トップページ > 海藻麺を仕入れてお客様満足度UP!外食産業でも大注目の海藻麺4選

海藻麺を仕入れてお客様満足度UP!外食産業でも大注目の海藻麺4選

業務用食材に関するお役立ち情報をお伝えしております『食らぶログ』へようこそ!編集部のワタベンです。さて、健康寿命などという言葉がメディアで取り上げられることが増え、食に対するヘルシー志向は高まる一方ですが、皆様が運営されている飲食店では、仕入れでどのような対策をされていますか?

 

栄養があってローカロリー、なおかつお腹が膨れる食材として大注目なのが海藻麺だよ。単にカロリーが低いだけではなく、健康効果も期待できるからね!

そうなんです。もともと利用価値が高く人気も根強い海藻ですが、近ごろ注目の海藻麺なら、より新しい食のご提案ができるかもしれません。今回は、海藻麺とは何か、海藻の栄養面の優秀さについての解説を行い、あわせておすすめの海藻麺のご紹介をしていきます。ぜひ、健康志向を意識したお店づくりや仕入れの参考にしてくださいね。

 

すぐにでも仕入れて活用したい!海藻麺とは?

海藻麺とは、各メーカーさんによって製法も原料も異なるものですが、海藻および海藻成分を抽出したものなどを原材料として製造された麺状の食品です。そばやラーメンなどのように長いものもあれば、短くカットされたものもあります。徐々に知名度・ニーズも高まっており、業務用食材としてもかなり注目されています。

 

原料となる海藻は、わかめ・昆布・ひじきなどさまざま。いずれにしても、カロリーがほとんどないという強力な武器と、栄養面での豊富な魅力は、飲食店でも幅広いシーンで活用できるポテンシャルを秘めていると言えるでしょう。

 

麺と言っても、そのまま麺の代わりに使えるほど食感にこだわったものから、あらかじめ多用途を想定して製造されているタイプまで種類も多いため、提供したい料理のスタイルに応じて選ぶことが可能です。

 

気になる海藻の栄養面!何がそんなにスゴい?

海藻がヘルシーだということは有名ですが、その栄養上の特徴には、ローカロリーであること以外にも、ぜひとも飲食店のお客様にアピールしたい魅力がたくさんあります。ここでは、海藻の栄養事情について解説していきます!

 

海藻はダイエットの味方!

海藻の栄養上の特徴でまず挙げられるのは、そのカロリーの低さです。たとえば、昆布は100gあたりのエネルギー量が約140kcal(利尻昆布)。アレ?そんなにローカロリーじゃない?とお思いかもしれませんね。ですが、この100gとは乾燥状態の昆布。この量を水で戻して一人ですべて食べるというのはなかなか考えにくいことです。

 

多めに食べても乾燥状態では一度に10gといったところであり、そうなると単純にカロリーは14kcalとなります。同様に、乾燥ひじきは100gあたり149kcal、乾燥わかめは100gあたり117kcal(水に戻したもの100gであればわずか17kcal!)と軒並みかなりの低カロリー。

 

おまけに、海藻には食物繊維がたっぷりと含まれています。海藻に含有される食物繊維は分解されきらない状態で腸まで届くとされ、腸の動きを活発化させる働きがあると言われています。海藻は、ダイエットの大敵である便秘解消にも大きな効果が期待できそう!

 

天然のサプリ?海藻は健康志向時代の主役的食材!

海藻が栄養的に優秀なのは、低カロリーや食物繊維の多さだけではありません。食物繊維つながりで言いますと、海藻類(藻類)に多く含まれる水溶性食物繊維である『アルギン酸』は、腸の活動を促すだけでなく、コレステロールを排泄するという大きな役割を持っています。

 

これにより、脂質異常症・動脈硬化といった生活習慣病の予防に効果が期待できるほか、食べ物の消化・吸収をゆるやかにする働きもあるとされているため、血糖値の急激な上昇を抑える効果もあると言われているのです。

 

さらに、昆布をはじめ多くの海藻に含まれているぬめり成分の一つ『フコイダン』は殺菌効果が強く、がん細胞を小さくするのでは?という研究が進められているとも言われています。

 

他にも、むくみ予防に効くとされるカリウムや骨の健康に欠かせないカルシウム、貧血予防に不可欠な鉄分といったミネラル分も豊富。これこそ、海藻が『天然のサプリ・天然の薬』と言われるゆえんです。

 

海藻麺や海藻をお店のメニューにしっかりと活用して、こうした栄養上の魅力とともにアピールすれば、お客さんの関心はかなり高まるだろうね!お酒のあとの締めは、ぜひ海藻麺で!

 

仕入れにおすすめ!要注目の海藻麺4選!

