トップページ > 宮崎県のいも焼酎メーカーとは?業務用でも人気の銘柄が次々登場!

宮崎県のいも焼酎メーカーとは?業務用でも人気の銘柄が次々登場!

飲食店関係者の皆様、こんにちは!仕入れに関するお役立ち情報を発信しております『食らぶログ』へようこそ。編集部のワタベンです。さて、飲食店で人気のお酒の一つにいも焼酎がありますが、皆様のお店では、仕入れるいも焼酎をどんな理由で選んでいますか?

 

好きな酒造会社の有力銘柄を仕入れているというお店もあるだろうし、市場で人気の銘柄を仕入れているというお店もあるよね。

今回は、いも焼酎の一大産地である宮崎県で人気のいも焼酎製造会社をご紹介します。企業の特徴やツウ好みの銘柄もあわせてお伝えしますので、ぜひ本格的ないも焼酎を仕入れたいという担当者様は参考にしてくださいね!

 

宮崎県のいも焼酎メーカー8選!ツウ向け銘柄も・前半

いも焼酎の出荷量は例年のように宮崎県と鹿児島県がトップ争いをしています。それぞれで焼酎に良さがあり、焼酎ツウのお客様を喜ばせてくれるので、飲食店ではどちらの焼酎を仕入れても重宝します。今回は宮崎県を代表するいも焼酎製造会社とツウ好みの一本をご紹介します。

 

霧島酒造

創業大正5年の老舗である霧島酒造。本格焼酎への深いこだわりと、食とのバランスを意識した焼酎製造で知られています。看板銘柄であるいも焼酎『黒霧島』『赤霧島』『黒霧島EX』は、芋の甘みを絶妙なバランスで味わえる名酒。

 

また、芋麹焼酎『吉助』、むぎ焼酎『ほ』など絶品本格焼酎がズラリと揃うほか、知る人ぞ知るクラフトビールの美味しさも試したいところです。霧島酒造でおすすめのツウに受けるいも焼酎は『茜霧島』。他の霧島よりもカロテン含有量が多い芋『タマアカネ』を原料にしたオレンジ色の美しいお酒で、非常にフルーティーです。ストレートかロックで!

 

神楽酒造

宮崎県西臼杵郡の高千穂町に本社を置く神楽酒造。いも焼酎の旨さは折り紙つきですが、麦焼酎の名手としても名高いメーカーです。中でも看板銘柄の一つ『ひむかのくろうま(長期貯蔵酒)』は、日本航空のファーストクラスラウンジでふるまわれる一本に選ばれた実績のある逸品です。

 

いも焼酎でツウ好みのおすすめは『天孫降臨(てんそんこうりん)』。いも焼酎独特の風味が苦手な人にも楽しんでほしいという願いを込めて造られた、非常にバランスの良い名酒です。ソフトな風味となめらかで気持ちの良い喉越しは、いも焼酎初めての人にもツウの人にもぴったり。幅広い料理とよく合い、食中酒としてもかなり優秀と言えます。

 

黒木本店 尾鈴山蒸溜所

創業は明治18年という老舗中の老舗である黒木本店。頑ななまでに焼酎造り一本にこだわってきた職人気質の蔵元ながら、スタイリッシュなHPや美しいネーミングなど、独自のセンス溢れる魅力的なメーカーです。

 

『中々』『百年の孤独』『尾鈴山・山猿』といった傑作の呼び声高い麦焼酎は、どれも香り高く上品。米焼酎『野うさぎの走り』も、ナッツやスモークのような個性的な風味が人気です。

 

いも焼酎では、絶妙な甘さとさらりとした飲み口の『㐂六』、柑橘の花のような複雑なアロマが楽しめる『謳歌』など名品が揃っていますが、今回のおすすめは『球』。2種類の芋を原料に、桃のようなジューシーでフルーティーな風味を実現したあっさり焼酎です。女性にも人気!

 

高千穂酒造

明治35年創業の高千穂酒造は、麦焼酎のイメージが強いメーカー。まるでビスケットのような香ばしさと大人に嬉しいビターな風味で大人気の高千穂・澪を筆頭に、8種類の個性溢れる麦焼酎を手がけています。他にも、米・そば・とうもろこしなど、原料の良さを最大限に引き出す卓越した技術で幅広い焼酎をラインアップしています。

 

いも焼酎でおすすめは、『芋製高千穂』。麦焼酎造りで磨き上げたノウハウを応用し、白麹・黒麹それぞれ由来の原酒をブレンドした風味豊かなお酒です。まろやかで飲みやすく、コンクールでも優秀な成績を収めています。

 

宮崎県は、麦焼酎の生産・出荷量も非常に多く、いも焼酎とあわせて仕入れてほしいな。お気に入りのメーカーさんをぜひ見つけてみよう!

