トップページ > ベルギービールとは?ビール好きを集客したい飲食店仕入れ担当者必見!

ベルギービールとは?ビール好きを集客したい飲食店仕入れ担当者必見!

業務用食材に関するお役立ち情報をお伝えしております『食らぶログ』へようこそ!編集部のワタベンです。さて、若者のお酒離れが進んでいるなどと言われる昨今ですが、本当にそうなのでしょうか?

 

若い女性客は、女子会などでも割とお酒をがっつり飲んで行かれるという声もよく聞くよね。日本酒やハイボールなど、かつてはおじさんの飲み物という印象が強かったお酒も、各メーカーのCM戦略が奏功して、かなり女性からのニーズが増えているんだ。

そうなんですよね。そこで今回ご紹介したいのは、ベルギービールの魅力です。フルーティーなもの、ワインのようなものなど、女性客に楽しんでいただきたい素敵なビールが豊富なベルギービール。その特徴をわかりやすく解説していきます。ぜひ、女性客の集客対策にお役立てくださいね!

 

ベルギービールとは?その特徴と主なスタイル

人口1000万人程度の小国でありながら、ベルギービールは今や日本でも多くの飲食店で積極的に仕入れられるほど名ビールが豊富です。こうした背景ができた理由とは何なのでしょうか?ここでは、ベルギービールの歴史や特徴をわかりやすくお伝えします。

 

ベルギービール発展は2つの民族の功績!

ベルギーは小さな国ながら、フランス語・ドイツ語・オランダ語という3つの公用語を持つ多彩な文化を持った歴史深い国柄。食文化やお酒の種類にも独自のユニークな特徴があります。

 

現在も地方名として残存しているフランダースとワロンは、もともとゲルマン系民族のフランダース人とラテン系民族のワロン人の居住地域。彼らはそれぞれに独自のスタイルでビールを開発・発展させ、ベルギーならではの独特なビール文化の基礎を作ったと言われています。

 

ベルギーには何と1000銘柄以上のビールが存在すると言われており、これらは7種類の有名なビールスタイルに大別することができます。ベルギー国民のビール愛は凄まじく深いことで知られ、各ビールの銘柄指定を受けたグラスでしかビールをたしなまないという方もいるのだとか!

 

ベルギービールを知るために

ベルギービールは、日本で多く飲まれているビールとは違い、さまざまな発酵の仕方がなされます。日本のビールの多くはラガー酵母を用いています。ラガービールは複雑な味わいはなく、シンプルですっきりとした風味・喉越しが特徴です。

 

ベルギーをはじめ、西洋でフルーツフレーバーのビールが多く製造されるのは、ラガーと並ぶ2大ビール酵母であるエール酵母を使用することが要因のひとつ。さらにエール酵母だけでなく、ラガー酵母を併用したり自然発酵させたりと、酵母や発酵方法自体が多彩です。ベルギーでバラエティ豊かなビールができる背景には、このような理由があります。

 

さらにベルギービールには、ビールをビールらしくさせる苦味・風味の素『ホップ』以外にも、フルーツ・スパイス・ハーブなどを巧みに使用し、ビールの味わいをさらに深く豊かにする文化が根づいています。

 

ベルギービールを知るためには、原材料、酵母や醸造方法の違いはもとより、先ほどお伝えした7つの基本のビールスタイルをまず知っておくのがベストです。この中から好みのビールや、仕入れてみたいビールの傾向・種類を見きわめることができるからです。

 

この7種類とは、ベルジャン・エール、ベルジャン・ストロング・エール、フランダース・エール、ホワイト・エール、セゾン、アビイ、ランビックです。記事の後半でこの7種類のビールの特徴をわかりやすく解説します!

 

ベルギービールと言うと、フルーティーなビールを思い浮かべる人も多いかもしれないけど、フルーツフレーバーにも本当にいろいろな種類があるんだ!他の飲食店と差をつけられる仕入れを考えながら、記事後半をチェックしてね。

 

ベルギービール7スタイル!フルーティービールを仕入れる!

