トップページ > 果物屋の店主が教える!種類別、美味しいりんごの選び方

果物屋の店主が教える!種類別、美味しいりんごの選び方

ビタミンCに食物繊維、カリウムやミネラルと栄養豊富なりんご。種類が非常に多く、どのりんごを使ったら良いのか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。そこで、種類別に、りんごをどう選ぶと美味しいのかを紹介します。

 

青森といえば、つがる

「つがる」は青森県の試験場で生まれた早生りんご。早生とは、8月に収穫できるという意味です。ジューシーで酸味が少なく、甘い味が特徴です。歯ごたえは、とてもシャキシャキとしています。そのまま食べてよし、ジュースにするもよしで、万能なりんごといえます。アップルバターやジャムにするのも美味しい食べ方です。また、アップルパイにも使われることが多いりんごです。つがるは袋にかけて栽培しますが、袋にかけないで栽培したものを「サンつがる」と呼びます。つがるの仕入れは、8月から10月ごろまで。卸の現場で一番よく目にするのは、9月ごろです。美味しさを見分けるポイントは、全体が赤く濃くなっているところ。色が濃くなくても、りんごのお尻のところが黄色になっていれば、美味しさのサインです。

 

青りんごといえば、王林

「王林」は福島県で生まれた、黄緑色の皮が特徴のりんご。りんごの中で王様になってほしいという願いから、王林と名付けられました。甘みが強く、軽い食感が楽しめます。酸味が少なく、香りも良いのが特徴です。そのまま食べるのが一番美味しいともいわれますが、果物ジュースにするのもおすすめです。薄く切ってサラダに入れても、相性は抜群に良いりんごです。美味しさを見分けるポイントは、皮に黄みがかかってきたころ。また、持って重みを感じるもののほうがよりジューシーです。さらに、表面にある白い点々がはっきりと目立っていて、ざらざらとしているときが、より美味しいといわれています。

 

名前に日本一への思いがある、ふじ

 

「ふじ」は世界的にも人気がある、赤色のりんご。とてもジューシーで、甘さ・酸味・歯ごたえ、いずれもバランスが取れています。この「ふじ」という名前には、富士山のような日本一のりんごに育ってほしいという思いが込められています。ふじの仕入れは、11月ごろから12月ごろが最も良いとされています。1年中出回ってはいますが、卸をするなら初冬の時期がおすすめです。使い勝手がとても良く、そのまま食べてもよし、ジュースにするのはもちろん、焼き菓子に使うのもおすすめでのりんごです。美味しさを見分けるポイントは、皮の赤さとお尻の黄色。なお、袋をかけずに育てる「サンふじ」の場合、色が赤で均一でなくても美味しく食べることができます。

 

アメリカ生まれのジョナゴールド

「ジョナゴールド」は、アメリカで生まれた鮮やかな赤色のりんごです。日本には1970年に来ました。ほどよく甘く、酸味も濃い味がします。歯ごたえもしっかりとしているのが特徴です。皮にポリフェノールや食物繊維が多く含まれているので、皮ごと食べるのが一番良いとタイプといえるでしょう。果肉がやわらかくなったら、スムージーにして飲むのもおすすめのりんごです。美味しさを見分けるポイントは、皮に出るベタつき。これは「油あがり」と呼ばれるもので、熟しているサインです。また、鮮やかな赤色に染まっているものを選びましょう。

 

もう一つ青森で外せない、陸奥

 

「陸奥」は、青森県にあるりんご試験場で生まれたりんご。果汁をたくさん含み、甘味も酸味も程よくあります。袋をかけて栽培するので皮がピンクに近い赤色です。袋をかけずに育てたものは黄色いりんごで「サン陸奥」といいます。そのまま食べても良いのですが、お菓子作りに一番適しています。中でもアップルソースにして保存するのに適しています。美味しさを見分けるポイントは、お尻のところが黄色くなっていて、持ったときの重量感といわれています。陸奥は皮の赤色が濃いタイプではないので、色は他のりんごほど気にする必要はありません。ただし、大きすぎるものは味が少し薄くなっている場合があるので気をつけてください。

 

まとめ

 

りんごは多くの種類が出回っていますが、つがる、王林、ふじ、ジョナゴールド、陸奥の5種類を押さえておけば大丈夫です。ところで、りんごを食べると健康に良いということはご存知でしょうか。例えば、心臓病や脳卒中といった

病気を予防に効果があると言われています。りんごに含まれる食物繊維が、余計なコレステロールを体の外へ排出してくれる作用があるそうです。また、この食物繊維によって、便秘解消にも役立ちます。さらに、胃酸を調整する働きがあるため、胃腸に優しい食べ物だといえます。特に、朝の時間帯にりんごを食べると、水分と食物繊維が多いので、胃腸に負担をかけずに食べることができますので、朝のりんごはおすすめです。そのまま食べるのが苦手なときは、ヨーグルトに混ぜて食べると、食べやすくなります。技術や保存方法などの進化で、年中必ずりんごが出回っています。複数のりんごを食べ比べてみるのも楽しいはずです。ぜひ、いろいろなりんごを食べてみてください。

 

 

業務用果物のりんご・梨・洋ナシ(ラフランス)の卸売市場はこちら

この記事がお役に立ったらぜひシェアをお願いします。
執筆者のモチベーションに繋がります。

飲食店の仕入れ担当者さまへ売上を上げたいとお悩みの食材卸業者さまへ

業務用青果の新着トピックス

  • 業務用青果
  • 業務用精肉
  • 業務用鮮魚
  • 業務用惣菜・加工品
  • 業務用 豆腐・練り物・麺類
  • 業務用 酒・飲料
  • 業務用 米
  • 業務用 菓子・パン・デザート材料
  • 業務用 乳製品・卵
  • 業務用 調味料
  • 業務用 農産乾物・海産乾物・缶詰
  • アウトレット市場
  • こだわり市場
  • 季節の市場
  • 少量市場
現在のパスワード
新しいパスワード
パスワードの確認

パスワードを変更しました。


処理中です