トップページ > 溢れる肉汁が最高!最も豚バラ肉を活かせるメニュー&豚銘柄4選

溢れる肉汁が最高!最も豚バラ肉を活かせるメニュー&豚銘柄4選

豚肉の脂身の甘さが味わえる人気部位、豚バラ肉。スライスの薄さに応じてステーキ・焼肉・しゃぶしゃぶと何にでも使える便利さとボリュームが魅力です。しかし、本当に豚バラの良さを引き立てる料理とは何なのでしょう。

 

ここでは、人気豚肉料理店の売れ筋『推し商品』から見えてきた、豚バラを本当に活かしきれる美味しいメニューについてお伝えしていきます。

 

豚バラが売れている人気メニュー1.食べ比べグリル

グリルは素材をこんがりと焼き上げる『直火焼き』のこと。焦げた網目がついた食材が、食欲をそそります。余計な脂を落とすと同時に、脂身の甘さを際立たせるので、豚バラにはもってこいの調理法です。人気豚肉店のグリルでは、『ブランド豚名を前面に出す+部位で食べ比べられる』という食し方が目に付きます。

 

豚肉も産地や銘柄をアピールポイントにするお店が増えています。素材の良さを知っていただくための最善策として、シンプルな調理に行き着く傾向が強まっているわけです。逆に言えば、グリルなどのシンプルメニューは、豚肉自体の美味しさに自信がなければ提供できない商品とも言えます。豚バラ肉は脂身が多いため、グリルで使うなら、脂身の質が良い銘柄で勝負すべきでしょう。

 

グリルは、スライスしたロースとバラなど、大き目の一皿に刺身のように部位ごとに島を作って美しく盛り付け、食べ比べできることを演出してみましょう。ハーブ塩・カレー塩・抹茶塩など、複数の塩やマスタードといった調味料を用意し、食べ方においても食べ比べを意識すると、より楽しんでいただけます。

 

豚バラが売れている人気メニュー2.食べやすい&ビジュアル良いステーキ

トンテキとも呼ばれ、豚肉の定番メニューとして認知されている豚肉のステーキですが、最近の傾向としては、分厚くカットした豚バラやロースのステーキというより、薄めに切ってご飯にのせる豚丼スタイルに人気が集まっています。これは、ステーキというよりも、生姜焼き(ポークジンジャー)や豚肉のソテーに近い感覚の調理法ですが、そもそもソテーとステーキの境目はあいまい。いずれにしても、カットは薄くなっているのが近頃の特徴です。

 

最近見られる2つのメニュー傾向は、SNSで映えるインパクトあるビジュアルと、食べやすさです。味付けは限りなくステーキだけれど、気負わずカジュアルに食べられて、見た目

に写真映えするのがベストと言えるでしょう。

 

豚バラが売れている人気メニュー3.焼肉+野菜

韓国料理の台頭によって、サムギョプサルが定着してきた焼肉店。韓国料理を前面に出していない焼肉店でも、サイドフードとしてナムルやチャプチェを見かけるようになりました。韓国料理は野菜を多用し、ヘルシーです。こうした動きからも見てとれるように、脂肪の多い豚バラ肉を焼肉で食べる場合には、一緒に野菜を摂れることも、大きなポイントとなります。

 

特に女性客は、ヘルシーな豚肉を好む傾向にありますが、同時に多くの野菜が摂れると、より需要が高まってリピート率が上がります。口コミ評価などでは、『野菜がたっぷりで嬉しかった』といった表現がしばしば見受けられます。味や見た目の良さはもちろん、健康志向に応えることも、飲食店に求められている要素と言えそうです。

 

豚バラ肉が売れている人気メニュー4.豚バラのこってり感を味わえる煮豚

ヘルシーばかりが良いかと言えば、そうとも言い切れないのが食の不思議です。豚肉料理店の人気傾向を見てみると、豚の角煮・東坡肉(トンポーロー・中華風角煮)・チャーシュー風の煮豚は、変わらず人気商品として君臨しています。この場合、『箸で切れる』『口に入れるととろける』といった、食感への評価が非常に目立ちます。

 

豚肉に限らず、肉料理で評価されるポイントの1つとして、このとろけるような食感というのがもてはやされる傾向は根強くあるようです。圧力鍋で調理すれば、さほど手間もかからない煮込み。仕入れ単価が抑えられるノーブランドの豚肉や輸入豚でも十分美味しくなるので、メニューに取り入れてみてはいかがでしょうか。同じ煮汁をたっぷり吸わせた大根煮や煮卵を添えるのもおすすめです。

 

