トップページ > 飲食店でメニュー化したい!好きな餅の食べ方ランキングベスト5

飲食店でメニュー化したい!好きな餅の食べ方ランキングベスト5

日々の仕入れ、お疲れ様です!こんにちは。食らぶ編集部のワタベンです。早速ですが、今回のテーマはお餅。お正月のめでたい席のお雑煮に、鍋物に、そして麺類のトッピングや和スイーツにと、お餅は業務用でも大活躍の食材ですよね。皆様のお店ではどんな頻度で仕入れていますか?

 

どうも!食らぶだよ!お餅は冬場しか仕入れないなんていうお店も結構多いんじゃない?でも、きっと今回の記事を読んだら、年を通じてお餅を仕入れたくなっちゃうよ。

 

お餅と言えばお正月の風物詩と思っている方もいるかもしれませんが、餅がメニューにあれば、年中食べたいという方は結構おられます。近頃は自家製餅も簡単にできるようになったので、もち米を仕入れて(もちろん食らぶで!)、できたてを提供するのもいいですね。

 

今回は、食らぶならではのリサーチ力で、一般の方と飲食店側双方の意見を集計し、人気の餅料理をランキングにしてみました。ぜひ、調理や仕入れの参考にしてくださいね。

 

業務用の餅にはどんな種類がある?仕入れの相場は?

飲食店で餅を仕入れる場合、さまざまな種類の中から選択することができます。最も豊富に流通しているのが切り餅。四角・丸型がポピュラーです。個包装になっているものも多く、必要な時にさっと使えて保存性が高いのも利点。切り餅の業務用価格は、\400~\600/kgあたりが主流となっています。

 

昔ながらののし餅・板餅もできたての美味しさが味わえると人気。仕入れ後に切り分けなければいけませんが、手で簡単にカットすることができる溝が入れられているケースがほとんどで、これであれば利便性に問題はありません。参考卸売価格は\650/700g。

 

また、鍋物専用の薄切り餅も飲食店仕入れの定番です。火の通りに時間がかかるという餅の難点を克服したアイデア製品で、食欲に応じて細かく食べる量を増やしていけるのもお客様にとっては都合が良いため、特に冬場に多く取引されています。参考業務用価格は\1,431/900g。

 

他にもお餅には、玄米の風味が香ばしく栄養価も高い玄米餅、韓国料理には欠かせないトッポギやトック、手軽に提供できてお客様からのニーズも多いポテトもち・ポテトチーズもち、さらに和スイーツとして活躍する白玉だんご(冷蔵・冷凍)や、仕入れて味付けするだけの五平餅・みたらし団子など、バラエティ豊かな仕入れ形態が揃っています。

 

なんだかお腹が空いてきちゃったよ。お餅はいろんな形で仕入れることができるけど、餅つき機を使って自家製を提供したい人もいるよね。業務用のもち米は、参考卸売価格\300~470/kgくらいだよ。

 

 

新規メニューのヒントに!好きな餅の食べ方ランキングベスト5

お餅好きの方は想像以上に多いもの。和食店に限らず、居酒屋さんや食堂・喫茶店・カフェなど、さまざまな飲食店で仕入れて活用できる、ポテンシャルの高い食材なのです。ここでご紹介する餅の食べ方ランキングを、ぜひお店のメニューに活かしてくださいね。

 

第5位 力うどん

ダブル炭水化物で少しボリュームがありすぎでは?と思いきや、女性にも人気がある力うどん。飲食店によっては焼いた餅をのせたり、揚げ餅をトッピングしたり、お餅の数を選べたりと、それぞれに趣向を凝らしているようです。うどんのだしを吸った餅は最高!

 

飲食店側から複数聞かれたのは、『力うどんというダイナミックなネーミングを女性客が敬遠することがあるので、メニュー名を変えている』という声。確かに、女性の口から『力うどんください!』と注文するのは、少し恥ずかしいのかもしれませんね。

 

第4位 雑煮

お正月の定番料理ながら、あればいつでも食べたいという意見も多いのがお雑煮です。東京は鶏ガラベースの焼き餅入り、甘めの白味噌仕立てに丸餅は京都、あごだし・かつおだしなど自慢のだしでシンプルにいただく福岡県のお雑煮など、各地方の特色が楽しめるのもお雑煮の楽しさです。

 

冬場の飲食店では、週変わりで『全国雑煮めぐり』などという企画を立ててみてはいかがでしょうか。お客様のリピート率を上げる効果が期待できますよ。

 

第3位 お汁粉・ぜんざい

根強い人気なのがお汁粉やぜんざい。さて、お汁粉とぜんざいはどう違うのでしょうか。実は関東と関西で、このお汁粉・ぜんざいに関する認識は大きく異なることがわかっています。

 

