!

 

■ イタリアンパセリを使ったリゾットの作り方

まず、鍋にトマトソース、ブイヨンキューブ、水を入れ、ひと煮立ちさせます。 この中にご飯を入れ、柔らかくなったところでアサリを入れ、塩、コショウ  で味を調えます。器に入れ、イタリアンパセリの葉を散らして出来上がりです。

 

【イタリアンパセリがリゾットに合う理由】

イタリアンパセリは、ビタミンA、B、Cやミネラルなどを豊富に含んでおり、これらが欠乏しがちな寒い時期、温かいリゾットに入れると香りもよく、疲労回復や美容・健康にもよい効果もあるためリゾットに合います。そのほか、イタリアンパセリは、サンドウィッチやサラダ、スープ、煮込みなどに幅広く使えます。

 

バジル

バジルはシソ科のハーブです。日本名をメボウキといいます。英語名の表記ではバジル、イタリア語表記ではバジリコと呼ばれています。さて、バジルを使ったトマトと茄子のグラタンを料理する際の活用方法をみていきましょう!

 

■ バジルを使ったトマトと茄子のグラタンの作り方

茄子は厚さ1cmの斜め切りにし、塩水に5分程度つけてアク抜きし、水気をふきます。この茄子の両面をオリーブオイル大さじ2できつね色になるまで焼きます。トマトは5mmの厚さの半月切りにし、ペーパータオルに載せて水気をきります。耐熱皿に茄子とトマトを並べ、軽く塩、コショウをし、残りのオリーブ油をかけ、ちぎったバジルとチーズを散らします。オーブントースターで8分くらい焦げ目がつくまで焼いて出来上がりです。

 

【バジルがグラタンに合う理由】

バジルは香りのほか、リラックス効果もあり、いろいろな料理に幅広く使えるハーブです。トマトやチーズにもよく合うという特徴がありますのでグラタンに合います。イタリアンメニューには欠かせないハーブです。

 

ローズマリー

ローズマリーは、地中海沿岸地方が原産のハーブです。清々しい香りが特徴で、お茶や料理などに幅広く使われています。

 

■ ローズマリーを使った鶏肉のトマト煮の作り方

鶏肉は余分な脂肪分を除き、半分に切って、塩、コショウをふります。ニンニクと玉ねぎをみじん切りにします。鍋にオリーブオイルをひいてこの鶏肉の表面をさっと焼き、きつね色になったら取り出します。フライパンに残りのオリーブ油をひいて、ニンニクと玉ねぎを炒めます。柔らかくなったら、先の鶏肉とトマト缶、白ワイン、スープ素、水を加えて弱火で20分程度煮込みます。最後に塩、コショウをし、適量のパスタを茹でて添えると出来上がりです。

 

【ローズマリーが鶏肉のトマト煮に合う理由】

ローズマリーは、消化促進や口臭防止などの効果があるため、幅広く肉料理やポテト料理、煮込み料理によく合います。クッキーやパンに入れて焼くと甘さが引き立つ効用もあります。

 

まとめ

ハーブはさまざまな種類のものが手軽に入るようになってきましたので、その香り、色彩、リフレッシュ効果などの特長を生かし、美味しい料理の提供につなげていきたいものですね。ぜひ、これらの情報を参考にしてみてください!

 

業務用青果の洋菜・ハーブ類の卸売市場はこちら

この記事がお役に立ったらぜひシェアをお願いします。
執筆者のモチベーションに繋がります。

飲食店の仕入れ担当者さまへ売上を上げたいとお悩みの食材卸業者さまへ

業務用青果の新着トピックス

  • 業務用青果
  • 業務用精肉
  • 業務用鮮魚
  • 業務用惣菜・加工品
  • 業務用 豆腐・練り物・麺類
  • 業務用 酒・飲料
  • 業務用 米
  • 業務用 菓子・パン・デザート材料
  • 業務用 乳製品・卵
  • 業務用 調味料
  • 業務用 農産乾物・海産乾物・缶詰
  • アウトレット市場
  • こだわり市場
  • 季節の市場
  • 少量市場
現在のパスワード
新しいパスワード
パスワードの確認

パスワードを変更しました。


処理中です