トップページ > パンを仕入れて他店と差がつくサンドイッチメニューを!お勧め種類7選

パンを仕入れて他店と差がつくサンドイッチメニューを!お勧め種類7選

飲食店関係者の皆様、こんにちは!業務用食材に関するお役立ち情報をお伝えしております『食らぶログ』編集部のワタベンです。さて、喫茶店やカフェを運営されていると、「サンドイッチで他店と差別化が図れないかな」と考えてしまう場面があるのではないでしょうか?

 

定番のサンドイッチはメニューにしておきたいけれど、ありきたりでは他のお店と差がつかない…。これは悩ましい問題だよね!

そこで今回は、お店のパン・メニューに個性を出すことができるサンドイッチの種類をご紹介します。あまりにも奇をてらったものだとオーダーされないリスクがありますが、ここでは個性派ながらも幅広い客層に受けるサンドイッチばかりをピックアップしました。ぜひ仕入れや調理の参考にしてくださいね!

 

個性を演出できつつ万人受け!サンドイッチ種類7選・前半

サンドイッチは世界中で愛されているパン・メニューで、各国には伝統的なものから、目新しい斬新なタイプまで、それぞれの人気サンドイッチがあります。今回は編集部が飲食店のメニュー導入にお勧めしたい、誰にでも愛される味わいの個性派サンドイッチをご紹介します。

 

サンドイッチ・トリプレ

サンドイッチ・トリプレは、ペルーで親しまれているサンドイッチです。トリプレとは英語でいうトリプル(スペイン語ではトリプレです)で「3つの」という意味があります。3つのメイン具材が織り成すハーモニーが抜群のサンドイッチ・トリプレの気になる具材とは、卵・トマト・アボガド。日本でも大人気のサンドイッチ材料ばかりです。

 

作り方は簡単で、日本のサンドイッチ用スライス食パンにバターとマヨネーズを適宜塗り、茹で卵とトマトとアボカドのスライスを並べて重ね、塩コショウを振って食べやすい大きさにカットするだけ。断面はポップな色合いが愛らしく、女性のお客様から人気が出そうです。

 

グァン・ツァイ・パン

グァン・ツァイ・パンは知名度も人気も高い台湾のオープンサンド。でもこの名前の由来をご存知の方は少ないかもしれません。グァン・ツァイ・パンは漢字で書くと「棺材板」。厚切り食パンを揚げて中身をくり抜き、ホワイトシチューを注いで提供するパンなのですが、そのパンの姿が棺を思わせることが名前の由来であるようです。

 

定番はエビのシチュー。シチューは水っぽくならないように仕上げましょう。アメリカなどにも似たタイプのオープンサンドがあり、クラムチャウダーやリゾットを窪みに入れるタイプも。トッピングはパセリでも良いですがパクチーでもなかなかオツです。

 

ハワイアン・テリヤキバーガー

日本からの移民が多く、日本の食文化の影響も多々見られるハワイアンフード。中でも、テリヤキハンバーガーと南国フルーツの筆頭であるパイナップルを組み合わせた甘さいっぱいのこのサンドイッチは、エキゾチックなハワイの雰囲気たっぷりながら、日本人にもなじみの味覚なのでメニュー導入にお勧めできます。

 

バンズは少し甘味のあるものがよく合い、野菜はシンプルにレタスのみで十分です。にんにくと生姜のすりおろしを加えると風味が増します。テリヤキハンバーグはお店の自家製でも完成品を仕入れてもOK!

 

ブローチェ・ゾームサラーダ

スライスしたバゲットにたっぷり具をのせて提供するベルギーでは定番のオープンサラダです。塩・コショウ・マヨネーズ・ウスターソース・オリーブオイルなどで味付けしたポテトサラダに、鮭の水煮缶(水気をしっかり切りましょう)を加えて混ぜたものが具材となります。臭み消しにもなる爽やかなハーブ・ディルをちぎってトッピングすればおしゃれ!

 

オニオンスライスやレタス・トマトのみじん切りなどの野菜を足してよりヘルシーにするのも良いですし、マヨネーズを控えめにしてあっさりとした塩味に仕上げても大人の層に喜ばれます。鮭の水煮缶を刻んだスモークサーモンに替えても美味。

 

サンドイッチに似合う具材は万国共通とも言えるけど、ちょっとしたスパイスやトッピングのハーブなどで一気に異国情緒を演出できたり個性的なメニューにできたりするね!

