トップページ > カナディアン・ウイスキーは初心者向け!ハイボール基礎知識も!

カナディアン・ウイスキーは初心者向け!ハイボール基礎知識も!

飲食店の仕入れに関する疑お悩みや、業務用・卸食材に関する疑問にお応えする『食らぶログ』へようこそ!編集部のワタベンです。さて、飲食店を運営されている方の中で、自分はウイスキーが苦手だけど、ハイボールが人気だから仕入れてみたいと思っている方はいませんか?

 

自分が美味しいと思うものを提供するのは飲食店の基本的発想だけど、時には自分が苦手でもお客さんのニーズに応えなくてはならないことがあるよね!

今回は、ウイスキーの中でもとりわけ飲みやすいことで知られるカナディアン・ウイスキーについて解説します。特徴やおすすめ銘柄など、仕入れに役立つ情報となっていますのでお楽しみに。

 

また、記事後半では、ハイボールのタイプ別ウイスキーの選び方をご紹介します。ご自身がハイボールを飲めない方にもわかりやすい内容となっているので、ぜひ参考にしてくださいね!

 

カナディアン・ウイスキーとは?特徴や有名銘柄は?

世界5大ウイスキー(アイルランド・スコットランド・アメリカ・カナダ・日本)の中で、最も軽やかなウイスキーと言われるのがカナディアン・ウイスキー。ここでは、カナディアン・ウイスキーにはどんな特徴があるのか、どんな銘柄があるのかをご紹介します!

 

カナディアン・ウイスキーはブレンドが主流

カナディアン・ウイスキーは、ライ麦を主体としたウイスキー『フレーバリング・ウイスキー』と、とうもろこし主体の『ベース・ウイスキー』をブレンドさせるという製造法が一般的です。熟成期間は3年以上ですが、樽は新樽も古樽もどちらも使われるといいます。

 

ベース・ウイスキーというだけあって、トウモロコシ主体のウイスキーの方がブレンドに使用する分量比としてはかなり多く、仕上がりは原料にコーンが多いウイスキーならではの軽くまろやかな飲み心地が特徴的です。フレーバリング・ウイスキーは、時にワインやスピリッツが使われることもあるのだとか。

 

ブレンデッド・ウイスキー以外にも、ライが主体のライ・ウイスキーもあり、こちらはライ独特の素朴な風味が楽しめます。いずれにしても、カナダのウイスキーは軽い口あたりで、すっきりとした飲み心地のものが多数派です。

 

カナディアン・ウイスキーの代表銘柄は?

カナディアン・ウイスキーは、スコッチ・ウイスキーやアメリカのバーボンなどと比べて影が薄いイメージもあるようですが、カナディアン・クラブと言えば、まろやかで香り高いウイスキーとして知名度も高く、人気も安定的です。

 

本社は工場とともにカナダ最南端のオンタリオ州に所在。貯蔵する前にベース・ウイスキーとフレーバリング・ウイスキーをブレンドする製法で、華やかでライトな6年もの、コクが増してなめらかなテクスチャーが魅力の8年ものなどが人気です。

 

また、カナディアン・クラブと双璧をなす人気銘柄と言えば、クラウン・ロイヤル。イギリス国王が初めて公式にカナダを訪れた際に献上されたウイスキーとして知られています。その後、一般市民の要望から商品化が叶ったという逸話がある名品。上品な穀物の香りとなめらかな飲み口に定評があります。

 

強烈な個性とかスモーキーさやスパイシーさがほとんどないカナディアン・ウイスキーは、日本人好みで食中酒としてもおすすめ。仕入れたら重宝すると思うよ!

 

あなたのお店のハイボールは?ウイスキーの選び方

ハイボールが売れる!そんな声が多く聞こえてくる最近の飲食業界。でも、ハイボールに詳しくない飲食店関係者さんの中には、どのウイスキーをベースにしたらいいのかわからないという方もおられるのではないでしょうか?そこで、ここではタイプ別ハイボールのウイスキー選びを解説します。美味しいハイボール作りの参考にしてください。

 

初心者におすすめなのはブレンデッド・ウイスキー

ウイスキー又はハイボール初心者のお客様には、クセの少ない飲みやすいウイスキーをベースにしたハイボールがベスト。香りや風味のバランスを考えて調合されたブレンデッド・ウイスキーが狙い目です。

 

