トップページ > 何かいいおでん種ない?飲食店の仕入れにおすすめのおでん揚げ物8つ

何かいいおでん種ない?飲食店の仕入れにおすすめのおでん揚げ物8つ

業務用食材に関するお役立ち情報をお伝えしております『食らぶログ』へようこそ!編集部のワタベンです。さて、今回のテーマは、寒い季節には定番メニューにしているという飲食店様も多いであろう『おでん』。でも、おでんの種ってよそのお店との差別化が難しいですよね。

 

やっぱりおでんは練り物が人気だよね。もしも、あのおでん種を食べたいからあのお店に行きたい!と言われるような仕入れをすれば、他店と差がつけられるんじゃないかな?

というわけで、今回は編集部おすすめの、おでんにぴったりな練り物・揚げ物をご紹介します。定番の練り物はもちろん外せませんが、よそのお店ではなかなか食べられないような、個性派かつ絶品のおでん種ばかりが登場しますのでお楽しみに!

 

飲食店のおでんに変化球を!編集部おすすめ揚練り物8つ・前半

『おでんの具、何をお持ちしましょう?』お客様にお聞きする際、他のお店にはあまりないような揚げ物・練り物があるとおすすめしやすいですよね。ここでは、おでんに差がつく絶品揚練り物をご紹介します。

 

餃子巻き

福岡県博多の屋台ではおなじみのおでんの具ですが、他エリアの方にとってはなかなか衝撃の、この餃子巻き。正体は何と、おでん種としては大定番のさつま揚げと餃子のコラボなのです。

 

しっかりとした弾力のさつま揚げは、餃子のうま味とだしを吸って美味しさ&ボリューム満点ですし、餃子のジューシーさも引き立ちます。鍋に餃子を入れることはよくありますが、おでんに直餃子はなかなか厳しいもの。でも、餃子巻きなら煮崩れの心配もなく餃子とおでんの組み合わせを楽しんでいただきます。

 

金目鯛のあげたい

ほろほろとした食感のやわらかい身が人気の高級魚『金目鯛』。金目鯛のあげたいとは、このすり身を贅沢に使った練り物です。揚げ物でありながら、金目鯛ならではのあっさりとした味わいとふっくらとした食べ心地が非常に上品。

 

あげたいは縁起物としても活躍します。運気を上げるといった言葉を連想させるネーミングであることから、お祝いの宴席や合格祈願の時期など、目玉のおでん種として重宝するのではないでしょうか?

 

ほたて天

ここのところ不漁続きで、卸価格が高騰しているほたて。ほたてを仕入れたいのに仕入れられないという飲食店は多いかもしれませんね。そこで試してみていただきたいのがほたて天です。ほたてや小柱の身を練り込んで造られた揚げ物で、おでんにぴったり。だしのコク足しにもなります。

 

おでん以外にも、あぶってわさび醤油で召し上がっていただけば、お酒のおつまみにもってこい。ほたて天はさまざまなメーカー様の製品が出回っていますが、野菜を一緒に練り込んだものや貝をかたどったものなど、種類は非常に豊富です。

 

創作練天

編集部注目は、大阪市平野町に本店を構える魚竹蒲鉾さんの創作練天。原材料である魚の質・鮮度の良さと、すぐれた加工技術に定評のある名店で、季節ごとに魚の種類を変えてベストな揚げ物を提案してくれる創作練天『魚庭天(なにわてん)』は絶品です。

 

また、お子様や女性客から支持されそうな、コーンと枝豆がたっぷり詰まった『たっぷり枝豆コーン』や、大阪ならではの味覚『たこねぎしょうが』もついついリピートしたくなる美味しさ。いずれも、個性・味どちらでも勝負できるおすすめ練り物です。

 

飲食店では、家庭ではなかなか出せないおでんを提供したいものだよね!時々、コンビニのおでんで、タイミングが悪くてネタの種類が少ないことがあるけど、あれって寂しくない?

 

飲食店のおでんに変化球を!編集部おすすめ揚練り物8つ・後半

前半では個性溢れるおでん種をいろいろとご紹介してきましたが、さらにここからは他店と差がつくおでん種をチェックしていきましょう。練り物自体の美味しさと、プラスα素材どちらのクオリティも高いことがおすすめの理由です。お楽しみに!

