トップページ > バーボン・ソーダって何?仕入れるべきアメリカン・ウイスキーとは?

バーボン・ソーダって何?仕入れるべきアメリカン・ウイスキーとは?

飲食店関係者の皆様、こんにちは!食らぶログ編集部のワタベンです。今回も業務用・卸食材に関するお役立ち情報をお伝えしてまいります。さて、ワインブームや焼酎ブームの陰で、人気低迷と言われた時期もあったウイスキー。近頃はソーダ割りのハイボール人気が爆発して、新たなファンを獲得していますよね。

 

一口にウイスキーと言っても、産地や製法・材料などによってさまざまな種類があるよね。今回は人気上昇中のバーボン・ソーダとはどんなお酒なのか解説するよ!

さらに、飲食店の仕入れ担当者様なら知っておきたい、アメリカン・ウイスキーの特徴や飲みやすいおすすめ銘柄もご紹介します。ウイスキー・メニューやハイボールの選択肢を増やしたいという飲食店関係者さんは、ぜひチェックしてくださいね!

 

バーボン・ソーダとは?

バーボン・ソーダとは、バーボンをソーダ水で割ったお酒のことです。バーボンはアメリカの地名に由来する名称ですが、本場アメリカの法律では、厳格な定義も定められています。ここでは、バーボンとは何か、バーボン・ソーダとはどんなお酒なのかを解説します。

 

バーボンは原料の半分以上がトウモロコシ!

バーボンとは、原料全体のうち、トウモロコシを51%以上使用している蒸留酒のことです。蒸留にも規定があり、アルコール度数80%未満で蒸留しなければなりません。さらに、熟成に関しては、内側を焦がしたオーク(ブナ)製の新樽で2年以上熟成させるというルールもあります。この『焦がし』がバーボン特有の色合いを生むのです。

 

樽詰め段階では、アルコール度数は62.5度以下としてあることも定められています。ちなみにこれらの条件は、アメリカ国内のもの。最終的に熟成後のバーボンは、アルコール度数40~50度程度のものが中心的です。バーボンは、トウモロコシ×オークがコラボした、独特の香ばしさが大きな特徴となっています。

 

バーボンと言えばケンタッキー州

スコッチ・ウイスキーはモルト(大麦麦芽)を主体としたウイスキーですが、アメリカではトウモロコシの方が原料として確保しやすいことから、バーボン造りが発達してきたものと考えられます。アメリカ東部のケンタッキー州・バーボン群が名前の由来とされ、現在もバーボン生産量の80%程度はケンタッキー産なのだそう。

 

バーボンとの違いが分かりにくいアメリカン・ウイスキーと言えばテネシー・ウイスキーです。これは、蒸留が済んだばかりのバーボンを、メープルシロップが採取できることで知られるサトウカエデ製の炭でろ過し、その後にオーク樽で熟成させたもののことをいいます。

 

ちなみに、アメリカン・ウイスキーはバーボンやテネシーの他にも、ライ麦主体のライ・ウイスキー、熟成時の樽の条件がバーボンと異なるコーン・ウイスキー、一定の条件下でライトにブレンドされたブレンデッド・ウイスキーがあります。

 

バーボン・ソーダはバーボンの香りを存分に楽しめるお酒

バーボン・ソーダは、バーボンをソーダで割ったお酒ですが、トウモロコシの香ばしさが活きているため、炭酸特有の泡が、その香りを鼻先でより放散させてくれます。ストレートやロックに比べて軽やかに飲み進めることができるので、女性のお客様や、度数の高いバーボンに抵抗のあるお客様にも、バーボンならではの香りを楽しんでいただくのにうってつけです。

 

バーボン・ソーダもつまるところはハイボール。スコッチや日本のウイスキーだけでハイボールを提供している飲食店は、バーボンも仕入れに加えてみてね!

 

バーボン初心者にはコレ!ハイボールに最適な銘柄とは?

アメリカン・ウイスキーを代表するバーボン・ウイスキー。香り高い大人のウイスキーとして熱心なファンがいますが、まだまだ男性的なお酒というイメージが強いのが現状です。ここでは、女性やビギナーのお客様にも親しみやすい、ソーダ割りに最適な銘柄をご紹介します!

