トップページ > 仕入れれば毎日活躍!飲食店で絶対に使えるおすすめ瓶詰食品5選

仕入れれば毎日活躍!飲食店で絶対に使えるおすすめ瓶詰食品5選

飲食店で仕入れを担当される方に役立つ業務用食材情報をお届けしている食らぶへようこそ!編集部のワタベンです。

 

先日、これまで瓶詰食材をほとんど仕入れずに料理を提供してきたという飲食店関係者の方にお会いしたのですが、後日、ワタベンおすすめの瓶詰ピクルスをプレゼントしたところ、一度試してみたかったタルタルソースを美味しく仕込めた!と大喜びされました。メニューが広がったようで、とても良かったです。

 

瓶詰は、野菜・果物から海産物・ソース・調味料などなど、あらゆる食材が楽しめる便利で楽しい食材。各メーカーから個性豊かな製品がたくさん流通していて、業務用にも本当におすすめだよ。今回は、食らぶ推薦の瓶詰食品を紹介しちゃうね!

 

瓶詰食品とはどんなものなのか、仕入れるメリットは何か、まずはそこから解説していきます。お時間のある方は、ぜひ最後まで記事を楽しんでいってくださいね。

 

そもそも瓶詰食品とは?仕入れるメリットとは?

瓶詰食品とは、公益社団法人日本缶詰びん詰レトルト食品協会によりますと、『食品をびんに詰めて密封したのち、加熱殺菌を施し、長期の保存性を与えた食品』であり、瓶容器に詰める以前か以後か、どちらかで殺菌処理を施された食品のことです。

 

瓶詰食品の種類は、野菜・果実・魚類・肉類はもちろん、調味料・ソース・ご飯のおともなど、あまりに膨大!さて、飲食店で仕入れて使うのには、どんなメリットがあるのでしょうか。

 

まず挙げられるメリットは、その保存性の高さ。食品によってさまざまですが、賞味期限が常温で1年というものも珍しくありません。必要な時にさっと使えるストック食材として、在庫の不安というストレスが不要。

 

また、殺菌処理・熱処理などが施されているため、年を通じて食品衛生に心配が尽きない飲食店関係者の方には、たいへん利用価値の高い食品と言えるでしょう。

 

さらに、瓶詰食品は下処理や調味の済んだ製品であることから、通常の調理にともなう工程をかなり省略できます。

 

例えば材料を洗う際の水や調理に使う油・調味料をはじめとする材料は必要なし。むいた皮・種・芯など、使えない部分から出てしまう大量のゴミを削減することもできるほか、人手が少ないお店では人の資源も節約することも可能です。

 

瓶詰食材は便利なだけでなく、ゴミの削減・水の節約などにも役立つことから、『省エネ食品』などとも呼ばれているんだよ。なるほど!と思ったあなたは、今から紹介する瓶詰食品にぜひ注目してみてね。

 

 

瓶詰だからイイ!飲食店仕入れにおすすめの瓶詰食品5選

世の中に豊富に流通している食材。瓶詰でなければならない理由は何なのでしょうか。瓶詰は保存食材としてもちろん優秀ですが、ズバリ、日常的に使用頻度が高い食材についても、むしろ瓶詰は非常におすすめです。中でも食らぶ推薦の、人気が高い瓶詰食品をご紹介します!

 

たらこフレーク

おにぎりやお茶漬けの具として安定的な人気があるたらこ。しかし、皮をむくなどの下処理が面倒だ、たらこの仕入れ数の予測が立てづらい、などのお悩みを持つ飲食店の方はいませんか?

 

ここでご紹介していますたらこフレークは、アラスカ産天然真ダラの卵だけを使って製造された極上の逸品。使いやすく下処理されているので、ミニ丼・おにぎり・お茶漬け・パスタなどにそのまま使えて非常に便利です。

 

たらこを毎日のように使用する飲食店には瓶詰は非常に使い勝手が良く、未開封なら常温で1年もつという保存性の高さも、足りなくなった時のための早めの仕入れに最適。仕入れ数を読み疲れた!という方は、これを使えば安心して『たらこのおにぎり』を宣伝できます。

 

たらこフレーク/ハッピーフーズ

価格例 \249/50g(業務用卸売価格はメーカー様・卸売業者様にご確認ください)

 

オリーブ

オリーブの実と言えば瓶詰を連想される方も多いかもしれませんね。もはや中華料理に匹敵するほど日本人になじみ深くなったイタリア料理には欠かせないオリーブの実。でも近頃はイタリア料理を抜きにしても、オリーブの実を食べたいという方が増えているようなのです。

 

パスタやピザはもちろん、おつまみやサンドイッチの添え物などに、オリーブの瓶詰は仕入れればかなり重宝するはず。ブラックオリーブ・グリーンオリーブ、国産・輸入など、さまざまな選択肢があるのも楽しく、複数仕入れてミックスオリーブとして提供するのもおしゃれです。人気の瓶詰を挙げておきましょう。

