トップページ > 目指せシラス丼の美味い店!仕入れてみたい名シラスは?シラス産地3選

目指せシラス丼の美味い店!仕入れてみたい名シラスは?シラス産地3選

飲食店運営を頑張る皆様、こんにちは!業務用食材に関するお役立ち情報をお伝えしております『食らぶログ』編集部のワタベンです!

 

さて、近ごろランチの美味しいお店に入ると、お店のジャンルに限らず、丼やミニ丼を提供しているケースが多いですよね。特に麺を扱うお店などでは必須アイテムになっているよう。しかも、産地に名店が多いイメージのシラス丼も、全国的にかなりポピュラーになっていますよね。

 

シラス丼は知名度・人気ともにすでに安定的。栄養価が高くてヘルシーだから、幅広い年齢層のお客さんから支持が厚いんだ!

この記事では、大人気のシラスとはそもそもどのような魚なのかという基本解説からはじめていき、後半ではシラス丼が名物になっている全国シラスの名産地をお伝えします。どうぞ最後までお楽しみに!

 

シラスとはそもそも何?シラス干しとは違うの?

ひと口にシラスと言っても、シラスは乾燥の度合いなどによってカテゴライズされているほか、メーカーさんによっても流通する地域によってもさまざまなものがあります。シラスとは何かを知って、あなたが運営されている飲食店に合うものを探してくださいね。

 

シラスはいわしの子供!

シラスとは主にいわし類の稚魚(子供)のことをいいます。市場に流通しているシラスの多くは『まいわし』や『かたくちいわし』の稚魚ですが、他にもにしん・しらうお等いろいろな魚の稚魚がしらすと呼ばれます。

 

いわし類の稚魚は成長段階や加工法によって名称が変わるユニークな魚。シラスもボイルしなければ生シラス、茹で上げればシラス(釜揚げシラス)、乾燥させればちりめん(ちりめんじゃこ)・かちいりなどと呼ばれるようになります。

 

また、超小型のシラスを集め、紙をすくように簾(す)上で整形し乾燥させたものをたたみいわしといいますし、少々成長したものを塩茹でして干せばにぼしに、しらすを素干ししたものは田作りといいます。かつては豊富に漁獲され、保存用の食品や田畑の肥料など幅広い用途に使われていたのがシラスなのです。

 

シラスは栄養面できわめて優秀!

飲食店でシラスをアピールするポイントは美味しさや新鮮さが基本ですが、忘れてはならないのがシラスの栄養の優秀さではないでしょうか。多くの飲食店が導入しているシラスの成魚であるいわし類は、青魚にそもそも多く含有されるDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(イコサペンタエン酸・IPAともいう)が非常に豊富。

 

DHAは脳細胞の機能向上に役立つと言われ、EPAは血中の善玉コレステロールを増やすと同時に悪玉コレステロールを退治する性質を持つと言われています。この性質によって血液サラサラ効果が期待できるというわけです。こうした特徴から、シラスを適量摂取することは、循環器系の生活習慣病や老化などの予防に役立つと考えられています。

 

さらにビタミンB群も幅広くたっぷり含有。肌の健康・貧血予防といった女性が気になる作用も期待されるところです。しかも、シラスなら無理なく丸ごと栄養を摂取していただけるため、豊かなカルシウムもそのまま取り込むことができ、成長期のお子様にも持ってこい!シラスを使った料理は、ご家族連れのお客様が多い飲食店の導入にも適しています。

 

シラス丼はどのように提供する?

かつてはシラスの産地である港町で食べるイメージが強かったシラス丼。でも、冷凍技術が目覚ましく発達し、物流もスムーズな現在は、内陸でも海の近くの食堂でいただくシラス丼に負けない、フレッシュで美味しいシラス丼を提供することも夢ではありません。

 

生シラスを仕入れられるシーズン(4月~11月・産地により異なります)には贅沢な生シラス丼を提供することも可能ですし、苦味が苦手なお子様には釜揚げシラス丼がおすすめ。

 

青ねぎや生姜と美味しい醤油かだし醤油というシンプルな構成でもOKですが、大葉や梅との相性も抜群なので、刻んで添えてお出しすれば、食べ飽きずに楽しんでいただけるでしょう。さらに卵黄や卵黄の醤油づけなどをあしらうとボリューム満点の一品に!

