トップページ > どんな料理にも合う名米ひとめぼれ!他にもある飲食店向き米銘柄5選

どんな料理にも合う名米ひとめぼれ!他にもある飲食店向き米銘柄5選

食らぶへようこそ!編集部のワタベンです。今回は、業務用のお米としても大人気の銘柄・ひとめぼれをテーマにお伝えしていきます。というのも、ついこの間、ランチが人気のカフェのオーナー様から『どんな料理にも合うお米を仕入れたいのですがいい銘柄は何ですか?』と聞かれて、ひとめぼれとお答えしたからなのです。

 

 

ワタベンたら、後になって『そういえば、どんな料理にも合うマルチな才能を持ったお米ブランドって、他にもたくさんあるよね!』なんて言い出すんだもん。だから今回は、味のバランスがいいお米の銘柄を紹介することにしたよ!

 

はい!そうします!

 

というわけで、今回は料理の味を引き立てながらお米自体もおいしい『ひとめぼれ』とはどんな特徴を持った米ブランドなのか、また、ひとめぼれのように万能なお米の銘柄を仕入れたい!という方に役立つ米銘柄選もお伝えしていきます。どうぞ最後までお楽しみに!

 

そもそもひとめぼれとはどんなお米?

ひとめぼれは、もともと宮城県の気候風土に合ったお米の開発を目的として生まれた米銘柄。父は初星、母はコシヒカリという確かな血筋を持ちます。初星自体もコシヒカリをもとに交配・改良された米銘柄なので、ひとめぼれはかなり濃厚にコシヒカリの特色を引き継いでいると言えます。

 

ひとめぼれらしいのは、そのバランスの良さ。コシヒカリの粘りの強さをほど良く受け継ぎつつ、歯ごたえしっかり派のコシヒカリよりもやややわらかめであるため、万人に愛される食感を持ちます。

 

さらに大切な食味ですが、旨味・甘みともに十分かつ主張もしすぎず、香りもお米らしいやさしい香りがよく立って、あらゆる料理を引き立てます。見た目のツヤが良いのも飲食店向き。実際に業務用米としての実績も豊富です。万能なお米と言われるゆえんがおわかりいただけましたか?

 

ひとめぼれは無洗米もおすすめ

ひとめぼれの仕入れを検討されている飲食店には、ぜひ無洗米の導入も検討してみてください。無洗米は、あらかじめ米の表層にあるぬかを取り除く処理が施されたお米で、名前どおり米研ぎ作業がいらないのが特長です。

 

ひとめぼれの美味しさはそのままに、面倒な洗米の工程や洗米で使う水をカットすることが可能なうえ、寒い季節の冷たい水による米研ぎのストレスからも解放されます。

 

米の表面についているのはぬかだけではありません。微小なほこりやゴミなども、無洗米なら仕入れた時には除去されているから安心です。

 

手間いらずで経済的な無洗米。美味しいひとめぼれでも豊富に流通していますので、ぜひ卸業者様に仕入れをご相談ください。

 

 

 

どんな料理ともマッチする!飲食店向き米銘柄5選

ひとめぼれのように、和でも洋でも中華でも、あっさり系でもこってり系でも、どんな料理でも引き立ててくれるバランスの良いお米銘柄は、飲食店の仕入れに欠かせません。さまざまな銘柄を試してみたいという方にもおすすめの、お米の銘柄・ブランドをご紹介します。

 

銀河のしずく

岩手県産の人気ブランド銀河のしずくは、岩手県が誇る作家・詩人の宮沢賢治生誕120年の記念に売り出された米銘柄です。

 

病害や寒さに強い品種『奥羽400号』を父に、コシヒカリ並みと言われる食味の良さが魅力の『北陸208号』を母に持つ、バランスにすぐれたお米として知られています。

 

飲食店におすすめの理由は、名前負けしていない米粒の美しいツヤ。銀河のしずくというネーミングを連想させるきらきらと輝く純白のお米は見るからに美味しそうです。そして、粒が大きめで揃っており、硬すぎずやわらかすぎない具合の良い噛みごたえも楽しめます。

 

どんなジャンルの料理とも合い、雑炊・リゾットなどスープ系ご飯とのマッチングにもすぐれている、まさに万能の米。ひとめぼれに劣らない実力は、食らぶからも自信を持っておすすめできます!業務用卸売価格は卸売業者様にご確認くださいね。

 

てんたかく

血統上の母であるひとめぼれに似たバランス良い食味が、飲食業界から注目の的となっている『てんたかく』。富山県発祥の魅力溢れるお米ブランドです。ひとめぼれをひいきにしている飲食店なら、一口食べればきっと仕入れたくなります。

 

米1粒ずつのしっかり感があってやや硬め食感がお好みの方向けですが、絶妙な硬度なので気になるほどではありません。粘りが控えめでさっぱりとした味わいは、どんな料理とも組み合わせ自在。非常に融通性が高いお米と言えるでしょう。

 

豊富にたたえた水分を感じさせる透明感いっぱいの外観も良く、秋の実りと食欲満点のイメージを持つネーミングも印象的。このブランド名、図らずも『天高く』が『点高く』にもじられて、受験シーズンに縁起物としても重宝されているのだとか!

