トップページ > 業務用冷凍ピザ生地市場がアツい!仕入れにおすすめの製造販売業者6選

業務用冷凍ピザ生地市場がアツい!仕入れにおすすめの製造販売業者6選

飲食店関係者の皆様、こんにちは!食らぶログ編集部のワタベンです。さて、近頃はイタリアン専門店はもちろん、ファミリーレストランやカフェ・居酒屋など、ピザをメニューにしている飲食店は多様化していますよね。

 

そこで、今回はできたての美味しさを提供できると話題の、冷凍ピザ生地の仕入れ先をご紹介するよ!

冷凍ピザ生地のメーカー様はもちろん卸業者さんなどをたっぷりお伝えしていきますので、本格ピザ生地を手軽にメニューとして導入したいとお考えの飲食店仕入れ担当者様は、ぜひご注目くださいね!

 

冷凍ピザ生地を仕入れるメリットとは?

ピザ生地は小麦粉から手作りした方が高コスパで美味しいのではないかとお思いの方もいらっしゃるかもしれませんね。もちろん、手作りピザが推しメニューで仕込みも多いお店であれば、生地を手作りするメリットが上回る場合も多々あります。また、キャリアを積んだピザ職人が作る生地は本当に美味しいものです。

 

しかし、手作りを前面に出しアピールポイントにしている飲食店以外にもピザが人気メニューとなっているというお店は多いのではないでしょうか。コスパを考えて生地から手作りしているけれど、焼き上がりにクリスピー感が出ない、それなりにはなるもののプロ仕様のピザにならないなどのお悩みを持つお店もあるのではないでしょうか。

 

また、キッチンの人手不足に悩む飲食店の話題が後を絶たない昨今。ピザ生地の仕込みや管理が楽になれば、もっと効率的にメニューの拡大や料理の安定的な供給をすることが可能となります。キッチンは最少人数で回しているという現場も多いはず。完成度が高く調理が楽な冷凍ピザ生地の導入は、求人問題を抱える飲食店様にもたいへんおすすめです。

 

さらに、生地そのものを仕入れして調理工程を簡略化することで人手不足を解消するだけでなく、調理の技術レベルが高いと言えないアルバイトなどのスタッフでも、一定水準の品質のピザを調理でき、商品クオリティの安定化も望めます。

 

 

こだわりの冷凍ピザ生地を仕入れよう!おすすめ製造販売業者6選

冷凍ピザ生地を導入するメリットをご紹介したところで、ここからは美味しく調理が簡単な冷凍ピザ生地の製造・販売業者さんを選りすぐってお伝えしていきます。ピザがメニューにないというお店も、ぜひ今後の導入をご検討ください。

 

アーモット(株式会社ソーコム)

アーモットは各種冷凍生地の専門店で、運営母体は株式会社ソーコムです。本格ピザ生地が高コスパで手に入る業者さんとしてすでに多くの飲食店から愛されており、特にピザのフチが膨らんだ、いわゆる『ナポリ風』のピザ生地が定番として大人気。

 

他にも、クリスピーながら少し厚手で満足感のある『ミラノ風』、トルティーヤ生地やピタパン、ナンまであらゆる冷凍生地がリーズナブルで高品質です。ソース類も充実の品揃えなので、生地ものメニューを新たに導入したいお店にもおすすめ。大量仕入れにも小口にも対応してくれます。

 

Pasco

日本を代表するあまりにも有名なパンメーカーの1つであるPasco。ベーカリーはもとより、カフェ・レストランなどさまざまなジャンルの飲食店運営をサポートする便利な冷凍パン生地が幅広い形状で揃い、業務の効率化に貢献してくれる業者さんです。

 

ピザ生地の品質の良さと調理の簡便性にも定評があり、ピザの生地玉は延ばして調理するだけで本格派の美味しさを提供することができます。また、パン生地を利用したボリュームのあるピザも、工数を減らして簡単調理が可能です。新メニューのアイデアが次々浮かびこと請け合い!

