トップページ > ゼンパスタとは?飲食店で仕入れてみたいヘルシー麺類4選

ゼンパスタとは?飲食店で仕入れてみたいヘルシー麺類4選

こんにちは!業務用・卸食材に関するお役立ち情報をお伝えしております『食らぶ』ログ編集部のワタベンです。さて、飲食業界でもよりヘルシーなメニューを提供しようという競い合いが目立っていますが、皆様のお店では何か仕入れに工夫をされていますか?

 

やっぱり、飲食店のお客さんの関心は、大好きな炭水化物をお腹いっぱい食べられる方法なんじゃないかな?

そうですよねぇ、炭水化物の食らぶ君。今回は、人気の麺類を少しでもヘルシーに提供したいという飲食店様のために、近頃人気のヘルシー麺をご紹介します。話題のゼンパスタも登場しますので、お楽しみに!

 

ゼンパスタとは?目から輸入の逆輸入アイデア

近頃メディアで話題となっているゼンパスタ。日常的に食材情報にアンテナを張っているH<皆様なら、聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。ここでは、大注目のゼンパスタとは何かを解説していきます。

 

ゼンパスタはイタリア発日本的発想パスタだった!

ゼンパスタとは、パスタの本場イタリアから人気に火がついた乾燥こんにゃくパスタです。もともとヨーロッパで生活されていた日本人女性が、かねてからお気に入りのこんにゃく麺『ぷるんぷあん』を、手がけているメーカー『トレテス』とともにイタリアへ広めようとしたことがゼンパスタ誕生のきっかけだったといいます。

 

こんにゃくがポピュラーな食べ物である日本ならともかく、パスタに対して舌が肥えたイタリア本土でどの程度このこんにゃくパスタが浸透するか未知数だったようですが、それでもやはり昨今のヘルシー志向は万国共通。見事、健康意識の高いイタリア女性のハートをつかみ、人気を徐々に獲得していったのだとか。

 

インドネシアに自生するこんにゃく芋が原料

ゼンパスタは、インドネシアに自生しているむかごこんにゃくを原料としています。食物繊維も豊富で、ヘルシーそのもの。こんにゃく麺は以前から普及していましたが、乾燥こんにゃくパスタは、こんにゃく特有のにおいも抑えられていて、より調理しやすくなっています。パスタはもちろん、他の麺料理への応用も可能。

 

それぞれの製品にもよりますが、戻し方もお湯か水に浸けおくだけと、非常に使い勝手がよく手軽です。急いで戻す時は熱いお湯を使うなど、状況に応じて調理できるので安心。こんにゃく製でグルテンフリーなので、ダイエットを意識しているお客様、生活習慣病予防が気になるお客様や小麦アレルギーのあるお子様など、多くの客層へ訴求力を持ちます。

 

ゼンパスタにはシリーズ製品も…

イタリア内で支持が増え始めたこのヘルシーパスタは日本の『禅』とパスタを融合させ『ZENPASTA』と名づけられました。最近は日本国内でもゼンパスタへの関心とニーズが高まっており、トレテスからは『ZENPASTA ペンネ』や『ZENPASTA リガタキ』といったシリーズ製品も発売になっているのだそう。

 

リガタキとはリガトーニとしらたきを組み合わせた造語(リガトーニは、筒状のショートパスタ)。ユーモアもありますが、食べ応えある食感とあらゆるソースに合う絶妙な質感は、幅広い世代のパスタファン、そして健康志向の方に喜ばれそうです。

 

ゼンパスタは早くも日本で大流行。さまざまなメーカーから、いろんな製品が出ているね。パスタだけじゃなく、中華・和風の味付けでも重宝するよ!

 

ゼンパスタ以外にもある!おすすめヘルシー麺4選

収まるどころか、どんどん高まっていくヘルシー志向の波。健康に気を使うこと、生活習慣病を未然に防ぐために努力することは、流行ではなく日常習慣として定着してきた感がありますよね。ここでは、ゼンパスタ以外にも注目したい人気ヘルシー麺をご紹介します!

