トップページ > バニラエッセンス仕入れの参考に!各メーカーの推しポイントとは?

バニラエッセンス仕入れの参考に!各メーカーの推しポイントとは?

飲食店運営に関わる皆様、こんにちは!食らぶ編集部のワタベンです。業務用食材について皆様のお役に立てる情報をお届けしている食らぶろぐですが、今回のテーマはなかなか通好みの食材・バニラエッセンス。使い方にテクニックが要る香料ですよね。

 

自家製スイーツを手がけている飲食店には欠かませんが、皆様はどのメーカーのバニラエッセンスを仕入れていますか?隣のお店がどんな銘柄の香料を使っているか、気になることってありませんか?

 

今回は、主要な食品および香料メーカーから発売されているバニラエッセンスの特徴を比較していくよ。実際の使用感なども、情報がある銘柄についてはあわせてお伝えするからお楽しみにね!

 

バニラエッセンスのメーカー別紹介をさせていただく前に、非常に基本的な疑問として、バニラエッセンスとバニラオイルとバニラビーンズ(バニラのさや)等との違いについて解説しましょう。

 

製菓専門でない方の中には、意外とこの違いをご存じない方もいらっしゃるようです。と言っても難しい話は出てきません。ぜひリラックスして記事をお楽しみくださいね。

 

バニラエッセンスとバニラオイル、何が違うの?

業務用食材の品名にバニラオイルとあった場合、バニラエッセンスとどう違うの?と思った経験がある方はいませんか?また、バニラの香料としてはバニラビーンズ、さらにバニラエクストラクトなどもありますから、どう使い分けたら良いのかわからないという方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

バニラエッセンスとは、熱帯エリアに生息するバニラの果実から、そのエキスを抽出してアルコールに溶かした香料です。アルコールを使用しているため、当然熱を加えれば揮発し香りが飛んでしまいます。つまり、熱を使わない冷製デザートやクリームなどを作る際に使用すると良いバニラ香料なのです。

 

その点、バニラオイルは、バニラエッセンスでいうところのアルコールをオイルに代えたものと考えると良いでしょう。熱との相性が良く、オーブンなどで高温加熱するクッキーやケーキなどに使っても、しっかりとバニラの香りが残るのが特徴です。

 

バニラビーンズとはバニラの果実の種子、または種子が入ったさやを乾燥させたもののことを言います。バニラの濃厚で自然な香りを利用できる製菓材料で、プリンなどを作る際には鍋で牛乳などとともに入れて煮て使います。高級路線スイーツには欠かせません。

 

近ごろバニラの香料で人気急上昇中なのが、バニラエクストラクト。バニラの果実からエキスを抽出するのではなく、果実そのものをアルコールに漬け込んで造られる香料です。仕入れ値はややお高めですが、高級感や素材にこだわる飲食店にはおすすめ。バニラのナチュラルな風味が楽しめます。

 

バニラの香料はバニラエッセンスだけじゃないから、用途に合わせて仕入れにも変化をつけなくちゃね。バニラの香料には他にも、砂糖とミックスしたパウダー状のバニラシュガーなどもあるよ。

 

 

スイーツに風味アップ!バニラエッセンス主要メーカー比較5選

スイーツ特有の甘い香り。でも、フルーツやチョコレートなど香りが立ちやすい素材を使わないデザートには、香りをプラスしてお客様の食事を嗅覚からも盛り上げましょう。ここでは代表的なバニラ香料を銘柄別にご紹介します。

 

ギャバン バニラエッセンス

豊富な業務用スパイスのラインアップで、飲食店関係者の中には日頃からお世話になっている方も多いギャバン。風味付け食材のトップランナーだけあって、バニラエッセンスも香り濃厚です。

 

濃厚ながら嫌味のないバニラ香で使いやすく、ミルク風味の冷製デザートに加えると一気に風味が上がり、本格デザートに。ミルク寒天や杏仁フルーツなどにもぴったり合います。プリンとの相性はもちろん抜群。加熱スイーツに適したバニラオイルもあります。

 

ギャバン バニラエッセンス 30ml・50ml・500ml 

価格目安 \1,100/50ml 前後(業務用卸売価格は卸売業者様にご確認ください)

 

明治屋 バニラエッセンス

明治屋は輸入食材も含め、幅広い商品展開で飲食業界に貢献する大手メーカーです。水あめ・シロップ・香料などの製菓材料も豊富に展開しています。エッセンスはバニラのほか、ストロベリーとレモンもあり、ゼリー・ドリンク・かき氷作りにとっても便利。

 

バニラ香料はエッセンスとオイルどちらも揃っています。使用されている方のお声を聞いてみますと、こちらのバニラエッセンスは、嗅ぐと安らぐようなやさしい香りが魅力なのだとか。昔懐かしいカスタードプリンやアイスクリームの雰囲気を演出できると評判です。コスト的にもバランス良く、コスパ優秀と言えるでしょう。