例えば、記事前半でお伝えしたカナディアン・ウイスキーなどは非常におすすめ。とにかくマイルドですっきり飲めて、カクテルベースにも幅広く使えるカナディアン・クラブの6年物などはいかがでしょうか。

 

他にも日本のブレンデッド・ウイスキーではアルコール度数低めのブラックニッカもおすすめできます。スモーキーな香りを出すためのピートを使わないすっきり感はビギナー向けです。

 

甘い香りを楽しめるハイボールのベースには…

飲みやすいクセの少ないハイボールも良いですが、バニラ・キャラメル・はちみつのような甘い香りのハイボールも魅力があるものです。リラックスムードのゆったりとした時間をお客様にご提供したい場合には、アロマを楽しめるハイボールもGOOD。

 

このような香りを重視したハイボールを作りたい場合には、とうもろこしの分量が多いバーボンやコーン・ウイスキーが最適。熟成がかなり進んだ年代物は香りが複雑なので、ノンエイジや熟成10年未満のウイスキーをおすすめします。

 

有名ブランドなら、メーカーズ・マーク、ワイルド・ターキー、ジム・ビームなどがおすすめ。また、バーボンの仲間のテネシー・ウイスキーは貯蔵樽がサトウカエデ製。ひと味違う甘い香りを楽しんでいただけるでしょう。

 

さらに、シェリー酒を寝かせたあとの樽を熟成樽に使うパターンのウイスキーも、非常に良い香りがします。甘く華やかな香りで人気のスコッチ・ウイスキー、マッカランなどはいかがでしょうか。

 

スモーキーな香りを提供するハイボール

ウイスキーにも慣れてきたから、一風変わったハイボールを飲んでみたい…。そんなお客様のニーズに応えるなら、スコッチ・ウイスキー特有のピートがきいたウイスキーをベースにするのがおすすめです。ピートとは、コケ・シダといった植物が長い歴史の中で堆積した末に炭化したもので、原料麦芽の乾燥や香り付けに使用されるもの。

 

産地にもよりますが、スコッチ・ウイスキーには、ピート感のあるウイスキーがあれこれ選べます。ピート感の強いスコッチの産地と言えば、スコットランド西部・アイラ島のウイスキー、いわゆるアイラ・モルトです。潮の香りがきいている銘柄もあり、個性的な風味に酔いしれていただくことができます。アイラ・モルトの中でも比較的飲みやすいボウモアがおすすめ!

 

すっきり爽やかに飲みたいハイボールには?

今日は濃密な大人のお酒よりも、すっきりと爽快にぐいぐい飲みたい。そんなお客様には軽い口あたりのハイボールをご提供するに限ります。このような場合には、カナディアン・ウイスキーや、アメリカン・ウイスキーのライ麦主体のライ・ウイスキーがぴったり。ジム・ビームのライ版は苦味も控えめで飲みやすいと評判です。

 

また、アイルランドのウイスキーであるアイリッシュ・ウイスキーも活躍します。蒸留を3回と多めに行う点や多くはピートを使用しない点などはカナディアン・ウイスキーと共通。雑味少ない味わいで、すっきり爽快なハイボールが完成するでしょう。

 

業務用カナディアン・ウイスキーのまとめ

今回はカナディアン・ウイスキーの特徴などを中心に、ハイボールのタイプ別ウイスキー選びの仕方もお伝えしてきましたが、お役に立ちましたか?ハイボール人気が定着してきた昨今、ハイボールのメニューにもバリエーションを持たせて、お客様の来店頻度アップを目指しましょう!今回も最後までお読みいただき、有難うございました!

 

この記事がお役に立ったらぜひシェアをお願いします。
執筆者のモチベーションに繋がります。

飲食店の仕入れ担当者さまへ売上を上げたいとお悩みの食材卸業者さまへ

業務用 酒・飲料の新着トピックス

  • 業務用青果
  • 業務用精肉
  • 業務用鮮魚
  • 業務用惣菜・加工品
  • 業務用 豆腐・練り物・麺類
  • 業務用 酒・飲料
  • 業務用 米
  • 業務用 菓子・パン・デザート材料
  • 業務用 乳製品・卵
  • 業務用 調味料
  • 業務用 農産乾物・海産乾物・缶詰
  • アウトレット市場
  • こだわり市場
  • 季節の市場
  • 少量市場
現在のパスワード
新しいパスワード
パスワードの確認

パスワードを変更しました。


処理中です