トップページ > なかない砂糖とは?仕入れて便利な業務用粉糖ブランド5選!

なかない砂糖とは?仕入れて便利な業務用粉糖ブランド5選!

飲食店の仕入れに関するお役立ち情報をお伝えしております『食らぶログ』へようこそ!編集部のワタベンです。さて、自家製スイーツを提供されている飲食店などでは既に愛用されているかもしれませんが、製菓部門ですと近頃は『なかない砂糖』のニーズが高いようですね。

 

え!なかない砂糖って何?笑わない砂糖とかもあるの?

ないです。いや、ないはず!

冗談冗談。なかない砂糖はケーキやムースのデコレーションには今や欠かせないよね!

 

食らぶ君にもてあそばれてしまいました…。今回は、なかない砂糖とは何かを解説したうえで、業務用のなかない砂糖の中でも人気の高いブランド粉糖を選りすぐってご紹介していきます!ぜひ仕入れの参考にしてくださいね。

 

なかない砂糖とは溶けにくい砂糖のこと!

なかない砂糖は、水分の多いケーキなどのデザートにふりかけても溶けにくい粉砂糖のことをいいます。もともと製菓業界では、砂糖が時間経過などによって溶け、液化してしまうことを『なく(なき)』と言うのだそうです。ここではなかない砂糖は従来の砂糖と何が違うのか、その秘密に迫ってみました!

 

株式会社徳倉の革命的製品を例に取ると…

現在では数多く流通するなかない砂糖。湿気に弱いはずの砂糖が、どのような加工によって溶けにくくなるのでしょうか。ここでは、業界でも革命的製品と呼ばれる株式会社徳倉の泣かない砂糖を例に取って、その秘密を探りましょう。

 

徳倉さんは糖類の粉砕加工では全国的に有名なトップメーカー。東京都江東区に本社を置き、最先端の技術と徹底的な衛生管理ですぐれた糖製品を製造しています。このメーカーのなかない砂糖『トッピングシュガー』は、スイーツの美しい姿をキープさせたいというパティシエのニーズに見事に応じたとされる革命的製品です。

 

トッピングシュガーは用途に応じて種類(グレード)があり、いずれもスイーツなどに上掛けしても溶けにくいのが最大の特徴です。その秘密は砂糖一粒ずつに施される表面加工。乳化剤・コーンスターチ・油脂類などを独自に配合したもので砂糖の粒子表面をコーティングし、食品の撥水性や付着性を強化しています。すごい技術ですよね。

 

製菓部門のない飲食店にも粉糖を!

べたつかず溶けにくい粉糖が豊富に流通するなか、デザートに力を入れている飲食店様はもちろん、自家製スイーツを作られていない飲食店様も、ぜひお気に入りのブランドを見つけて仕入れてみてください。

 

例えば完成品のケーキやプチフールなどを仕入れてデザートとして提供しているお店でも、ワンプレートにケーキを盛り合わせ、ハーブ・ソース・上掛け粉糖などでおめかしすれば、デザートもワンランク上に格上げできます。

 

カフェでコーヒー・紅茶のつけ合わせとしてクッキーなどを提供する際にも、粉糖でトッピングするだけで、プレーンな焼き菓子がゴージャスになりますし、このような外観の工夫をすることで、SNSに写真を上げたいといった今時のお客様のニーズを刺激できるかもしれません。

 

今後の飲食店は、料理の実力はもちろん、料理の見た目の良さや個性がますます必要とされることが予想されます。これまではあまり使用してこなかったトッピング材料の仕入れをご検討されるのも、顧客満足度上昇に効果的なのではないでしょうか。

 

なかない砂糖は、時間が経っても粉砂糖が美しいまま残ることで、作り手・売り手の悩みやストレスを解消した素晴らしい発明だね!