 

ジム・ビーム

炭酸との相性が良いことで知られるのがジム・ビーム。創業以来200年以上も暖簾(?)を守ってきたバーボンの老舗ブランドです。まろやかで飲みやすいことから、女性にも人気があります。

 

バニラとオークが香る独特の風味は、ソーダで割ることによってさらに引き立つと評判。前の回に蒸留した際の残りのもろみ(酵母)を次の回にも一定量加える手法により、ソフトな舌触りと深みを手に入れています。名だたるロック歌手などに愛されているイメージも、若い層に受ける理由かも。

 

I.W.ハーパー

トウモロコシ主体のバーボンの中にあって、ひと際トウモロコシ含有率の高いことで知られるハーパー。ほのかな甘味とすっきりとした飲み口は、幅広い年齢層のお客様やバーボン初心者の方にもおすすめです。上品で次々に飲める飲みやすいハイボールが楽しめるほか、ストレートやロックでも飲み疲れません。

 

創業者のアイザック・ハーパーは、『バーボン男爵』という称号を受けたほどのバーボン愛に溢れた人物だったと言われています。安定した品質を求める飲食店には欠かせないウイスキーです。

 

メーカーズマーク

キャラメルのように感じるほのかな甘みと、フルーティーな香りが女性にも人気のバーボンです。ハイボールにすると、より爽やかな飲み心地となるので、ウイスキーに苦手意識を持つ方にも楽しんでいただけるかもしれません。

 

ボトルのトップにある刻印が印象的なメーカーズマーク。何と一つずつが手作業というから驚きです。このつまみは、引き上げてぐるりと一周させればロウが切れ、簡単に開けることができます。

 

エズラ・ブルックズ

テネシー・ウイスキーの一大ブランド『ジャック・ダニエル』のライバルとして、老舗のメドレー社によって2000年代半ばに立ち上げられたバーボン・ブランド。リリースから十数年後には、このバーボンによって『ケンタッキー州で最も優れた小さな蒸留所』に認定されています。

 

女性にも受ける花のような香りとバニラに似たほんのりした甘さが持ち味で、ハイボールならさらに飲みやすくカジュアルに。日本のテレビコマーシャルでは見ない銘柄を飲んでみたいというお客様にもおすすめできます。

 

エライジャ・クレイグ

構想からリリースまでに四半世紀をかけたとされるのがエライジャ・クレイグです。豊かな穀物の香りは大いにアメリカの大地を感じさせ、これぞバーボンといった飲み心地。飲みやすさはありつつも、スパイシーな風味などの小技もきいています。

 

赤みの強い上品な色あいを持つ見た目の印象とおり、深く濃厚な飲み口があるので、ただ飲みやすいだけでは物足りないというお客様にも喜んでいただけそう。バーボンの香ばしさと甘さを堪能できる穴場的ブランドです。

 

業務用アメリカン・ウイスキーのまとめ

今回はバーボンを中心に、アメリカン・ウイスキーについて解説してきましたが、参考にしていただけましたか?バーボンは近頃コマーシャルで見かける機会も増えており、幅広い層への訴求がなされている注目のお酒です。

 

お酒を扱う飲食店様も、お客様から関心を示される前に仕入れをしておき、どのようなお酒でどんな飲み方がおすすめなのか、飲みやすいのはどれかなど、ざっくりとご説明できるようにしておけると良いですね!

 

この記事がお役に立ったらぜひシェアをお願いします。
執筆者のモチベーションに繋がります。

飲食店の仕入れ担当者さまへ売上を上げたいとお悩みの食材卸業者さまへ

業務用 酒・飲料の新着トピックス

  • 業務用青果
  • 業務用精肉
  • 業務用鮮魚
  • 業務用惣菜・加工品
  • 業務用 豆腐・練り物・麺類
  • 業務用 酒・飲料
  • 業務用 米
  • 業務用 菓子・パン・デザート材料
  • 業務用 乳製品・卵
  • 業務用 調味料
  • 業務用 農産乾物・海産乾物・缶詰
  • アウトレット市場
  • こだわり市場
  • 季節の市場
  • 少量市場
現在のパスワード
新しいパスワード
パスワードの確認

パスワードを変更しました。


処理中です