トップページ > 圧力鍋や炊飯器で自家製焼き豚!焼き豚入りチャーハンレシピも!

圧力鍋や炊飯器で自家製焼き豚!焼き豚入りチャーハンレシピも!

焼き豚は、チャーハンや麺類の具材としてはもちろん、そのままオードブルやお酒のおつまみとして使えて便利ですよね。自家製焼き豚の作り方も調理器具によってさまざまあるほか、業務用の既製品も豊富に揃っています。ここでは、圧力鍋や炊飯器でお手軽に仕込める自家製焼き豚レシピや、焼き豚を利用したチャーハンのレシピなどをご紹介します。業務用焼き豚の情報もお届けしますので、ぜひ飲食店の仕入れ担当の方は参考にしてください。

 

焼き豚に使うのは豚肉だけ?部位はどこ?

焼き豚とは、文字通り豚肉を使った料理ではありますが、近頃ではラーメン店を中心とした飲食店で鶏肉を用いたチャーシューも人気です。通常、焼き豚に使用されるのは、豚のロースかモモ肉が多いもの。ぎとぎとと脂っぽくなく、なおかつしっとりと仕上げたい場合には、脂肪分が少ないか多すぎず、肉質のやわらかい部位でないといけません。この条件に合うのがロースとモモ肉です。モモ肉の方がよりあっさりとした味わいに仕上がります。ただし、豚肉を茹でて仕込むチャーシューの場合は、余計な脂がかなり落ちるので、角煮などと同様に豚バラ肉もおすすめです。

 

作り方いろいろ!調理器具別焼き豚のレシピ3選

焼き豚も自家製のものと業務用の既製品とを上手に使い分けたいところですが、手作りする場合も、その時かけられる時間や状況によって、調理器具を変えて仕込んでみましょう。ここでは3つの方法で焼き豚をつくるレシピをご紹介します。どの方法で作っても、冷蔵保存して冷えた焼き豚や煮汁には白い脂がたっぷりつきます。これらは豚の旨味がたっぷりなので、丁寧に削ぎ取り、ラードとしてチャーハンや炒め物に利用しましょう。

 

鍋とフライパンとポリ袋で焼き豚を作るレシピ

甘さ控えめで、野菜の旨味を豚肉に移した大人の焼き豚です。

 

材料(作りやすい分量)

豚バラ肉ブロック 500g

長ねぎの 1本分(青い部分のみ)

生姜 1かけ

にんにく 1かけ

にんじん(中) 2分の1本

セロリ 3分の1本 

たまねぎ 4分の1個

サラダ油 少々

 

合わせ調味料

砂糖 大さじ1

醤油 2分の1カップ

水 60cc

 

作り方

・たまねぎとにんじんとセロリは1cm角に切っておく

・鍋にたっぷりと湯を沸かし、豚バラ肉ブロックを入れる

・生姜と長ねぎを包丁の背で軽くつぶして肉の鍋へ入れ、アクをすいくいながら20分ほど茹でる

・フライパンに油少々を引き、角切りにした野菜を入れて中火で炒め、合わせ調味料を加えて煮立たせて火を消す

・鍋の肉を取り出し、串で中心まで刺して透明な肉汁が出てこればOK

・バットに肉を置き、串で全体を刺したあと、フライパンで煮立たせた野菜入りの調味料をかける

・15分ほどしたら肉を裏返し、さらに全体の粗熱が冷めるまでおく

・粗熱がとれたら、清潔なポリ袋などに肉と野菜入り調味料を一緒に入れ、半日~1日冷蔵庫で寝かせる

 

フライパンと圧力鍋で焼き豚を作るレシピ

材料

豚ロース肉ブロック 500g

サラダ油 適宜

 

調味材料

生姜 1かけ(スライスしておく)

長ねぎ 1本分(青い部分)

砂糖 大さじ3

酒 2分の1カップ

醤油 2分の1カップ

水 500cc

 

作り方

・長ねぎは3等分くらいにざっくり切って包丁の背で軽くつぶしておく

・フライパンに薄くサラダ油を引き、豚ロース肉ブロックの表面全体に焼き色をつける

・圧力鍋に、肉と調味材料をすべて入れて火にかける

・圧力鍋のピンが上がったら弱火にし、タイマーで20分ほど加圧

・火を止めたあと、ピンが下がればできあがり

・汁ごと豚肉を保存容器に移して粗熱をとり、半日~1日冷蔵庫で寝かせる

 

*圧力鍋のメーカーや性質によって調理時間が異なるため、適宜調節しましょう。

 

フライパンと炊飯器で焼き豚を作るレシピ

豚ロース肉ブロック 500g

サラダ油 適宜

 

調味材料

砂糖 大さじ3

みりん 大さじ1

醤油 60cc 

水 500cc

 

作り方

・フライパンに薄くサラダ油を引き、豚肉の表面全体に焼き色をつける

・炊飯器に上記の豚肉と調味材料を入れ、炊飯スイッチを押す

・炊き上がり保温に切り替わったら、一度フタを開けて肉を返し、保温のまま30分ほどおいてスイッチを切り、さらに30分ほど味をなじませる

・汁ごと保存容器に移し替え、粗熱がとれたら冷蔵庫で保存する

 

*豚肉の粗熱を冷ましている時に、肉の表面が乾かないように、ふんわりとフタをしておきましょう。

 

業務用豚肉はどんなものが売れ筋?