ここからは、ベルギービールを知るための7つのビールタイプを解説します。フルーティーという言葉では片付けられない、非常に多彩な特徴を持つビールばかりですので、ベルギービールの仕入れに関心のある担当者様は、ぜひ参考にしてくださいね。

 

ベルジャン・エール

ベルギーの古都アントワープ近辺のカジュアルなビアカフェなどで一般的に飲まれているのが、このベルジャン・エール。ドライな後味でほのかな甘さのあるベルジャン・ブロンドエールと、バナナのような香りと独特の香ばしさを併せ持つベルジャン・ペールエールに分かれます。

 

全体的にはフルーツの甘さもほのかで苦味もほどほどな傾向。カラメルの香りやスパイシーな風味はありますが、クセが強いというほどでもなく、フレーバービール初心者でも飲みやすいタイプと言えます。

 

ベルジャン・ストロング・エール

甘みとスパイシーな風味を特徴とするのがこちらのタイプ。一口目は甘いのですが、アルコール度数が10%前後の銘柄も多く、ビールの中では高めなので飲み方には注意が必要かもしれません。泡が非常にしっかりしているのも特徴です。

 

濃い色合いで甘みの強いデュベル、甘み抑え目でフルーティーなゴールデン・ストロング、苦味が弱く濃厚な風味を持つダーク・ストロング・エール、淡い色合いでスパイシーな風味が特徴のトリペル、氷砂糖で色を調整してあるペール・ストロング・エールの5スタイルに分かれます。

 

フランダース・エール

ベルギービールの発展を支えてきたフランダース・エールの大きな特徴は、伝統の独自製法による強い酸味。コク深い濃厚な酸味は、ヨーグルトにも通じるほどです。東部はブラウン・エールと呼ばれるチョコレート系の色味のビールが主流で、シェリー酒に似た風味を持ちます。西部は赤っぽい色合いで、強いフルーツ感があり、こちらもワインに似た風味が特徴です。

 

ホワイト・エール

大麦メインで造られるビールが多いなか、小麦主体で造られるのがホワイト・エール。非常に淡い小麦色が見た目の特徴です。バニラ・はちみつといった甘さもほんのり含みつつ、甘み・スパイシーさはほどほど。オレンジピールのような爽やかな香りとハーブの風味でリラックスできるビールです。なめらかな喉越しも魅力。

 

セゾン

セゾンは、華やかなまでのフルーティーさと強めの炭酸が特徴的な夏用のビールです。苦味も甘みもさほど前面に出ず、りんごのような爽やかな香りとキレのある喉越しが、夏の渇いた咽喉にぴったり。

 

アビイ

もともとは修道院で造られていたレシピで製造されるという変わり種ビール。大きな特徴は、アルコール度数が高めであることです。フルーティーさ・苦味・甘みなどはバランスの良いものが多い印象。

 

ランビック

乳酸菌によって自然発酵させる異色のビールですが、ベルギーの首都ブリュッセルの特産ビールであり、ベルギービールを代表するスタイルとして定着しています。ホップもビールも長期熟成させて造られるため、ほのかにチーズのような香りがします。

 

一言でランビックと言っても、乳酸の香りやモルト・小麦の風味など、材料のバランスが良いスタンダードなランビックをはじめ、熟成させている間にフルーツを加えて発酵させるフルーティーなフルーツ・ランビック、熟成ランビックと非熟成ものをブレンドするグーズランビックといった種類に大別され、それぞれに炭酸の強弱も違います。

 

業務用ビールのまとめ

今回はベルギービールの特徴について解説してきましたが、いかがでしたか?次の機会には、ベルギービールのおすすめ銘柄もご紹介できたらと思います。フルーティーで個性的なベルギービールは、とにかく種類が豊富なので、あなたのお店にぴったり合う銘柄がきっと見つかるはず。普段はビールを飲まないお客様でも、ベルギービールは別という方もおられるので、ぜひ仕入れを検討してみてくださいね!

 

この記事がお役に立ったらぜひシェアをお願いします。
執筆者のモチベーションに繋がります。

飲食店の仕入れ担当者さまへ売上を上げたいとお悩みの食材卸業者さまへ

業務用 酒・飲料の新着トピックス

  • 業務用青果
  • 業務用精肉
  • 業務用鮮魚
  • 業務用惣菜・加工品
  • 業務用 豆腐・練り物・麺類
  • 業務用 酒・飲料
  • 業務用 米
  • 業務用 菓子・パン・デザート材料
  • 業務用 乳製品・卵
  • 業務用 調味料
  • 業務用 農産乾物・海産乾物・缶詰
  • アウトレット市場
  • こだわり市場
  • 季節の市場
  • 少量市場
現在のパスワード
新しいパスワード
パスワードの確認

パスワードを変更しました。


処理中です