小豆を甘く煮て、餅や白玉団子を加えるという意味ではお汁粉もぜんざいも同じですが、関東では、汁気があるタイプをお汁粉、汁気がなく茹で小豆に餅や団子をのせたものをぜんざいと呼んでいるようです。

 

関西では、粒あんが入っているタイプをぜんざい、粒のあんこは入っておらずこしあん仕立てになっているタイプをお汁粉と呼ぶ場合が多いのだとか。地域によって違う食文化。とても面白いですよね。

 

第2位 白玉だんご

だんごを使ったメニューの人気は絶大!圧倒的人気だったのはみたらしだんごです。記事の前半でも解説しましたが、みたらしは、タレのついていない白玉の串刺し状態で市場流通しています。

 

かなり手軽に自家製のみたらし団子を仕込むことができますので、ぜひ仕入れてメニュー化してみてはいかがでしょうか。みたらしだんごはコーヒーとの相性も良いため、喫茶店やカフェでの提供にもおすすめです。

 

また、白玉粉を仕入れれば、できたての白玉だんごを提供することも可能。ぷりぷり食感の自家製白玉だんごにあんこやフルーツ・アイスを添え、杏露酒などの果実系リキュールを少々垂らせば、大人の和スイーツも楽しんでいただけます。

 

第1位 トッピング餅

お餅の好きな食べ方ランキングを集計している際に、とにかく多かったのは『○○を付けて食べる』という意見。やはり、ご飯の国の皆様は、ご飯に納豆・ふりかけ・卵・海苔など、さまざまな食材をのせて食べる感覚でお餅も楽しみたいということなのでしょうか。

 

それでは、お餅に付けて食べる食材、何が人気なのか見ていきましょう。上から人気投票数が多かった順番に並べてみました。

 

海苔+醤油

きなこ

醤油+砂糖

あんこ

辛味大根

醤油だけ

枝豆あん(ずんだ餅)

 

辛い→甘い→辛いの順で食べたいというごもっともな意見もありましたし、ある飲食店の方は、餅をスイーツとして楽しむ方が増えているという実感もお持ちでした。そのお店では、市販で人気の餅入りアイスクリームをヒントに、餅入りの和パフェをメニューにしています。

 

カフェタイムやブランチタイムには、数種類のトッピングを集めた『お餅のトッピングプレート』を提供してみるのも良いかもしれませんね。

 

提案!大人のための焼き餅レシピ

最後に、上品な焼き餅レシピ『焼き餅茶漬け』をご紹介します。良い意味で、お餅のカジュアル感を抑えたドレッシーな料理。しかも極簡単です!

 

○柚子香る焼き餅茶漬けのレシピ

材料(1人前)

切り餅 2個(1個あたり50gを想定)

焼き海苔 おにぎりサイズ(味なし) 2枚

三つ葉ざく切り 適量

お茶漬け用あられ 適量

熱々の煎茶 3/4カップ

醤油 小さじ1

 

餅用つけだれ

醤油 小さじ2

柚子の皮 ほんの少々

柚子胡椒 少々

 

作り方

餅用つけだれの材料を混ぜ合わせておきます。

 

切り餅を網で焼き両面とも焼きながら、つけだれを刷毛で塗りつつこんがり焼きます。

 

香ばしく焼きあがった餅を海苔でそれぞれに巻きます。

 

磯辺焼きになった餅をお椀の中に置き、三つ葉・お茶漬け用あられを散らし、煎茶をそっと注ぎ入れたら醤油を垂らして完成です。

 

餅のまとめ

お餅の特集記事はいかがでしたか?時には主食に、時には存在感ある脇役に、またある時は上品なデザートにと、さまざまなシーンで活躍する餅は、もっともっと飲食店で活用できる食材です。

 

どうぞ、お餅のスペシャリストであるメーカー様や卸売業者様にご相談しながら、賢く質の良い仕入れをなさってくださいね。応援しています。頑張って!ワタベンでした。

 

この記事がお役に立ったらぜひシェアをお願いします。
執筆者のモチベーションに繋がります。

飲食店の仕入れ担当者さまへ売上を上げたいとお悩みの食材卸業者さまへ

業務用 米の新着トピックス

  • 業務用青果
  • 業務用精肉
  • 業務用鮮魚
  • 業務用惣菜・加工品
  • 業務用 豆腐・練り物・麺類
  • 業務用 酒・飲料
  • 業務用 米
  • 業務用 菓子・パン・デザート材料
  • 業務用 乳製品・卵
  • 業務用 調味料
  • 業務用 農産乾物・海産乾物・缶詰
  • アウトレット市場
  • こだわり市場
  • 季節の市場
  • 少量市場
現在のパスワード
新しいパスワード
パスワードの確認

パスワードを変更しました。


処理中です