 

宮崎県のいも焼酎メーカー8選!ツウ向け銘柄も・後半

仕入れを試してみたい名店揃いの宮崎県の焼酎メーカー。ここからも、焼酎好きなら誰もがうなる酒造会社ばかりが登場します。いも焼酎はもちろん、その他の焼酎もあわせて仕入れてみてください。

 

酒造王手門

120年以上の歴史を誇る酒造王手門。現在は宮崎県日南市に本社を置いています。個人商店として始まった酒造りですが、その手腕でいつしか昭和天皇への献上酒を手がける名店にまで成長。いも焼酎・麦焼酎ともに焼酎好きからの支持が厚く、仕入れておけば喜んでいただけるメーカーです。

 

今回はあえて創業以来の看板銘柄と言える『銀滴』をおすすめします。ほど良い甘みと酸味があり、キレがよくて後味も美しい名酒です。昭和天皇をも魅了した逸品なので、焼酎に力を入れたい飲食店はぜひお試しになってみたらいかがでしょうか。

 

正春酒造

明治初めに創業した伝統ある正春酒造。宮崎県でのキャンプが有名な読売巨人軍公認の焼酎『強くあれ、巨人。』も手がける人気酒造です。地下水を使用した水の旨さ、コガネセンガンのうま味・甘みを存分に活かす手法に定評があります。

 

日本神話に登場する神が妻と出会ったという伝説のある西都市の逢初川にちなんで名づけられた『逢初』は、すっきりとした飲み口で食中酒にも合ういも焼酎です。ツウ好みは『黒麹ゴールド仕込み 正春』。香ばしさとともに漂う甘酸っぱい香りがクセになります。飲み心地はライトながら、個性がしっかり。まさにツウ向けの逸品です。

 

都城酒造

うまい焼酎をリーズナブルに提供してくれるメーカーとして全国的に高い人気を誇るのが都城酒造。あなたにひとめぼれシリーズと言えば、酒造名は知らなくても『あ、あれか!』と膝を打つ方は多いかもしれません。昭和31年創業以来、いもはもちろん、麦・米・そばなど幅広い焼酎を安定品質で世に送り続けている稀有な企業です。

 

あなたにひとめぼれシリーズは、手頃な価格で高品質な焼酎としてあまりにも有名ですが、今回おすすめするのは『黒麹仕込み みやこんじょ』。コクが深いのに軽やか、さつまいもの風味豊かなのにすっきりさっぱりと、都城酒造の良さが前面に出た名品です。平成31年酒類鑑評会で優等賞を受賞しています。

 

柳田酒造

創業明治35年の老舗ながら、時代にあわせた焼酎造りを得意とするメーカーです。伝統的な技法を大切にしつつも、新たな焼酎造りに挑み続けるクリエイティブな蔵元として全国的にも注目されています。まろやかな味わい・やさしい飲み口を守る一方、はっとするような深く香ばしい香りで人気の大麦焼酎『駒』『赤鹿毛』はこのメーカーの傑作です。

 

いも焼酎で今回おすすめしたいツウ向け銘柄は『母智丘 千本桜』。柳田酒造が一時休止していたいも焼酎造りを復活に導いた伝説の一本です。南九州産のコガネセンガンの甘さと香ばしさを存分に堪能できますが、そのバランスは秀逸。ふくいくとした香りはついついまた飲みたくなるような上品さを持ちます。

 

業務用いも焼酎のまとめ

今回は宮崎県を代表する酒造会社をご紹介してきましたが、参考になりましたか?いも焼酎と言えば鹿児島のイメージを持つ方は多いですが、宮崎県は麦焼酎同様にいも焼酎製造の名店も多いので、ぜひ注目してみてください。仕入れの工夫により、『美味しい焼酎が飲めるからあの店に行こう!』と言っていただける飲食店を目指してみませんか?食らぶはそんな皆様の仕入れ・卸を応援します。

 

この記事がお役に立ったらぜひシェアをお願いします。
執筆者のモチベーションに繋がります。

飲食店の仕入れ担当者さまへ売上を上げたいとお悩みの食材卸業者さまへ

業務用 酒・飲料の新着トピックス

  • 業務用青果
  • 業務用精肉
  • 業務用鮮魚
  • 業務用惣菜・加工品
  • 業務用 豆腐・練り物・麺類
  • 業務用 酒・飲料
  • 業務用 米
  • 業務用 菓子・パン・デザート材料
  • 業務用 乳製品・卵
  • 業務用 調味料
  • 業務用 農産乾物・海産乾物・缶詰
  • アウトレット市場
  • こだわり市場
  • 季節の市場
  • 少量市場
現在のパスワード
新しいパスワード
パスワードの確認

パスワードを変更しました。


処理中です