 

日本製粉

日本有数の製粉会社である日本製粉。すでに業務用製品をたくさんご利用になっている飲食店様も多いのではないでしょうか?日本製粉の冷凍ピザ生地は、それぞれの飲食店のニーズに合うよう、大きく分けて3タイプがラインアップされています。

 

クリスピーな『Nピザ生地(ローマ風ピザ)』は高温調理用で120gと140gの2タイプ。室内発酵させるものと成形~トッピングのみで焼くだけのものを選べるもちもちタイプの『ナポリタイプピザ生地』もあります。また、ふかふかした厚い生地が根強い人気の『アメリカンタイプピザ生地』も仕入れ可能です。

 

カタクチ商店

すべて手作りのピザ生地が美味しいと評判のカタクチ商店。冷凍生地は大きく分けるとクラストタイプと玉生地の2種類を展開しています。クラストタイプは、5枚入りの生地を1枚ずつにはがして5分ほど室温で解凍すれば、あとはトッピングして250℃のオーブンで4分程度焼けば感性という手軽さ!少し厚みがありもちもちしているナポリタイプと、サクッと小気味良い食感のクリスピータイプがありコスパも優秀です。

 

玉生地の方も冷凍で、1玉200g。手元で解凍~発酵を経ますが、さらに所定の時間を目安に熟成させると美味しさ倍増。生地のもっちり感とともに焼き色もより良くなります。自店の好きな厚さに延ばしたいという場合はこちらがおすすめです。

 

有限会社 熊本チーズ屋

熊本チーズ屋は、熊本県熊本市内で30年以上にわたりチーズ加工業を営む老舗メーカーです。本格イタリアンの提供もかなう良質なチーズを幅広く取り扱う業者さんなので、ピザやピザ生地にも並々ならぬこだわりが。イタリア産の粉を使用し、配分にも独自の工夫が凝らされているだけでなく、すべて手作りの製品となっています。

 

ピザ生地とともにピザソースやチーズのあわせ仕入れができるのも魅力ですし、ピザ窯や関連商品の取り扱い、独立開業支援も業務として行っているので、イタリアンの美味しい飲食店を今後開業したいとお考えの方にもお知らせしたい企業です。

 

安田屋

宮崎県宮崎市佐土原町で老舗の米店として地元で愛されているのが安田屋。なぜピザ生地の販売店の紹介記事でお米屋さんを?とお思いかもしれませんが、こちらの安田屋製ピザ生地が美味しいとネット通販などで話題となり、近頃飲食業界でも大注目されているのです。

 

お米と言っても米粉のピザ生地ではなく、お餅シートという独自の素材を使った全く新しいピザ生地。モチモチさっくりの唯一無二の食感は、一度食べるとやみつきと話題です。薄さは何と2mmで1枚あたりの重量はわずか55gとたいへん軽やかな食べ心地。デザートピザにもうってつけと言えます。

 

小麦粉を使っていないので、小麦アレルギーが心配なお子様連れのお客様が多い飲食店にもおすすめ。冷めても美味しい画期的な製品です。

 

近頃の冷凍ピザ生地は本当にグレードが高いよね!コストだって手作りの方が多くかかる場合だってあるんだから、人手不足やピザのクオリティに悩んでいるお店は、ぜひ冷凍生地を仕入れることも検討してみよう。

業務用冷凍生地のまとめ

今回は、美味しい冷凍ピザ生地の製造・販売企業さんをご紹介してきましたが、参考にしていただけましたか?多くの飲食店で有力メニューとなっているピザですが、他のメニューとの兼ね合いもあるので、クリスピータイプが良い、厚手の生地が良いなど、ニーズもさまざまですよね。

 

近頃のメーカーさんはこのような各ニーズに細やかに応えているだけでなく、品質も非常にハイレベルです。手作りを売りにしているお店はともかく、小麦粉の価格も上がってきている現状があるので、この際冷凍ピザ生地の仕入れをお考えになるのも良いのではないでしょうか。

 

この記事がお役に立ったらぜひシェアをお願いします。
執筆者のモチベーションに繋がります。

飲食店の仕入れ担当者さまへ売上を上げたいとお悩みの食材卸業者さまへ

業務用 惣菜・加工品の新着トピックス

  • 業務用青果
  • 業務用精肉
  • 業務用鮮魚
  • 業務用惣菜・加工品
  • 業務用 豆腐・練り物・麺類
  • 業務用 酒・飲料
  • 業務用 米
  • 業務用 菓子・パン・デザート材料
  • 業務用 乳製品・卵
  • 業務用 調味料
  • 業務用 農産乾物・海産乾物・缶詰
  • アウトレット市場
  • こだわり市場
  • 季節の市場
  • 少量市場
現在のパスワード
新しいパスワード
パスワードの確認

パスワードを変更しました。


処理中です