トップページ > 今後仕入れたい麺類ベスト4!メニューのマンネリ化を打破!

今後仕入れたい麺類ベスト4!メニューのマンネリ化を打破!

ご機嫌いかがですか?ようこそ食らぶへ。編集部のワタベンです。日頃、さまざまな飲食店でお話を伺っていますと、メニューのマンネリ化を心配されている方が多いことに気づきます。皆様はどう対策されていますか?

 

厨房にたくさんスタッフがいればいいけど、人手がない飲食店では、新規メニューを導入するのはひと苦労。でも、どうだろう。軽食や締めの食事として人気の麺類で、さりげなーく新規メニューを試してみるというのは?

 

そうだね、食らぶ君。味付けやスープ、具材などを冒険しなくても、簡単にメニューをリフレッシュできる麺類は飲食店のちょっとした改変におすすめです。今回は、食材情報発信基地食らぶが、今後仕入れるべき麺類を予想しご紹介します。新たな仕入れを検討している飲食店関係者の皆様は、ぜひ参考にしてくださいね。

 

まずは、麺類の種類やカロリーなどの基本情報からお伝えします。

 

麺類には何がある?カロリーや塩分は?

ご存じのように、業務用で流通している麺類は非常に種類豊富です。どんなものがあるのか、1度整理してみましょう。

 

まず最も豊富なのが小麦粉系の麺類。うどん・そうめん・ひやむぎなど、そして小麦粉の中でもグルテン豊富なデュラム粉で製造されるスパゲッティ・ショートパスタに大別されます。基本は小麦粉(中力粉)に塩・水を加えてこねて造られ、パスタの場合はそこに卵やオリーブオイルが加わることも少なくありません。生のうどん(ゆで)は100gあたり105kcal。ゆでたスパゲッティは100gでだいたい165kcalです。

 

次は『かんすい』というアルカリ性の液と中力粉に水を加えてこね、弾力やなめらかな食感を高めて製造される中華めん。このかんすいの作用により、小麦粉に含まれるフラボノイド系の色素が反応して独特の黄色い麺となります。

 

中華めんの中でも異彩を放つのが沖縄そばの麺です。沖縄そばの独特の風味の正体は、そば粉ではありません。木灰を水に溶かしてできた上澄みをかんすいと合わせて使用します。強いコシや弾力は、このおかげなのですね。一般的な生の中華めんは、ゆでた状態で100gあたり149kcal。

 

そして日本人のソウルフードであるそば。こちらはそばの実を挽いたそば粉を原料とし、そばの実のどの部分を使用するかでさらしなそばや田舎そばなど、さまざまな色や風味のそばが生まれます。お茶を練り込んだ茶そばも飲食店で利用の多い人気麺ですよね。一般的な日本そば(ゆで)は100gで132kcal。

 

さらに忘れてならないのは、米が原料である米粉めん。ライスヌードルなどとも言い、米粉・塩・水を混ぜ合わせ、こねて製麺するものです。近頃注目度が高く、小麦アレルギーを持つお子様にも需要があります。米を使った麺として大人気の麺類にはビーフンもありますが、米粉麺とは少し製法が異なるのが特徴。

 

ビーフン・フォー・ミーなどアジア圏でよく消費される麺は、でんぷん質しっかりのうるち米をペースト状にし、それを熱湯の中に押し出すようにして製麺、乾燥させます。ちなみに乾燥状態のビーフン100gあたりのカロリーは377kcalです。

 

一言で麺類と言っても、すごーくたくさんの種類があるよね。食らぶにはどんな麺類が出品されているか、ぜひチェックしてみてね。そして、『全国の飲食店にもっとウチの麺を使ってほしい』という卸売業者さん・メーカーさんもぜひ食らぶに参加してね。

 

 

これからは定番に?今後仕入れてほしいおすすめ麺類ベスト4

麺類天国の日本には数多くの麺が溢れていますが、食らぶは今後仕入れを検討していただきたい麺類を独自に選出。一時のブームではなくいつまでも人気が衰えない麺類、スター性十分な将来性ある麺類などをご紹介します。

 

エスニック料理店以外にももはや必須!フォー

近頃は、本当にさまざまな飲食店で見かけるベトナムのフォーですが、エスニック料理ブームによる一過性の人気かと考えていた方も多いかもしれませんね。ところがこのフォー、米が原料で、だしはコクがあってあっさりの鶏ガラメインとなれば、日本人の嗜好にがっちりマッチ、需要が高いままであることに何の不思議もない麺類です。

 

