トップページ > 国産ウイスキーは名酒揃い!複数仕入れて飲み比べ提供できる厳選5銘柄

国産ウイスキーは名酒揃い!複数仕入れて飲み比べ提供できる厳選5銘柄

ようこそ食らぶろぐへ!編集部のワタベンです。さっそくですが、飲食店運営を頑張るあなた!あなた様のお店では、何種類の国産ウイスキー、いわゆる『ジャパニーズウイスキー』を仕入れておられますか?

 

ジャパニーズウイスキーは、もはや世界レベルで評価が高い一大勢力。飲食店では、ブランド扱いをして販促することを強くおすすめするよ!今回は、プレミア化して価格高騰しているようなブランドではなく、比較的仕入れしやすい傑作銘柄をご紹介しまーす。

食らぶ君て、かわいいマスコットなのに、お酒の特集の時すごくはりきるよね…。

 

それはさておき、食らぶ君の宣言どおり、この記事では人気がスゴすぎて世界も注目するジャパニーズウイスキーを特集します。銘柄紹介では、料理とも相性が良く、飲食店での仕入れに適した高コスパのウイスキーばかり厳選しましたので、どうぞお楽しみに!

 

そもそもジャパニーズウイスキーとは?

ジャパニーズウイスキーとは、日本人から見ればもちろん『国産ウイスキー』。でも、世界的に評価が高まり一大ブランド化しているため、あえて『ジャパニーズウイスキー』などという呼び名がついているというわけなのです。

 

ジャパニーズウイスキーと一言で言っても、もちろん蒸留所や銘柄によって個性はさまざま。しかし、1つ大きな特徴は、日本人の舌に合うよう追究された繊細な飲み口である点。それでは、国産ウイスキーにはどんな種類があるか見ていきましょう。

 

モルトウイスキー

大麦麦芽を原料として製造されるウイスキー。蒸留は、昔ながらの単式蒸留機を使って2度されるのが常。日本のウイスキーの始まりは、20世紀はじめにスコットランドでウイスキー蒸留を学んだ竹鶴政孝さん(ニッカ創業者です!)が帰国し、独自にスタートさせたウイスキーの製造。

 

ジャパニーズウイスキーは、古来お手本となってきたスコッチと通じるモルト感の強さが1つの特徴です。もう1つ特徴的なのは、モルト感をしっかり残しつつ、飲みやすくバランスの良さを追究した次にご紹介するブレンドウイスキーです。

 

ブレンデッドウイスキー

上でお伝えしたモルトウイスキーに、あっさりとしたトウモロコシなどの穀類を原料にして蒸留したライトなウイスキーをブレンドして造られるのが、このブレンデッドウイスキーです。

 

スモーキーな感じはぐっと抑えられ、軽く穏やかな口あたりが楽しめます。また、大人気のハイボールにも最適。日本の上質な水と、独特の湿度の高い風土から生まれるブレンデッドウイスキーは、他のどの有名産地のウイスキーとも味わいを異にする繊細で豊かな品質を誇ります!

 

日本人は勤勉だから、短い歴史の中で、コク・香りともに深くデリケートな、しかも飲みやすいウイスキーをたくさん造ってきたんだね。先人たちの苦労と、各メーカーの努力に感謝、だね!
 

 

 

卸で仕入れ安定!飲食店で揃えたい名国産ウイスキー銘柄5選

数えだしたらキリがないほど、名酒揃いのジャパニーズウイスキー。ここでは、飲食店にはぜひ仕入れておいてほしい、どなた様にも納得していただける人気の銘柄をご紹介します。

 

比較的供給が安定的で、かつ料理にも合う、飲食店にとって安心感のあるブランドばかりです。どうぞ、仕入れの参考にしてくださいね。

 

サントリー 山崎 シングルモルト

日本のウイスキー蒸留所でも最も古い歴史を持つとされるサントリー山崎蒸留所は、もはや世界レベルのウイスキーブランド。

 

サントリーならではの名水へのこだわりや、周囲の環境にも妥協を許さない姿勢から生まれるまろやかな味わいは、ゆったりしたバータイム・お仲間との大切な食事の席には欠かせません。

 

お値段が張る12年や18年ももちろんおすすめですが、品薄傾向やお値段の高騰傾向もありますので、デイリーならこちらのオリジナルタイプがおすすめ。スモーキーさも楽しめつつほど良い感じなので、飲み口はやさしく、香りも多層的でゴージャス。

 

飲み方としては、ストレートはもちろん、ロックも魅力的なブランドです。

価格例 \6,793/700ml(業務用卸売価格は各卸売業者様にお問い合わせくださいね)

 

ニッカ ブラックニッカ クリアブレンド

日本のウイスキーの父として知られる竹鶴政孝が創業したニッカ。まさしく、国産ウイスキーの歴史とともにある、ジャパニーズウイスキーの名ブランドです。数ある名酒の中で、今回あえておすすめするのがコスパ最高のブラックニッカのクリアブレンド!