 

価格例 \430/kg(業務用卸売価格は卸売業者様にご確認くださいね)

 

 

銀河のしずくもふくまるも、地元周辺はもちろん、全国的にも人気急上昇しているお米だからぜひチェックして!うちが扱うお米もバランスバツグンだよ!っていう全国の卸業者さん、ぜひ食らぶに出品してください。お待ちしてま~す!銘柄紹介は後半に続く!
 
 

 

ふくまる

品質を高水準に保つため、生産者登録制度を取り入れているという『ふくまる』。主流は1.85mmとされるところ、2.00mmのふるいで揃えられた大きな粒が魅力。炊き上がりの美しさと迫力が話題の茨城県オリジナル銘柄です。

 

食べ応えがあり食味もすぐれていることから、一般家庭向けのブランド米のはずが、全国の飲食店から注目されています。

 

旨味・甘みが噛むごとに増していくので、シンプルな料理やご飯をメインにした定食・膳などにも重宝。冷めても硬くなりにくいのもメリットで、再加熱しても美味しさが続くため、弁当やおにぎりなどにも最適です。

 

価格例 \483/kg(業務用卸売価格は卸売業者様にご確認くださいね)

 

島根県産 つや姫

もともとは山形県で開発されたつや姫。近年、島根県で水稲奨励品種に採用されてから作付面積を増やし、人気が上昇しています。

 

島根県産つや姫は、炊飯した時の美しい白い粒が非常に上品なのが特徴です。デビュー後間もないにもかかわらず、食味の良さにも定評があり、米食味ランキングで2年連続特A評価を受けています。すでに全国の飲食店から注目されている逸材!

 

粘り・甘さ・香りともバランスが良く、ひとめぼれにも匹敵するスター性を持ちます。冷めても美味しく、あらゆる客層・価格帯・ジャンルの飲食店におすすめです。

 

価格例 \480/kg(業務用卸売価格は卸売業者様にご確認くださいね)

 

山口県産 きぬむすめ

コシヒカリに引けを取らない味の良さを持ちながら、コシヒカリのように粘らずあっさりとした食感で人気が高いキヌヒカリを父に持つきぬむすめ。そのルーツに違わない、炊飯時のつやの輝きが見事な米ブランドです。

 

比較的新しく生まれた銘柄ながら、その血筋の良さと安定した品質の高さが注目されています。これは山口県JAが一丸となって土壌診断や水の管理など、適地適作のための努力を欠かさないため。

 

高品質の裏にある工夫・努力は、外食産業にも通じるもので、こうした志も含めて非常に評価が高いお米です。特A日本穀物検定協会の米の食味ランキングでは山口県で初めて特Aランクを獲得!何だか応援したくなる、魅力的なお米銘柄です。

 

食感も味もバランスが良いので、ひとめぼれを好まれる方にもお気に召すはず。コスパもGOOD。

 

価格例 \369/kg(業務用卸売価格は卸売業者様にご確認くださいね)

 

ひとめぼれのまとめ

安定した人気を誇るひとめぼれはもちろん、ひとめぼれ路線のバランスにすぐれたお米銘柄を紹介してまいりましたが、いかがでしたか?

 

近頃はお米の銘柄が非常に豊富で仕入れも迷ってしまうのですが、特徴をよく知って仕入れをし分けることができれば、コースや定食のお米銘柄をお客様の希望に応じて提供する、などというきめ細やかなサービスも可能になります。女性客に喜ばれそうですよね。

 

今回も最後までおつき合いいただき、ありがとうございました。ワタベンでした!

 

この記事がお役に立ったらぜひシェアをお願いします。
執筆者のモチベーションに繋がります。

飲食店の仕入れ担当者さまへ売上を上げたいとお悩みの食材卸業者さまへ

業務用 米の新着トピックス

  • 業務用青果
  • 業務用精肉
  • 業務用鮮魚
  • 業務用惣菜・加工品
  • 業務用 豆腐・練り物・麺類
  • 業務用 酒・飲料
  • 業務用 米
  • 業務用 菓子・パン・デザート材料
  • 業務用 乳製品・卵
  • 業務用 調味料
  • 業務用 農産乾物・海産乾物・缶詰
  • アウトレット市場
  • こだわり市場
  • 季節の市場
  • 少量市場
現在のパスワード
新しいパスワード
パスワードの確認

パスワードを変更しました。


処理中です