 

明治屋 バニラエッセンス 30ml・500ml

価格目安 \2,000/500ml 前後(業務用卸売価格は卸売業者様にご確認ください)

 

ゴールデンケリーパテント バニラエッセンス

香料専門メーカーとして知られるゴールデンケリーパテント。水溶性(エッセンス)・油溶性(オイル)のほか、香り高いバニラビーンズも揃う本格派です。フルーツ香料も種類豊富で高品質なので、ぜひお試しください。

 

さて、GKのバニラエッセンス・バニラは、業務用にありがたい高いコストパフォーマンスが特徴的。エッセンスを直接嗅いだ時よりも、実際に調理してからの方が香りの広がりが良いという方もいます。良心的な価格であるにもかかわらず、香りの質も抜群。大容量1kgサイズがあるのも、使用頻度の高い飲食店には嬉しいポイント!

 

ゴールデンケリーパテント バニラエッセンス 30ml・1kg

価格目安 \3,000/kg 前後(業務用卸売価格は卸売業者様にご確認ください)

 

JHC バニラエッセンス

製菓材料の製造・開発・卸の大手・株式会社アワジヤのブランドJHC。バニラやメープルフレーバーのエッセンスやオイルはもちろん、メロンやバナナなどのフルーツ系エッセンス、乳酸エッセンスなど幅広いラインアップで仕入れも楽しくなります。

 

プリンやババロアなどを風味豊かに仕上げる正統派バニラエッセンスは、使い勝手が良く、製菓のプロにも愛用される逸品。コスパも素晴らしい製品です。JHCにはバニラオイル・バニラビーンズも揃っているほか、便利なメープルエッセンスや贅沢な素材使いのフランス産輸入バニラエクセランなども。

 

JHC バニラエッセンス

価格目安 \230/30ml 前後(業務用卸売価格は卸売業者様にご確認ください)

 

TOMIZAWA バニラエッセンス

目的に合わせてバニラ香料の使い分けが便利と評判なのがTOMIZAWA製。製菓・製パン材料のことなら何でもござれのきめ細かやな富澤商店ならでは、です。

 

アイスクリームやゼリーなど、使用温度帯が-20℃~40℃ならバニラエッセンス、40℃~180℃の焼き菓子や冷製デザートにはバニラフレーバー、それ以上の高温焼き菓子であればバニラオイルと、バニラの風味をレシピによって最大限活かせるのが強みです。

 

香りもしつこすぎずよく香るGOODな塩梅。さまざまな種類のバニラ風味スイーツを手がける飲食店におすすめのブランドと言えるでしょう。

 

TOMIZAWA バニラエッセンス 30ml

価格 \397

 

マコーミック(ユウキ食品) バニラエッセンス

アメリカのメリーランド州に本社を置くスパイスやドレッシングの大手メーカー・マコーミック。スパイシーな製品に混じって人気を高めているのがバニラエッセンスです。

 

バニラエッセンスに配合されていることの多いカラメルを含んでおらず、バニラビーンズそのものの風味がしっかりと移っているシンプルな香りが支持を集めているほか、コスパの良さにも高い評価が。他のユウキ・マコーミック製品との同時仕入れもおすすめです。

 

マコーミック(ユウキ食品) バニラエッセンス 30ml

価格目安 \300/30ml 前後(業務用卸売価格は卸売業者様にご確認ください)

 

バニラエッセンスのまとめ

バニラ香料の特集はいかがでしたか?コストや使用頻度など、それぞれの飲食店によってバニラエッセンスやバニラオイルの仕入れニーズには違いがあるはず。どうぞ、あなた様のお店にぴったりの香料を見つけてメニューに活かしてくださいね。

 

バニラのアロマは食欲を誘うと同時に癒しを与える香り。お客様に安らぎを感じていただける素敵な食材ですので、ぜひ仕入れをご検討されてみてはいかがでしょうか。

 

この記事がお役に立ったらぜひシェアをお願いします。
執筆者のモチベーションに繋がります。

飲食店の仕入れ担当者さまへ売上を上げたいとお悩みの食材卸業者さまへ

業務用 菓子・パン・デザート材料の新着トピックス

  • 業務用青果
  • 業務用精肉
  • 業務用鮮魚
  • 業務用惣菜・加工品
  • 業務用 豆腐・練り物・麺類
  • 業務用 酒・飲料
  • 業務用 米
  • 業務用 菓子・パン・デザート材料
  • 業務用 乳製品・卵
  • 業務用 調味料
  • 業務用 農産乾物・海産乾物・缶詰
  • アウトレット市場
  • こだわり市場
  • 季節の市場
  • 少量市場
現在のパスワード
新しいパスワード
パスワードの確認

パスワードを変更しました。


処理中です