 

世界的にニーズが高まり、品薄・高騰傾向にある国産ウイスキーを横目に、庶民の味方的な顔を持つカジュアルウイスキーですから、人気のハイボールもがんがん提供できますよね。

 

ブラックのニッカの魅力は、ノンスモークの原料で蒸留していることによる、ウイスキー初心者にも飲みやすいなめらかでやさしい口あたりと、料理とのマッチングも良いクセのなさ。飲食店には必携です。下の価格例はペットボトルのもの。

 

価格例 \3,879/4000ml(業務用卸売価格は各卸売業者様にお問い合わせくださいね)

 

キリン 富士山麓 樽熟原酒50°

使用される水の上質さが実感できるのが、この富士山麓。長い歳月をかけてろ過されていく伏流水が生み出す、クリアな美しい飲み心地で人気です。

 

瓶詰めの際のアルコール度数にこだわった結果、まるで樽から取り出した瞬間のような豊かな香りと風味に仕上がった逸品。

 

冷却ろ過をしないことで、香味が逃げない工夫をされているため、蒸留技術の高さとともに、ボトリングの技術力の凄さも実感できるウイスキーと言えるでしょう。

 

手間ひまかけて製造されている製品にもかかわらず、価格は良心的な状態がキープされていて、飲食店の仕入れにはありがたい存在。ウイスキーファンのお客様にも喜んでいただける人気銘柄です。

 

価格例 \1,490/700ml(業務用卸売価格は各卸売業者様にお問い合わせくださいね)

 

サントリー ローヤル

名作の多いサントリーのウイスキーで、仕入れやすく、品質が安定していて多くの方の味覚に合う、という観点から推したいのがローヤルです。ブレンデッドウイスキーのお手本のようなバランス良いブレンドで、非常に口あたりが良く、食事とも好相性。

 

香りも華やかですし、ほど良い甘さ、ほど良いスモーキー加減と、飲み疲れることのない味わいです。価格が良心的ながら、ボトルの美しさと歴史の深さから気品も感じられる貴重な銘柄。

 

水割りやロックなど、ウイスキーのさまざまな飲み方を網羅でき、飲食店にはかなり便利な1本です。

 

価格例 \3,400/700ml(業務用卸売価格は各卸売業者様にお問い合わせくださいね)

 

ニッカ フロム・ザ・バレル

数ある高級ウイスキーに負けぬ人気を誇っているのが、フロム・ザ・バレル。穏やかで優しい飲み口のウイスキーが台頭する中で、飲食店側からも『ピリッとしている!』『ガツンとしている!』という擬音語の多い評価が続々と聞かれる、骨太な銘柄です。

 

モルトとグレーン(大麦以外の穀類)のウイスキーをブレンド後、さらに貯蔵してコクを深め、しかも後の加水は最小限に抑えてあるため、このようにピリッとガツンとしたウイスキーに仕上がるよう。

 

アルコール度数は高めですが、優しいだけでは満足できないというウイスキーファンのお客様にはうってつけです。料理の邪魔もしませんし、幅広い味付けと調和します。

 

メーカーさんによると、フロム・ザ・バレルで作るハイボールの黄金比は『ウイスキーとソーダで1:3.5』。確かにこの割合ですと、原酒のコクや香りもしっかり味わえてGOODです。ぜひ仕入れてお試しください!

 

価格例 \2,580/500ml(業務用卸売価格は各卸売業者様にお問い合わせくださいね)

 

国産ウイスキーのまとめ

国産ウイスキーの特集はいかがでしたか?今回はコストパフォーマンスが高く、今すぐにでも飲食店の皆様に仕入れてほしい銘柄をご紹介してまいりました。飲みやすさなどを重視したので、ブレンデッドウイスキーが多くなってしまいましたが、本当にどれもおすすめ。

 

次は、こだわりの詰まったシングルモルトや、超高級酒扱いとなったハイブランドのウイスキーも、もっとお伝えできればと考えています。今日も皆様のお店が、多くのお客様で賑わいますよう、心から祈っているワタベンでした!

 

この記事がお役に立ったらぜひシェアをお願いします。
執筆者のモチベーションに繋がります。

飲食店の仕入れ担当者さまへ売上を上げたいとお悩みの食材卸業者さまへ

業務用 酒・飲料の新着トピックス

  • 業務用青果
  • 業務用精肉
  • 業務用鮮魚
  • 業務用惣菜・加工品
  • 業務用 豆腐・練り物・麺類
  • 業務用 酒・飲料
  • 業務用 米
  • 業務用 菓子・パン・デザート材料
  • 業務用 乳製品・卵
  • 業務用 調味料
  • 業務用 農産乾物・海産乾物・缶詰
  • アウトレット市場
  • こだわり市場
  • 季節の市場
  • 少量市場
現在のパスワード
新しいパスワード
パスワードの確認

パスワードを変更しました。


処理中です