業務用のつゆやスープで手軽に仕込めるのはもちろん、ふだんから鶏がらでだしを取る飲食店では、ついでの仕入れでトッピングに必要なハーブ類・柑橘類などを揃えれば、かなり本格的なフォーを提供することができます。ご高齢の方にも支持されている麺類なので、ぜひメニューに導入をご検討されてはいかがでしょうか。

業務用フォー 参考価格\1,024/1kg

 

県民食を超えて国民食へ!沖縄そば

沖縄県グルメが脚光を浴び続けているなか、特に人気が高いのが沖縄そばです。家庭用の製品も豊富で、通販サイトなどでも非常にニーズが多い食材。全国的に沖縄料理店は増加傾向にありますが、知名度や人気からすると、他には沖縄料理を扱っていないという飲食店でも、沖縄そばは十分に需要が見込めます。

 

コシが強い独特の太い中華めんとともに、かつおの風味がきいたスープも人気の秘密。日常的にかつおだしを引いている飲食店なら、すぐに導入できます。まずは人気のキット商品などで味の研究をしてみるのもおすすめです。

業務用参考価格 \560/10食

 

押し寄せるヘルシー志向対策に!糖質カット麺

炭水化物が大好きな日本人ですが、糖尿病をはじめとした生活習慣病予防には、この炭水化物が持つ糖質の摂取に対する警戒が必要です。このため、たくさん食べたいけど我慢しなければならないという思いから、楽しみな外食を控えてしまうという方も少なくありません。高齢化社会が進むなか、外食産業にも糖質対策は不可避となっています。

 

そこでぜひ仕入れたいのが、あらかじめ糖質カットされた麺類。たとえば、広島県福山市の『クラタ食品』の糖質カット麺では、ラーメンやパスタの糖質を何と50%もカットしています。美味しさにも歯ごたえや風味も、レギュラー麺と比べてまったく見劣りなく、業務用に開発されただけあって、外食に求められる味を見事に実現した、非常に完成度の高い逸品です。

クラタ食品 糖質50%オフ中華麺 5玉 \810

 

グルテンフリーの奇跡!純米めん

小麦アレルギーを気にせず食べてもらえるうどんがないかな。そんな風に思われた飲食店の皆様、お待たせしました。冷麺やそばなど、美味しい麺が揃う岩手県盛岡市に本社を置く『兼平製麺所』の純米めんをご存じでしょうか。

 

何とこの純米めんは、この麺のためだけに栽培される専用のお米から製造される100%純米産であるうえ、製麺過程で小麦やそば粉と混じることはいっさいないのだとか。いわゆる特定原材料やそれに準ずる食材のほとんどが使用されていないので、アレルギーでうどんを我慢している方でも食べられる方がほとんど。

 

しかも米粉麺といっても、アジア系の麺とは一線を画する食感で、日本人の味覚にぴったりのモチモチ感を楽しめます。つるつるもちもちの食感とお米の甘み。人気爆発の予感です!

業務用15食入り 価格\1,388

 

麺類のまとめ

いかがでしたか?一部のジャンルの飲食店だけで提供されるものと思い込んでいたフォーや沖縄そばは、もはや定番です。そして、糖質やグルテン、特定食品などに気をつかった麺類の仕入れは、健康志向や高齢化・外食の多様化といった課題を克服するために検討が必要ではないでしょうか。

 

外食志向が強いけれど味の濃さやカロリーが気になるというご高齢世代にふり向いていただくためには、味の良さだけではない工夫も要求されるんだよね。もちろん、ダイエットに敏感な女性客やアレルギーに悩むお子さんのためにも!さあ、客層拡大に仕入れを利用しようよ。

 

卸売業者の皆様は、食材に対する世の中の動向にも敏感!ぜひ卸売の方々からアドバイスをいただきながら、ニーズに合う麺類を仕入れてくださいね。最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

この記事がお役に立ったらぜひシェアをお願いします。
執筆者のモチベーションに繋がります。

飲食店の仕入れ担当者さまへ売上を上げたいとお悩みの食材卸業者さまへ

業務用 豆腐・練り物・麺類の新着トピックス

  • 業務用青果
  • 業務用精肉
  • 業務用鮮魚
  • 業務用惣菜・加工品
  • 業務用 豆腐・練り物・麺類
  • 業務用 酒・飲料
  • 業務用 米
  • 業務用 菓子・パン・デザート材料
  • 業務用 乳製品・卵
  • 業務用 調味料
  • 業務用 農産乾物・海産乾物・缶詰
  • アウトレット市場
  • こだわり市場
  • 季節の市場
  • 少量市場
現在のパスワード
新しいパスワード
パスワードの確認

パスワードを変更しました。


処理中です