 

伊勢ひりょうず

さまざまなメディアで取り上げられ、すでに人気者となっているのが伊勢ひりょうず。いわゆる『がんもどき』ですが、伊勢ひりょうずはうずらの卵・枝豆・わかめ・しいたけ・にんじん・たけのこ・きくらげ・ごぼう・伊勢ひじきという9種類の食材が入ったボリューム満点のがんもどきなのです。

 

選りすぐられた素材が渾然一体となったオリジナルひりょうずは、クセになるうま味とともに大きな見た目のインパクトも魅力。野菜が多用されていてヘルシーさもあり、女性からの人気も絶大です。手がけているのは伊勢はんぺいなどでおなじみ、練り物の老舗である伊勢若松屋さんとなっています。

 

枝豆天

風味の良さに加えて、栄養価が高いことでも最近注目が集まっている枝豆。茶色一辺倒なおでんの鍋に、爽やかな緑色を差してくれる便利種です。枝豆ならではの香ばしさやコクのある味わいも、おでんのだしに深みを与えてくれることでしょう。

 

もちろん、おでんだけでなく、お酒のおつまみや一品料理の材料としても重宝。彩りが寂しくなりがちな練り物の中にあって、枝豆天の華やかさは異色です。ぜひいつものおでんに加えてみてはいかがでしょうか。

 

たこ天

たこ串をおでんのたねに使う飲食店も多いと思いますが、もうワンクッションたこ風味がやさしくなるたこかま天もおすすめです。編集部お気に入りは、京都の高級蒲鉾店茨木屋のたこ天です。

 

舌触りにこだわるこの店ならではのほど良い弾力や滑らかな食感に、上品なたこの風味が混じって非常に美味。おでんの具材にするのはもちろんですが、そのままお酒のおつまみとして提供することができるのもメリットです。

 

豆腐天

豆腐天とは、京都のはま一が手がけた力作です。おでんの仕上げに白はんぺんなどの繊細な種を加えている方は多いと思いますが、豆腐天も同じような扱いが必要なデリケートな練り物。ふわふわ食感と京豆腐の濃厚な風味がクセになります。

 

ねぎと紅生姜が味と食感のアクセントになっていて、このバランスも絶妙。おでんなら、だしのよくきいた薄めの味つけをおすすめします。また、醤油やぽん酢をかけておつまみや一品料理としても重宝します。

 

業務用練り物のまとめ

今回は、他店と差がつくおでん鍋にぴったりの、編集部おすすめ練り物をご紹介してきましたが、いかがでしたか?おでん種というと、とかくマンネリ化しやすいというお店は多いはず。入れる種の変動によっていつもと違う味になってしまうリスクは確かに心配ですよね。

 

ですが、新しい風を入れることによって、あまり動きのなかったメニューが活発となることもありますので、ぜひ、他店では扱わなさそうな目玉となりえるおでん種を仕入れてみてはいかがでしょうか?今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。ワタベンでした!


 

 

*今回ご紹介した製品の中は、必ずしも業務用としての扱いがあるものばかりではございませんので、ご承知おきください。

この記事がお役に立ったらぜひシェアをお願いします。
執筆者のモチベーションに繋がります。

飲食店の仕入れ担当者さまへ売上を上げたいとお悩みの食材卸業者さまへ

業務用 豆腐・練り物・麺類の新着トピックス

  • 業務用青果
  • 業務用精肉
  • 業務用鮮魚
  • 業務用惣菜・加工品
  • 業務用 豆腐・練り物・麺類
  • 業務用 酒・飲料
  • 業務用 米
  • 業務用 菓子・パン・デザート材料
  • 業務用 乳製品・卵
  • 業務用 調味料
  • 業務用 農産乾物・海産乾物・缶詰
  • アウトレット市場
  • こだわり市場
  • 季節の市場
  • 少量市場
現在のパスワード
新しいパスワード
パスワードの確認

パスワードを変更しました。


処理中です