 

グリーンオリーブ/クレスポ 

価格例 \344/200g(業務用卸売価格はメーカー様・卸売業者様にご確認ください)

 

ブラックオリーブ/クレスポ

価格例 \350/160g (業務用卸売価格はメーカー様・卸売業者様にご確認ください)

 

ピクルス

瓶詰ピクルスは本当に便利な食材。連続的な使用と未開封時の保存性が求められるため、その2点を兼ね備えた瓶がベストなのです。ピクルスは仕入れて利用してみなければ、出番の多さやアレンジ力の高さに気がつけません。

 

ピクルスの盛り合わせ、カレー・ハンバーガー等のつけ合わせ、サラダのトッピングにタルタルソースの具材など、瓶詰ピクルスはとにかく大活躍。特に、自家製ピクルスの味がもうひとつ決まらないという方は、割り切って仕入れてみてはいかがでしょうか。

 

ここでは飲食店でも一般ユーザーからも人気が高いSOの瓶詰ピクルスをご紹介します。きゅうり丸ごとタイプはもちろん、刻んであるタイプも、そのままタルタルソースに使えて、しかも食味が良くておすすめ。使い出したら『缶ではなく瓶』の意味を実感できるはずです。

 

ディル ピクルス/サンヨーオリジナル(SO) 価格例 \328/230g

 

アメリカンレリッシュ/サンヨーオリジナル(SO) 価格例 \333

*刻みピクルスに赤ピーマンやセロリシード等がミックスされたタルタルソースの即戦力。

 

業務用卸売価格はメーカー様・卸売業者様にご確認ください

 

練り梅

和え物・ドレッシング・お茶漬けやおにぎりの具、パスタのトッピングなど、使わない日がないくらいに飲食店の厨房に登場する梅。種を取ってまな板で梅干しを叩くのもなかなか骨が折れます。

 

練り梅は瓶詰で仕入れておくと、新しいメニューのアイデアが浮かぶ調理師の味方的食材。鶏のささみや豆腐など淡白な素材との相性がバツグンなので、近ごろニーズの多いヘルシーな料理の開発にかなり重宝することでしょう。

 

梅ごのみ/桃屋 \245/100g

昆布・かつお・しそなどが混ざった、梅のフレッシュさを存分に味わえるおすすめの1瓶。酸味・塩味もちょうど良く、幅広いお客様に喜ばれる安心の味です。業務用卸売価格は卸売業者様にご確認ください

 

チャツネ

カレーがメニューにあるという飲食店は、料理のジャンルを越えて非常に多いですよね。でも、つい平凡なカレーになってしまい、仕込んでもなかなかオーダーされないなどという悩みはありませんか?

 

チャツネとは、主にマンゴー・パイナップルなどの南国果物や調味料・スパイスを煮込んで造られる調味ペーストで、カレーや煮込み料理のコク足しに用いられる食品です。

 

これを加えるだけで、いつもの平凡なカレーが奥行きある味わいになるという便利な一品。存在は知っているけれど、使ったことがないという方もいるのではないでしょうか。

 

今回おすすめするギャバンのマンゴーチャツネは、食らぶが取材等でお世話になっている飲食店でも複数使用されている外食産業からも信頼される製品です。

 

シリーズのフルーツチャツネも同時おすすめ。りんごのすりおろしって、思ったほどコクが出ない…とお悩みの方、ぜひお試しください。

 

マンゴーチャツネ/ギャバン 価格例\800/450g

業務用卸売価格は卸売業者様にご確認ください

 

瓶詰食品のまとめ

瓶詰食品の魅力のほんの一部をご紹介してきましたが、いかがでしたか?缶詰ではその日に使いきるのがベターですし、そうでなければ容器に移しかえる必要があります。毎日のように使うもので、連続的に途切れなく使用する食材については、瓶詰が本当におすすめ!

 

ぜひ、皆様のお店でも、進化し続ける瓶詰食品を賢く仕入れて、ますます素敵なメニューの開発に役立ててくださいね。今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

 

 

参考URL

http://www.jca-can.or.jp/qanda/01.html#q1

この記事がお役に立ったらぜひシェアをお願いします。
執筆者のモチベーションに繋がります。

飲食店の仕入れ担当者さまへ売上を上げたいとお悩みの食材卸業者さまへ

業務用 農産乾物・海産乾物・缶詰の新着トピックス

  • 業務用青果
  • 業務用精肉
  • 業務用鮮魚
  • 業務用惣菜・加工品
  • 業務用 豆腐・練り物・麺類
  • 業務用 酒・飲料
  • 業務用 米
  • 業務用 菓子・パン・デザート材料
  • 業務用 乳製品・卵
  • 業務用 調味料
  • 業務用 農産乾物・海産乾物・缶詰
  • アウトレット市場
  • こだわり市場
  • 季節の市場
  • 少量市場
現在のパスワード
新しいパスワード
パスワードの確認

パスワードを変更しました。


処理中です