 

個性を演出できつつ万人受け!サンドイッチ種類7選・後半

さあ、後半もよその飲食店と競合しにくいサンドイッチメニューをご紹介します。おしゃれでおいしくオリジナリティがある、「3Oメニュー」のご提案です。ぜひメニュー作りの参考にしてくださいね。

 

ブローチェ・クラブサラーダ

記事前半の最後にご紹介したブローチェ・ゾームサラーダの親戚のようなマヨネーズと海鮮を使ったベルギーで人気のバゲットサンドです。この場合の海鮮とはサンドイッチの名前にあるようにクラブ、つまりカニのこと。

 

具材のレシピは簡単で、カニのむき身と茹で卵とヘビークリーム(高脂肪の生クリーム)、さらに少量のカレーパウダー加えて和え、味を見ながらこってりし過ぎないようにマヨネーズを加えていくだけです。厚めにレタスを敷いた上に具材を載せ、バゲットで挟みましょう。

 

具材のカニですが、仕入れコストがかさむのでカニカマで代用しても問題ありません。実際にヨーロッパではカニカマがかなり普及し、カニの代用品として使用されているようです。ぜひ美味しいカニカマでお試しください。

 

パニノ・カプレーゼ

イタリアのサンドイッチの中でも代表的な種類です。日本国内ではかなり認知度が高いモッツァレラチーズとトマトのサラダ『カプレーゼ』をサンドイッチにしたもので、味の想像が容易につくため、オーダーへのハードルが下げられます。また、カプレーゼ自体がポピュラーメニューなので、サンドは意外と他店と競合しにくいものと想定されます。

 

パンはチャバッタ(チャバタ)ロールがベストですが、スライスしたバゲットなどその他のパンでもOK。チャバッタロールはイタリアンブレッドの一種で、外側パリパリ内側もちもちの食感が特徴です。使用器具もパニーニプレスがなければ、ホットサンドメーカーで作れます。

 

調理のポイントはトマトを厚めにスライスすることと、バジルはちぎらず葉の形のまま挟むこと、隠し味にドライ・オレガノを少々加えることです。シンプルな構造のメニューなので、モッツァレラ・オリーブオイル・コショウなどの素材にはこだわりましょう!

 

ブリオッシュ・コン・ジェラート

すでに都市部では市民権を得ているデザートサンドイッチです。あつあつのブリオッシュパンとジェラートのコンビネーションがクセになるサンドで女性を中心に人気を博しています。メニュー化する飲食店も増えてきましたが、まだ多数派とは言えません。

 

ブリオッシュパンは完成品や冷凍パンも市場で見かけるようになってきました。ロールパンなどでも代用できますが、できれば外側のサクサク感を出すためにもブリオッシュで調理するのがベスト。

 

すでにジェラートをメニューにしているお店では、仕入れロスも減らせるお勧めメニューです。アイスクリームでももちろんOK。意外とモーニングサービスの時間帯にもニーズがあるかもしれません。

 

温めたブリオッシュにジェラートを別添えして、お客様自らお手元でサンドしていただいても良いでしょう。

 

業務用パンのまとめ

今回は、近隣の飲食店と競合しにくい個性派のおしゃれで美味しいサンドイッチメニューをご紹介してきましたが、参考にしていただけましたか?

 

軽食メニュー・パンメニューは、下手をすると近隣が競合だらけになってしまい、他店との差別化を図りにくくなってしまうため、メニュー作りの工夫も大事ですが、それ以前の市場リサーチもしっかりと行われることをお勧めします!

 

この記事がお役に立ったらぜひシェアをお願いします。
執筆者のモチベーションに繋がります。

飲食店の仕入れ担当者さまへ売上を上げたいとお悩みの食材卸業者さまへ

業務用 菓子・パン・デザート材料の新着トピックス

  • 業務用青果
  • 業務用精肉
  • 業務用鮮魚
  • 業務用惣菜・加工品
  • 業務用 豆腐・練り物・麺類
  • 業務用 酒・飲料
  • 業務用 米
  • 業務用 菓子・パン・デザート材料
  • 業務用 乳製品・卵
  • 業務用 調味料
  • 業務用 農産乾物・海産乾物・缶詰
  • アウトレット市場
  • こだわり市場
  • 季節の市場
  • 少量市場
現在のパスワード
新しいパスワード
パスワードの確認

パスワードを変更しました。


処理中です