後味がさっぱり&脂が甘い!豚バラがおすすめの国産豚銘柄4選

グリル、ステーキ、焼肉、煮込みと豚バラで人気の調理法をお伝えしてきましたが、次に、ぜひバラ肉を味わっていただきたい、脂自慢の豚銘柄をご紹介します。

 

松阪豚

松阪豚は、三重県松阪市の有限会社アミティー(山越畜産)が生産・飼育した三元豚で、ラージシャイングインコーポレイテッドの登録商標です。生産性よりも品質と味を重視し、丹精込めて飼育された松阪豚は、卓越した飼育技術と三重・松阪の豊かな自然・美味しい水によって、のびのびと健やかに育てられます。

 

鮮やかな桜色の赤身は締まりが良く、かつやわらか。真っ白な脂身は、油脂30%・コラーゲンが70%で構成されている最高品質です。赤身と脂身のバランスが良い豚肉は、上品でありながら豚肉の旨味をがっつり楽しめる逸品。豚肉ファンの憧れです。

 

ぶどう豚

ぶどう豚は、畜産のメッカ宮崎県の東諸県郡綾町で安心・安全な養豚を推進している「稜豚会」のメンバーによって生産・飼育されています。遺伝子組み換えでない穀類を独自に配合した飼料とともに、ストレスがかからない環境が与えられた豚は健康そのものです。

 

ぶどう豚の特徴は、その名の由来と関係があります。地元の美味しい稜ワインを製造する際にできるぶどうの果皮・種子を乾燥させ、豚専用のサプリメントとして食べさせているのです。ここには抗酸化力の強いブドウ種子ポリフェノールが豊富に含有されているため、豚の腸内環境が大変良くなり、臭みがなく、酸化の少ないフレッシュでジューシーな肉質が生み出せます。やわらかくさっぱりした食感が魅力のぶどう豚は、豚肉通のお客様にもきっと納得してもらえる名ブランドです。

 

彩の国黒豚

彩の国黒豚は、埼玉県から全国に流通している、すでにブランド価値を確率した名豚肉。志高い理念と熟練の技術を兼ね備えた生産者によって大切に飼育されています。彩の国黒豚は、肉質の高さで知られる純粋バークシャー種です。

 

黒豚の定義ともなっているバークシャー種の独特の旨味は、その脂の質の良さから来ています。豚バラ肉のとろけるような脂肪分が、角煮などの調理法にぴったり。煮汁に溶け出した脂の甘さは、お皿全体に溢れます。歯切れ良くきめ細やかな赤身ももちろん最高。どの部位も自信を持って提供できる至福の豚肉です。

 

アグー

アグーは日本中でも屈指の知名度を誇る沖縄県のブランド豚です。アグーは600年以上も前に中国からもたらされ、沖縄で長く飼育されている歴史ある『島豚』。地域に密着しながら、その高い肉質により、観光・外食産業でも大活躍しています。アグーは生産農家によって交配する種が異なるため、外見などは統一されていませんが、どれも一般的な西洋豚の半分近くの重量です。アグーは豊かな霜降り肉として知られていて、脂身の甘さと旨味は折り紙つき。しゃぶしゃぶにしても焼肉にしても、存分にその脂の質の高さを楽しめます。

 

豚バラ肉のまとめ

豚バラ肉は、国産ノーブランドのものであれば、¥1,100/㎏前後~で取引されています。ブランド豚となると、¥1,600/㎏前後~¥4,900/㎏前後と高水準でしかも幅のある業務用価格で推移しています。ノーブランドであっても産地明示してあるバラ肉も多く、リーズナブルだから質が劣るとは限りません。比較的高額なブランド豚も、あればサンプルを利用して味を確かめるなど、より良い製品を仕入れるため、仕入れ担当者の方は工夫してみてくださいね。

 

業務用国産豚肉のバラの卸売市場はこちら

この記事がお役に立ったらぜひシェアをお願いします。
執筆者のモチベーションに繋がります。

飲食店の仕入れ担当者さまへ売上を上げたいとお悩みの食材卸業者さまへ

業務用精肉の新着トピックス

  • 業務用青果
  • 業務用精肉
  • 業務用鮮魚
  • 業務用惣菜・加工品
  • 業務用 豆腐・練り物・麺類
  • 業務用 酒・飲料
  • 業務用 米
  • 業務用 菓子・パン・デザート材料
  • 業務用 乳製品・卵
  • 業務用 調味料
  • 業務用 農産乾物・海産乾物・缶詰
  • アウトレット市場
  • こだわり市場
  • 季節の市場
  • 少量市場
現在のパスワード
新しいパスワード
パスワードの確認

パスワードを変更しました。


処理中です