 

お気に入りを探そう!なかない砂糖ブランド5選

記事前半でご紹介した徳倉のトッピングシュガー以外にも、各メーカー・卸からなかない砂糖がいろいろとリリースされています。ここでは、使いやすいと評判のなかない砂糖のお勧めブランドをご紹介します。

 

なかない粉糖 / くりのみ

くりのみは長崎県諫早市に本社を置く製菓材料卸の老舗で、選びぬかれた小麦粉や砂糖類・トッピング材料などをズラリと揃え、製菓・製パンに注力する飲食店を支えています。くりのみのなかない粉糖は、細かなパウダースノーのような繊細な粉糖で、パンやケーキ・小さな焼き菓子など幅広いメニューのトッピングに役立ちます。

 

100gサイズの仕入れができるため、粉糖を使いたいけど大量に仕入れる必要はないという飲食店にも最適です。製菓・製パン材料がひと通り揃う卸さんなので、このカテゴリーで併せて仕入れたいものがある場合にも便利。

 

溶けない粉糖 / 私の台所

製菓材料・器具販売から飲食店運営までを幅広く手がける私の台所は、宮崎県宮崎市に本社があるブランド力高い企業。私の台所ブランドの製菓材料はすでにご愛用だという飲食店関係者さんも多いのではないでしょうか。

 

私の台所の溶けない粉糖は、さらさらとした素材感が高級感を感じさせるデリケートな粉砂糖で、水分の多い食品のトッピングにも砂糖の存在感を示すことができる製品です。先ほどご紹介したくりのみのなかない粉糖よりもさらに小ロットの60g包があるので、粉砂糖をデイリーには使用しないという方の仕入れにもお勧めです。

 

ドーナツシュガー / きくや

愛知県名古屋市に本社を置くお菓子材料のきくやオリジナルの粉糖です。和洋問わず、さまざまなオリジナル製菓材料に定評のあるきくやのドーナツシュガーは、ドーナツに粉砂糖をまぶした際になりがちなダマや液体化を抑えてくれるすぐれもの。

 

500gサイズで使いやすく、自家製ドーナツを提供されている飲食店様はもちろん、ドーナツを仕入れてトッピングのみ自店で行いたいという方にもうってつけです。他にもキューとなトッピング材料が揃う卸さんなので、いろいろと併せ仕入れをしてオリジナルのかわいいドーナツをお店の看板メニューにされてみてはいかがでしょうか?

 

ノンウエットシュガー / 共立食品

製菓材料輸入製造販売の老舗である東京都台東区の共立食品。そのパッケージは誰もが目にしたことのある親しみやすいものです。品質の良さと知名度の高さで、初めてでも安心して仕入れることができるなかない砂糖と言えるでしょう。多くの卸業者さんでも取り扱っています。

 

共立食品のノンウエットシュガーは、遺伝子組み換えでないコーンスターチなど、シンプルかつ質の良い素材で製造されたなかない粉糖。ケーキのデコレーションにふりかけてもさらっとした風合いが長もちします。1袋50gの小袋なので、粉糖を少量ずつ使いたい個人経営のカフェなどにもってこいです。

 

グレートスノーシュガー / 杉山商事

杉山商事は何と天保4年創業の食品原材料の大老舗メーカーです。砂糖類はもちろん、小麦粉や油脂類など、特にパン・デザート・スイーツ作りに活躍してくれる豊富な食材を製造・販売しています。

 

このグレートスノーシュガーは、湿り気の多いケーキ類などのデザートにも安心して使うことのできる泣きづらい砂糖としてすでに人気を博しています。大容量で仕入れることができるので、本格的な製菓部門がある飲食店にお勧めです。

 

業務用砂糖のまとめ

今回はデザート作りにはなくてはならない必需品となってきている『なかない砂糖』について解説し、お勧めしたいブランド・銘柄もご紹介してきました。参考にしていただけましたか?

 

近頃は飲食店にも、SNSに上げるためにフォトジェニックになるメニューが期待されますよね。粉砂糖は出来合いのデザートやシンプルな果物などもキュートにデコレーションすることができる便利な食材です。ぜひ容量や性能など、自店に合う製品を見つけて仕入れてみてくださいね!

 

この記事がお役に立ったらぜひシェアをお願いします。
執筆者のモチベーションに繋がります。

飲食店の仕入れ担当者さまへ売上を上げたいとお悩みの食材卸業者さまへ

業務用 菓子・パン・デザート材料の新着トピックス

  • 業務用青果
  • 業務用精肉
  • 業務用鮮魚
  • 業務用惣菜・加工品
  • 業務用 豆腐・練り物・麺類
  • 業務用 酒・飲料
  • 業務用 米
  • 業務用 菓子・パン・デザート材料
  • 業務用 乳製品・卵
  • 業務用 調味料
  • 業務用 農産乾物・海産乾物・缶詰
  • アウトレット市場
  • こだわり市場
  • 季節の市場
  • 少量市場
現在のパスワード
新しいパスワード
パスワードの確認

パスワードを変更しました。


処理中です