トップページ > 長寿も・美容効果も。たこの栄養についてプロが知っておきたい事

長寿も・美容効果も。たこの栄養についてプロが知っておきたい事

たこは海底の力持ち。海のアスリートであるたこの筋肉は発達しています。たこには豊富なタウリンが含まれており、ヘルシー効果も期待できます。たこの驚くべきパワー・栄養をぜひとも知ってください。たこの魅力を知れば、きっとメニューを作りたくなることでしょう。

 

満タンの灯油を盛り上げます。たこは海の怪力自慢

たこは海底をはったり、エサをとらえるなど、足の筋力をフルに使って生活しています。その筋力を支えるのには足にある縦横に発達した筋繊維です。体重1kgのたこでも15kgの鉄アレイを持ち上げることができる強い力を持っています(15kgとは満タンの灯油ポリタンクぐらい)。

この強力な筋繊維がたこ特有のかみごたえのもと。同じ軟体動物であるいいかと比べると 弾力は倍以上とされています。しかしこのタコの味を分析するとうまみ成分のアミノ酸はいかの半分しかありません。

それでも通常私たちがいかと比べて味の濃さに大きな差を感じないのは、たこの歯ごたえのおかげです。たこはいかより遥かに歯ごたえがあるため、必然的にお口の中で咀嚼する時間が長くなり、旨味を味わい尽くしているのです。

 

タウリン効果でコレステロール減

お客さんの中でこんなことを言う人がいなかったでしょうか。「たこを食べたいけれど、コレステロールがね……」。以前、たこは100g当たり240mgのコレステロールが含まれているとされてきました。

コレステロール値を気にして、たこを敬遠してきた人も多かったようです。ですが、近年、測定方法が改められ100g当たり150 mgと実際は40%も少ないことが判明しました。

さらに、たこに多く含まれるタウリンの働きによって、コレステロール値を抑える効果があることもわかってきました。タウリンは加熱時間が短い方が分解されずに残ります。加熱は最小限でとどめましょう。刺身やたこしゃぶなどもおすすめの食べ方です。

 

タコの栄養をもっと詳しく!

タコには、タンパク質やビタミンB2などの栄養素が含まれています。また、タウリンなども豊富に含まれており、魚介類の中では、タコは抜群のタウリンを含んでいる食材となっています。

タコには、もともとコレステロールが多く含まれているため、体にはあまり良くない食べ物であると考えられてきたのですが、タコに含まれる豊富なタウリンが、コレステロールを低下させる働きがあるという研究結果も発表されています。

上記でもふれましたが、タコに含まれるコレステロールをあまり恐れなくても良くなってきています。

また、タコに含まれるビタミンB2は、美容効果がとても優れていると言われています。肌をきれいに保ち、美肌効果が期待できます。また、このビタミンB2は、髪の毛や爪などにも効果的なことから、たこは、身体を健康に新しく生まれ変わらせてくれる食材とも言えるのです。たこは、美容効果が非常に高く男性にも女性にもおすすめの食材と言えるでしょう。

 

特に注目したい栄養素「ビタミンB2

 

ビタミンB2は、別名「美容のビタミン」あるいは「発育のビタミン」とも呼ばれており、肌の構成成分であるタンパク質の合成を助け、肌細胞の生まれ変わりによって健康的な肌や髪、爪をつくりへと働きかけてくれます。ぜひとも積極的に取り入れたい成分です。

また、ビタミンB2には糖質や脂質の代謝を高める働きや、肥満を予防する働きもあり、ダイエット中の方は意識してみましょう。ビタミンB2は粘膜を保護する働きもあるため、不足による口内炎、皮膚炎などのトラブルには注意が必要です。

しかも水溶性ビタミンなので、身体の中に長時間とどまることができず、可能な限り毎日摂取するよう心掛けましょう。

 

美肌作りのために。たこと相性のよい組み合わせとは

お刺身にはわさびは切っても切れない関係ですが、たこはぜひともわさびで召し上がってください。わさびに含まれているシニグリンという成分は、タコに含まれるビタミンB2の働きを助ける作用があります。

たことわさびの相乗効果でお肌きれいへ。また、ビタミンB2を多く含む食材には、「納豆」「いわし」「サバ」などがあります。たこ納豆は美容効果の高い組み合わせです。

余談ですが、日本のまだこは「地だこ」と呼ばれています。市場に出ることはあまりありません。一般的に売られているたこは、北アフリカ地方で捕獲される輸入だこが多いです。

スーパーなどで表示をみればわかりますが、「モーリタニア産」が多いです。日本人がたこ漁を現地で伝え、モーリタニアの方々の主な収入源となっています。日本のたこは7割がモーリタニア産と言われています。ちなみに、モーリタニアの人々はたこは「悪魔の生き物」と刊がられておりたべません。

 

まとめ

こりこりの薄造りにもっちりとしたぶつ切り。居酒屋メニューではお酒のつまみに人気が高いたこ料理。たこはタウリンやビタミンB2が豊富に含まれた体によい食材であります。わさびや納豆、いわし、さばなどとの相性の良い食材でもあります。たこを仕入れる際は思い出してくださいね。

 

 

業務用いか・たこのタコの卸売市場はこちら

この記事がお役に立ったらぜひシェアをお願いします。
執筆者のモチベーションに繋がります。

飲食店の仕入れ担当者さまへ売上を上げたいとお悩みの食材卸業者さまへ

業務用鮮魚の新着トピックス

  • 業務用青果
  • 業務用精肉
  • 業務用鮮魚
  • 業務用惣菜・加工品
  • 業務用 豆腐・練り物・麺類
  • 業務用 酒・飲料
  • 業務用 米
  • 業務用 菓子・パン・デザート材料
  • 業務用 乳製品・卵
  • 業務用 調味料
  • 業務用 農産乾物・海産乾物・缶詰
  • アウトレット市場
  • こだわり市場
  • 季節の市場
  • 少量市場
現在のパスワード
新しいパスワード
パスワードの確認

パスワードを変更しました。


処理中です