 

くぅー!シラス丼、すっかり食べたくなっちゃったよ。シラス丼を提供する際には、お米にもこだわってみて!あきたこまちやはえぬき、それにひとめぼれなどなど、シラス丼に合うお米の銘柄にも注目だよ。

 

 

仕入れてみたいシラスがずらり!全国シラスの名産地3選

記事の前半ではシラスの解説やシラス丼の魅力をお伝えしてきましたが、ここからは国内の主要なシラスの産地をご紹介します。シラスは産地=ブランド的な扱いを受けていますし、いずれ劣らぬブランド力がある産地ばかりなので、ぜひ頭に入れておいてくださいね。

 

淡路島(兵庫県)

淡路島といえば、瀬戸内海の東部に浮かぶ離島でありながら、人口も多く、食通もうなる美味しい食材や豊富な観光資源など、魅力がいっぱいの土地柄です。シラスの漁獲量も非常も優秀。漁協や商工会が力を集めて美味しいシラスのブランド化を推進してきた成果が上がっています。

 

淡路島のシラスは品質にこだわり抜かれていることに定評があり、高度な冷凍技術で遠隔地でもそのフレッシュな美味しさをお店で再現することが可能です。魚が集まる栄養豊富な漁場として知られる明石海峡で獲れる滋養豊富なシラスは、一度は仕入れてみたい憧れのブランドと言えるでしょう。

 

駿河湾(静岡県)

全国屈指の漁場としてさまざまな名産品を抱える駿河湾。シラスは静岡県内各地の漁港で豊富に水揚げされています。冬場の禁猟期間以外には、舟びき網という漁法によってさかんに漁が行われており、釜揚げ・ちりめんなどへの加工も大きな産業となっています。

 

駿河湾のシラスは、まいわし・うるめいわし・かたくちいわしの稚魚が混在しますが、いずれもまったりととろけるような舌触りの生シラスはもちろん、しっとりとした釜揚げシラスも絶品。味が濃厚でなめらかであることも人気の理由です。同じく駿河湾名産の桜えびとあわせて仕入れて、2食丼の提供などというのもかなりおすすめ!

 

宇和海(愛媛県)

宇和海は、太平洋側からくる潮流と瀬戸内海からくる潮流がぶつかることで絶好の漁場となる豊後水道の愛媛サイドに位置します。プランクトンや小魚などが豊富に訪れるため、獲れる魚はしっかりと栄養を蓄えて美味しく成長。シラスも例外ではありません。

 

宇和海のシラスで評価が高いのがふわふわの釜揚げシラスです。鮮度へのこだわりによって、水揚げ後にすぐに茹で上げられたシラスはなめらかで軽く、いくらでも食べられると評判。地元はもちろん全国的にも人気があり、遠隔地の飲食店でも愛用される名品。市場で見かけたら、ぜひ仕入れてみてください。

 

業務用シラスのまとめ

シラス特集はお役に立ちましたでしょうか?シラスの産地としては、他にも大阪・高知・千葉や山陰地方でも多く水揚げされています。最近は冷凍ものの釜揚げシラスでも、ついさっき茹で上げたようなフレッシュ感を再現できるものがとても多いので、ぜひ皆様のお店でも仕入れて提供してみてください。

 

釜揚げシラスは柑橘との相性も良いため、すだちを添えるのもたいへんおすすめなんですよ。もちろん、シンプルなシラスおろしにパスタや和え物など、応用できるメニューも豊富。仕入れて損することはないシラスは、産地や業者さんのこだわりにも注目してお選びになってみてはいかがでしょうか?

 

この記事がお役に立ったらぜひシェアをお願いします。
執筆者のモチベーションに繋がります。

飲食店の仕入れ担当者さまへ売上を上げたいとお悩みの食材卸業者さまへ

業務用鮮魚の新着トピックス

  • 業務用青果
  • 業務用精肉
  • 業務用鮮魚
  • 業務用惣菜・加工品
  • 業務用 豆腐・練り物・麺類
  • 業務用 酒・飲料
  • 業務用 米
  • 業務用 菓子・パン・デザート材料
  • 業務用 乳製品・卵
  • 業務用 調味料
  • 業務用 農産乾物・海産乾物・缶詰
  • アウトレット市場
  • こだわり市場
  • 季節の市場
  • 少量市場
現在のパスワード
新しいパスワード
パスワードの確認

パスワードを変更しました。


処理中です