 

大豆麺

大豆麺は文字通り大豆でつくられた麺。通常の小麦麺と比べて格段に糖質が低いうえ、上質なたんぱく質を摂取できるとあって、人気が上昇しています。麺の茹で時間によって、パスタ・そば・中華麺など、さまざまな種類の麺の代役をこなすツワモノです。

 

岐阜県各務ヶ原市の株式会社エヌ・ディ・シーから販売されている『まんま大豆 豆~麺 乾燥めんタイプ』は、小麦製のパスタを使った料理に比べて、カロリーを2割以上もカットできるとしています(ナポリタン)。常温保存できて場所を取らないのも人気の理由となっています。

 

低糖質中華麺

お酒の後の締めの一杯として定番のラーメン。しかし、カロリーや糖質が気になって控えているというお客様のお声を耳にしませんか?居酒屋さんなどでは、冷凍ラーメンなどを仕入れてそのままお出ししているお店もあるかもしれませんが、健康・ダイエットが気になるお客様のために、低糖質の中華麺をお試しになるのはいかがでしょうか。

 

たとえば低糖食品の製造を手がける『低糖工房』の『抵糖質麺 中華風』は、大豆やふすまではなく、グルテンに食物繊維を添加してなめらかな食感を実現。さらに、かん水・卵をプラスすることで、中華麺本来の風味も大切にしている本格派です。食感はやわらかめなので、幅広い年齢層の方に楽しんでいただけることでしょう。

 

糖質オフうどん

糖質が気になる方にとっては、食べたいけど我慢しなければ…と思われがちなのがうどんではないでしょうか。手打ちうどんのお店以外にもうどんを提供しているお店は多いですが、うどんを仕入れるからこそ、画期的なヘルシーうどんを導入して、うどん専門店にはないヘルシーうどんを提供するというのも一つの手段です。

 

たとえば、さまざまな便利麺で人気のメーカー『シマダヤ』の低糖質うどんは、糖質を40%もカットした注目のヘルシーうどん。使用している小麦は全て国産というのも嬉しい限り。食物繊維がたっぷり加わっているので、腸内環境への好影響も期待できそうです。

 

ちなみにシマダヤの『からだにやさしいシリーズ』には、日本高血圧学会が主催するコンテストで金賞を獲得した塩分ゼロうどんも出ています。糖質はもちろん、そばと比べて塩分も気になるうどん。こちらも要注目ですね。

 

こんにゃくそば

ヘルシーな麺料理の筆頭であるそば。主食の中ではたんぱく質が比較的多く、塩分が少ないそばは、健康志向の強い方から熱い支持を得ています。ただでさえヘルシーなそばにこんにゃくを練り合わせて造られているのが、すでに大人気製品となっている『こんにゃくそば』なのです。

 

こんにゃくそばは、山形県山形市の名店『酒井製麺所』がこんにゃく屋さんとコラボして開発した大人気そば。本来、あまりそばには求めることがないつるつる食感を実現し、話題となっています。

 

たいへん喉越しが良いですが、もともと原材料にこだわったそばの名店が手がけているだけに、そばの風味も見事。美味しさはそのままに、食感と健康という付加価値が上乗せされた、スペシャル感の強いヘルシーそばです。

 

業務用麺類のまとめ

今回は、ゼンパスタを始めとするヘルシー麺の特集をお届けしてきましたが、参考にしていただけましたか?ローカーボあるいはロカボなどという言葉がメディアを賑わせていますが、こうした低糖質に対するニーズは、飲食店を運営していく中でも、今後意識していきたい課題の一つと言えるかもしれません。

 

古くから愛される食文化を守りながら、時代のヘルシー・ニーズにも応えていく。そんな柔軟な姿勢が、時代とともに愛され続ける飲食店となる秘訣なのかもしれませんね!今回も最後までご覧いただき、ありがとうございました!

 

この記事がお役に立ったらぜひシェアをお願いします。
執筆者のモチベーションに繋がります。

飲食店の仕入れ担当者さまへ売上を上げたいとお悩みの食材卸業者さまへ

業務用 豆腐・練り物・麺類の新着トピックス

  • 業務用青果
  • 業務用精肉
  • 業務用鮮魚
  • 業務用惣菜・加工品
  • 業務用 豆腐・練り物・麺類
  • 業務用 酒・飲料
  • 業務用 米
  • 業務用 菓子・パン・デザート材料
  • 業務用 乳製品・卵
  • 業務用 調味料
  • 業務用 農産乾物・海産乾物・缶詰
  • アウトレット市場
  • こだわり市場
  • 季節の市場
  • 少量市場
現在のパスワード
新しいパスワード
パスワードの確認

パスワードを変更しました。


処理中です