海藻にはお伝えしきれないほどの魅力があるのですが、その海藻や海藻に含まれる成分を原料として造られる海藻麺は、食べたいけど我慢しなくては…とお悩みのお客様の救世主となるかもしれません。どのような製品があるのか、おすすめを一部ご紹介します!

 

海藻クリスタル/ 日本業務食品株式会社

海藻クリスタルは、食感が楽しい海藻麺。パリパリ・プチプチといった歯応えと爽快な喉越しはクセになります。そばやそうめんのように召し上がっていただくタイプではありませんが、海藻麺と言えばつるつる食感という先入観を覆す新食感が人気です。原材料は海藻からの抽出液で、ヘルシー度も抜群。

 

用途は基本的に生食用の料理に限られるものの、刺身のつま・サラダ・生春巻きなどに幅広く活躍します。食感の楽しさに加え、かさ増し効果もあり、ダイエット中のお客様にぴったり。洗えばそのまま使える手軽さに加え、常温保存できる点も飲食店にとっては大きなメリットです。

 

シークリスタル/ カネリョウ海藻株式会社

シークリスタルは、海藻原料の加工品ならではのパリパリ食感を楽しめるサラダ等生食料理への利用のほか、鍋物・スープに使えば、また別の喉越しの良さを味わえる便利な海藻麺です。ヘルシー鍋の具として、女子会などのコース料理への導入もおすすめできます。

 

シークリスタルは春雨の代用としても重宝。春雨も美味しいですが、春雨の代わりに海藻麺を使用すれば、特にダイエットや健康が気になるお客様には、かなりアピール力を発揮するはずです。チャプチェ・麻婆春雨・春雨サラダなどに利用してみてはいかがでしょうか?

 

つるつるわかめ/ 株式会社ふかうら開発

青森県西津軽郡の深浦町で、観光事業とともに地場産業である農業や水産業を盛り立てているふかうら開発のヒット作がこのつるつるわかめです。麺好きをも唸らせるなめらかな食感は、まさにつるつる。驚きなのは、原材料がわかめエキスではなく、わかめそのものであること。

 

わかめに含まれるミネラル分を中心とした栄養はそのままに、だしを注いで具を盛り付ければ、そのままうどん・そばの代わりにヘルシーな麺をお楽しみいただけます。お酒を飲むことで損なわれたミネラル分を補うことができて一石二鳥。お酒の後の締めのラーメンを今日はつるつるわかめにしようという方はかなりおられるのではないでしょうか。

 

ひじき麺/ あらき商会

見た目も食感もそばにそっくりな美味しい海藻麺として注目を集めているのがひじき麺。長崎県近海でとれるひじきを原料にした画期的な製品です。ひじきと言えば、鉄分・カルシウム・カリウムなどが大変豊富な優秀食材。幅広い年代の方はもちろん、そばアレルギーで苦しんでいる方にも安心してお召し上がりいただけるとあって、飲食店でも大活躍しそう。

 

このひじき麺は、ざるそば・かけそば・天ぷらそば、といった具合に、通常のそばの提供方法で十分美味しく食べられるのは大きな強みと言えるでしょう。わさびや薬味とも好相性の本格派で、業務用のお取り扱いもあります。これはお客様からの反響が大きそうな逸材です。

 

海藻麺のまとめ

海藻麺特集はいかがでしたか?他にも食らぶログ編集部注目の海藻麺はいろいろあるのですが、また別の機会にお伝えできればと思います。また、うちで製造している海藻麺はスゴいよ、うちで扱っている海藻麺はおすすめだよ、とおっしゃるメーカー様や卸業者様は、ぜひ食らぶへのご出品をお待ちしております。

 

外食ならではの高カロリー系の食事ももちろん楽しみだけど、ヘルシーさに気を使いたい日もある。そんなお客様のニーズに細やかに対応できる飲食店であれるよう、ぜひ仕入れでも工夫をなさってみてはいかがでしょうか?今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

 

この記事がお役に立ったらぜひシェアをお願いします。
執筆者のモチベーションに繋がります。

飲食店の仕入れ担当者さまへ売上を上げたいとお悩みの食材卸業者さまへ

業務用鮮魚の新着トピックス

  • 業務用青果
  • 業務用精肉
  • 業務用鮮魚
  • 業務用惣菜・加工品
  • 業務用 豆腐・練り物・麺類
  • 業務用 酒・飲料
  • 業務用 米
  • 業務用 菓子・パン・デザート材料
  • 業務用 乳製品・卵
  • 業務用 調味料
  • 業務用 農産乾物・海産乾物・缶詰
  • アウトレット市場
  • こだわり市場
  • 季節の市場
  • 少量市場
現在のパスワード
新しいパスワード
パスワードの確認

パスワードを変更しました。


処理中です