トップページ > 果物屋の店主から伝授!種類別、美味しいみかんの選び方

果物屋の店主から伝授!種類別、美味しいみかんの選び方

みかんと一言でいってもたくさんの種類がありますね?

それぞれのみかんの特徴や活用方法を知っときたい!という方々のために、今回は果物屋の店主から伝授された「みかんの種類や美味しいみかんの見分け方」について説明していきたいと思います!

 

みかんは総称して柑橘類と言われますが、その中でもたくさんの種類に分けられますのでまずは簡単にご紹介していきましょう!
 

1.みかんの種類

 

みかん類 … 温州みかん、マンダリンオレンジ、ポンカン

オレンジ類 … バレンシアオレンジ、ネーブルオレンジ、ベルガモット

タンゴール類 … 伊予柑、清見、はるみ、タンカン

タンゼロ類 … セミノール、タンジェロ

香酸かんきつ類 … ユズ、カボス、スダチ、レモン、シークヮーサー

ブンタン類、雑柑類 … 夏みかん、八朔、日向夏、デコポン

 

みかんには以上のような種類があります。普段、類についてはあまり考えずに購入していると思いますが、このように類ごとに整理してみると、日頃スーパーでみかんを買うとき、自分がいつも購入しているのはこういう種類なのだとあらためて楽しく見られると思います。参考までにみかん類の中に温州みかんがありますが、なんと温州みかんだけでもざっと115品種もあるということです。みかんには、有田みかんや愛媛みかん等有名なみかんがありますが、これらも温州みかんのことを言います。温州みかんの種類はたくさんありますが、お店では品種名ではなく地域名をブランド名として売っていることが多いようです。有名な愛媛みかんも、愛媛県産の温州みかんということになります。

 

さて、これまでは定番のみかんの種類を挙げてきましたが、ここからは大変よく売れているみかんや最近出たばかりのみかんなど、みんなが好んで買って食べているみかんを紹介してみたいと思います!皆さんも最近店頭で関心のあるものや大変おいしいみかんの名前も出てくると思いますので要チェックです!

 

●せとか(みかん類) 

  みかん特有の濃厚な甘みが詰まっているみかんで、柑橘類の大トロとも言

  われ、香りのいいみかんや食べておいしいみかんなど柑橘類のいい部分を

  掛け合わせた、いいとこどりの品種です。旬の時期は2月から3月です。

  せとかは香り、食感ともに文句なしのおいしさです。まさにみかんの中の

  大トロと言えると思います。

 

●姫まどんな(タンゴール類)

  別名、紅まどんなとも言われ、特徴としてはプルプル感の多いまるでゼリ

  ーのような食感が特徴です。

  酸味も少なく、やわらかい果肉に果汁がたっぷりとこんなみかんは

  はじめて食べたという感想の人も多い大変人気上昇中のみかんです。

 

●甘平(みかん類)

  このみかんは皮が薄く中にははちきれんばかりのたいへん甘い果肉がぎっ

  しりと詰まっています。種の数も少なく最近の新品種のみかんです。まだ

  まだ数も少なく比較的高価なみかんとなっています。

 

●ひめのか(みかん類)

  これも温州みかんの種類で、酸味が少なく甘味が強いみかんです。

  旬の時期は12月から1月で、12月上旬には糖度が13度以上にもなり

  大変おいしい時期です。

 

2.美味しいみかんの選び方

冬の季節になると無性に食べたくなる果物のひとつがみかんです。

みかんを食べ始めると止まらなくなり気が付くと手が黄色くなっていたという思い出もあります。みかんを買うときは1個ずつよりも袋や箱で買うことが多いと思います。せっかくまとめてたくさん買うのなら美味しいみかんを購入したいものです。そこで美味しいみかんの見分け方として、項目ごとに説明していきたいと思います。

 

●みかんの産地

 日本全国でみかんが作られていますが、やはりみかんの有名な産地のものを購入したほうがいいでしょう。有名な産地になるということは当然みかんの生産に適しているわけで、気候、土壌もよく、生産方法にも力を入れて甘くておいしいみかんを生産しています。

 

日本全国での温州みかんの収穫量ベスト3は、次の通りです。

 

          平成26年度   平成27年度

1位 和歌山県    20%      21%

2位 愛媛県     15%      16%

3位 静岡県     14%      13%

 

3県だけで全国の約5割を占める結果となっています。

 

●みかんの大きさ

  みかんは小さめ方が味が濃く、大きいものよりも甘いようです。サイズで

  いうとMぐらいまでのものがいいと思います。

  最近では品種改良が進み大きさによって甘さが関係ないものもあるようで

  す。

 

●みかんの皮の色

  みかんの色は昔から橙色と言われているように、黄色いものより赤みの濃

  い方がおいしいと言われます。

  あとはみかん狩りに行かれる時は、枝の先にぶら下がったみかんは糖分を

  たくさん蓄えていますので甘いみかんです。

 

●みかんのヘタの色

  みかんが木になった状態で完熟すると、ヘタの色が黄色や橙色になります。

  店に並んでいるものは緑色のものが多いと思いますが、もし黄色やオレン

  ジ色のものがあったら甘い可能性があります。

 

●みかんのヘタの軸

  ヘタの軸は太いよりも細い方が甘いようです。太い軸ほど大量に水分が入

  り大味になるようです。対して細い軸は「師管(しかん)」と呼ばれる管か

  ら多くの栄養が送られますので、甘いみかんになります。

 

●みかんの形

  色々な品種改良がされているので一概には言えませんが、縦に丸いよりは

  平たい方が一般的に甘いと言われます。

 

●みかんの重さ

  どんな野菜や果物にしても、糖分が多く含まれているものは重いので、ず

  っしりと重いものの方が甘いです。

 

まとめ

 いろいろみかんの種類や美味しいものの選び方について説明してきました。見た目は大きいサイズの方が食べごたえがあるようですが、小さくて皮が薄い方が甘いようです。ぜひ参考にしてみてください!

 

 

業務用果物のみかん・せとか・はっさくの卸売市場はこちら

この記事がお役に立ったらぜひシェアをお願いします。
執筆者のモチベーションに繋がります。

飲食店の仕入れ担当者さまへ売上を上げたいとお悩みの食材卸業者さまへ

業務用青果の新着トピックス

  • 業務用青果
  • 業務用精肉
  • 業務用鮮魚
  • 業務用惣菜・加工品
  • 業務用 豆腐・練り物・麺類
  • 業務用 酒・飲料
  • 業務用 米
  • 業務用 菓子・パン・デザート材料
  • 業務用 乳製品・卵
  • 業務用 調味料
  • 業務用 農産乾物・海産乾物・缶詰
  • アウトレット市場
  • こだわり市場
  • 季節の市場
  • 少量市場
現在のパスワード
新しいパスワード
パスワードの確認

パスワードを変更しました。


処理中です