業務用の豚肉はレベルの高いものが数多く出回っています。業務用のメーカーが小売対応をして通販サイトで人気を博していたり、その逆であったりするケースも多く、それぞれ切磋琢磨されているので、品質は高まるばかり。売れ筋の中から一部をご紹介します。

 

まず、肉質の高さに定評のある豚肉の販売・加工で知られる高知県の『四国デュロックファーム』は、手作りトロトロチャーシューが好評です。ジューシーで贅沢な味わいは甘すぎず、居酒屋店やバルでおつまみとして利用することもできる商品。

 

また、グルメの街大阪で、新鮮な肉の卸しと多種類の高品質な惣菜調理で話題の『株式会社 松商』のチャーシューも人気。豚バラをじっくりと焼き上げた香ばしい炙りチャーシューで、ラーメンのトッピングはもとより、お酒のおつまみにも使用できます。

 

さらに、福井県福井市の畜肉加工品製造を得意としている『株式会社 旨IN屋』の『お肉屋さんの焼豚』も、無添加の濃厚なたまり醤油がきいている逸品。イタリアのドルチェポルコというブランド豚の旨みが抜群と、支持を集めています。カット済みでコスパが高い焼き豚は、アイデアしだいで用途も無限大です。

 

業務用焼き豚が余った時に!本格ぱらぱらチャーハンレシピ

焼き豚を仕入れたけれど余りそうな時や、切れ端が大量に出た場合の使いみちと言えばチャーハンですよね。中華料理店やラーメン店以外でも、チャーハンがあるとお酒の締めなどにお客様から喜ばれることがあります。ここでは、いつでもささっと作れる、焼き豚の旨味を活かしたチャーハンレシピをご紹介します。

 

材料(1皿分)

焼き豚 50g

カニ肉(カニかまでも可) 約大さじ1 

熱いご飯 200g

卵(溶きほぐしておく) 1個分

白ねぎ(みじん切り) 2分の1本

醤油 適宜

サラダ油 少々

 

塩・コショウ 各少々

 

作り方

・焼き豚は小さな角切りに、カニは細かく刻んでおく

・ボウルに熱いご飯を入れ、卵を加えて手早く混ぜる。まんべんなくご飯が黄色くなるよう丁寧に

・ご飯に塩・コショウを入れ、さらに手早く混ぜる

・フライパンに油少々を引き、ボウルの中のご飯を広げる(まだ火をつけないこと)

・ご飯をすべて広げたら強火で火をつけ、卵に火が通るように炒めていく

・ご飯がぱらぱらになってきたら、焼き豚とカニ肉(カニかま)、ねぎを加えて炒め、フライパンの鍋肌に醤油を数滴垂らしてさっと炒めたら完成

 

焼き豚のまとめ

業務用の焼き豚は、どのような仕入れ価格になっているのか、チェックしてみましょう。焼き豚は、焼き豚専門店、肉の卸し店、惣菜メーカーなどさまざまな業者さんが販売していて、業務用卸売価格と言っても値段には幅があります。業務用卸売価格\700/200g前後で取引しているメーカーもあれば、大手肉加工品メーカーの業務用焼き豚では\2,600/kgで流通しているものもあります。スペイン産の豚肉を使ったスライス焼き豚では、業務用卸売価格\1,300/kg前後で仕入れることができるメーカーもあり、さらにその端材になると、半額で入手できるものも。用途に応じて仕入先や商品を選び分け、お客様に喜んでいただける提供のしかたをしたいものですね。

 

業務用焼き豚の仕入れ・卸売はこちらからどうぞ

この記事がお役に立ったらぜひシェアをお願いします。
執筆者のモチベーションに繋がります。

飲食店の仕入れ担当者さまへ売上を上げたいとお悩みの食材卸業者さまへ

業務用精肉の新着トピックス

  • 業務用青果
  • 業務用精肉
  • 業務用鮮魚
  • 業務用惣菜・加工品
  • 業務用 豆腐・練り物・麺類
  • 業務用 酒・飲料
  • 業務用 米
  • 業務用 菓子・パン・デザート材料
  • 業務用 乳製品・卵
  • 業務用 調味料
  • 業務用 農産乾物・海産乾物・缶詰
  • アウトレット市場
  • こだわり市場
  • 季節の市場
  • 少量市場
現在のパスワード
新しいパスワード
パスワードの確認

パスワードを変更しました。


処理中です